バスガイドをやめたい・転職したい。転職するなら観光の知識を活かせる仕事がおすすめ

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、いまの仕事から転職するには?

バスガイドは旅行などのバスを使用するツアーに同行し、観光地の案内や事務連絡をするのが主な業務です。2019年3月には、はとバスが初の男性バスガイドを採用したことでニュースになりました。

そんなバスガイドはバスの中から見えた観光地を紹介していくため、一定の知識量と予習が必要になります。中途半端な知識ではお客様を満足させることができないため、休日であっても仕事の勉強をしなくてはならないこともしばしばあります。

どんどん情報が更新されていく観光名所も珍しくないため、時事ネタと合わせて定期的に勉強し直さなければならないでしょう。そのため、業務時間外でやらなくてはいけないことが多く、転職を考える人もいます。

今回は、バスガイドからの転職を考えるきっかけやおすすめの職業についてみていきます。

バスガイドをやめたい・転職したいと思ったきっかけ

観光スポットの紹介をしながらお客さんを楽しませるバスガイドは充実していて楽しい仕事のように思われますが、実際は苦労も多いのです。具体的には何が転職を考える理由になっているのでしょうか。

平均年収の低さ

バスガイドの平均年収は、200万円から300万円前半にかけてです。高収入が見込みにくい職業なので、生活していくうちに余裕を持ちたいと考え転職を検討する人もいます。

社内で役職についたり、ベテランになってフリーで高日給の仕事をたくさんこなせば収入アップさせることができますが、誰でも簡単にできるわけではないので転職したほうが早いこともあります。

ハードな仕事内容

バスガイドは見た目の可愛らしさや清潔感、女性らしさがなくてはなりません。そのため長時間立ったままの業務内容であっても、ほとんどのバスガイドがハイヒールを履いています。

揺れる車内でハイヒールを履き立っていると、足の形が変形したり外反母趾を患ってしまったりと、体に不調をきたす場合があります。結果的に、長時間立っていることが難しくなり、転職をするというケースも多いです。

また、バスの中で過ごしている間、ずっとお客さんに気を使い続けなければなりません。乗り物酔いなどで気分が悪くなっている人がいないかなど、気を配る必要もあります。

そういったハードな業務内容に、見た目の華やかさとのギャップを感じ転職を検討するのです。

バスガイドにオススメの転職先

バスガイドとして培った経験や観光の知識は、ほかの職業でも活かすことができます。

一般企業の営業事務

細やかな気遣いが出来るバスガイドは、一般企業の事務が向いています。とくに営業事務などのサポート業務はバスガイドとして培った気遣いが活かせるのでおすすめです。

また、営業事務の平均年収は400万円から500万円程度なので大幅な年収の上昇を望むことができます。特別な資格が必要なわけではないので、転職しやすい職業でしょう。

観光系の専門学校の講師

バスガイドや添乗員になるための専門学校が日本にはいくつか存在します。人気のある職業なので、大手旅行会社の場合は大卒を条件にしているケースが多いですが、講師ならバスガイドのような体力的にきつい仕事や休日の勤務は基本ありません。

観光系の専門学校なら、今までバスガイドとして働いてきた経験を踏まえて授業をおこなうことができるので、生徒からの信頼も得られることでしょう。

旅行代理店

旅行代理店での販売員は、バスガイドとして培った観光の知識やコミュニケーションスキルをそのまま活かせるので転職先として向いているといえます。お客さんの喜ぶ顔が直接見られるのでやりがいも感じられるでしょう。

バスガイドはツアーによっては早朝や夜遅くの仕事もありますが旅行代理店なら勤務時間が決まっているので、今までの仕事は生活リズムが合わなかった人にとくにぴったりです。

バスガイドをやめる・転職する前に考えておくこと

バスガイドから転職する前に、バスガイドをしていて楽しかった・やりがいがあったことを思い返してみましょう。それらは業務を通して培ったスキルとして次の職業に活かせるケースが多いです。

観光業従事者は同じ業界へ転職する場合が多いので、バスガイドの業務にあたりながらも添乗員や運転手、旅行会社などの業務にも目を向けておくとよいでしょう。

バスガイドからの転職を考えているなら

バスガイドからの転職を考えてる人は、まず転職サイトに登録してみましょう。転職サイトのなかでもおすすめなのは、マイナビエージェント。

マイナビエージェントは国内最大級の実績を持つ転職サイトなので、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

またキャリアアドバイザーが希望に沿って求人を紹介してくれるうえ、書類の添削、面接対策、スケジュール調整など転職活動全般のサポートもしてくれるので心強いでしょう。

マイナビエージェントに登録する(無料)

関連した記事

環境計量士をやめたい・転職したい。正確さが求められミスが許されない

環境計量士は、濃度や騒音、振動のレベルの計測を専門...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?

動物看護師をやめたい・転職したい。きつい・汚い・給料安いの3Kといわれる職業。

動物病院などで獣医師のサポートをおこなうのが動物看...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?

キャビンアテンダントをやめたい・転職したい。転職するなら語学力を活かして働こう

キャビンアテンダントはフライト中の接客サービスや緊...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?