視能訓練士になるには資格が必要?育成課程のある大学や施設に入り、実践的に学ぶ

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、なり方・就職の方法

視能訓練士は、眼科で医師の指示のもと視能検査をおこなったり、斜視や弱視の訓練治療に携わる国家資格を持った医療技術者のことを指します。

1971年に「視能訓練士法」が制定されてから、今では眼科一般分野での幅広い視能検査への業務分野は拡大し、視能訓練士の活躍の場は広がってきています。

今回は、視能訓練士になるためにはどんな資格が必要か、またどのようにして視能訓練士になることができるのかについて紹介します。

視能訓練士に必要な資格

視能訓練士になるためには視能訓練士国家試験に合格しなければなりません。

具体的な試験内容・勉強する際のポイント

視能訓練士国家資格は、年に1回東京と大阪で実施されます。試験科目は次の通りです。

  • 基礎医学大要
  • 基礎視能矯正学
  • 視能検査学
  • 視能障害学及び視能訓練学

合格基準は、一般問題1問1点の129点満点、臨床問題1問2点の40点満点、合わせて169点満点に対して、おおよそ60%の得点率で合格となります。

試験は1日かけて全てをおこないます。解答はマークシートに記入する四肢択一方式となります。試験科目をみると難しそうに感じるかもしれませんが、日々の反復学習を続け、苦手箇所を確認し、得意科目は確実に点を取れるようにしていきましょう。

どうしても不安な人、勉強が難しいと感じる人は外部に視能訓練士国家試験対策用の講義をおこなっていることもあるので活用しましょう。

資格取得の難易度

国家試験能合格率は毎年8割以上を推移しています。過去5年間の合格率は以下の通りです。

H25年:90.6%

H26年:88.9%

H27年:94.0%

H28年:93.1%

H29年:97.7%

決して容易というわけではありませんが、視能訓練育成施設にて学ぶ内容ばかりなので在籍中にしっかり学習すれば合格圏に入ることができます。

資格を取得するためのステップ

視能訓練士国家資格のための受験資格を取得するためには以下の方法があります。

1.高校卒業後に、視能訓練士育成課程のある大学や短期大学、専門学校(3年以上)で必要な知識や技能を習得する。

2.視能訓練士育成課程以外の大学や短期大学を2年以上修業する。および厚生労働大臣の指定した課目(英語、心理学、保健体育の3科目+教育学、倫理学、生物学、精神衛生、社会福祉、保育のうち2科目)を履修し、その後指定の視能訓練士育成施設で1年以上必要な知識と技術を修得する。

3.看護師や保育士の養成施設で2年以上修業し厚生労働大臣の指定した課目(英語、心理学、保健体育の3科目+教育学、倫理学、生物学、精神衛生、社会福祉、保育のうち2科目)を履修した後、視能訓練士育成校(1年以上)で必要な知識や技能を習得する方法があります。

2と3については視能訓練士育成施設へ編入という形になります。

ステップ1:視能訓練士養成課程のある施設に入学する

まずは、視能訓練士育成施設にはどんな学校があるのかを確認しましょう。現在の自分の最終学歴や履修済み課目状況によっては、1年制、3年制、4年制のどの学校に行く必要があるのかが変わってきます。

学校を探す際には、どんなカリキュラムが組まれているのか、実習はどのようにおこなわれるのか、国家試験対策のフォローアップはどのようにされるのか、視能訓練士国家試験の合格率などを確認することで自分に合った学校を見つけることができます。

気になる学校のパンフレットを読んだり、実際にオープンキャンパスをおこなう学校に足を運ぶと学校の雰囲気がわかります。視能訓練士になるための基礎を学ぶ場所なのでしっかり下準備をしていきましょう。

ステップ2:視能訓練士学校で、国家試験対策をおこなう

学習環境や学校のカリキュラムは学校によって異なりますが、一般的には視機能の構造や神経、眼鏡・コンタクトレンズに関すること、眼科系疾患と治療法、薬品など医学的知識だけでなく視機能の専門領域について学びます。

また学内での技術練習や臨床実習をおこない、実際の患者さんと接し、視能訓練士としてのモラルや実質的な知識や技能を学んでいきます。

必要なカリキュラムを終え、基礎を一通り学び終えると、視能訓練士国家試験対策へと移ります。視能訓練士国家試験の出題傾向や取り組み方などを知り、合格を目指します。

ステップ3:視能訓練士の申請をおこない就職活動をする

無事に視能訓練士国家試験に合格した後、視能訓練士免許の申請をおこない厚生労働省において名簿に登録されることが必須です。免許申請をおこなわず、登録される前に業務に従事した場合、行政処分の対象となるため注意してください。

視能訓練士免許申請書は、厚生労働省のHPを検索すると出てきます。また、各養成学校に配布されている場合や保健所にも備えてあります。

その申請書に必要事項を記入後、以下の書類と共に住所地の保健所(一部県については県庁)に提出します。

  • 視能訓練士免許申請書
  • 戸籍抄本(謄本)
  • 健康診断書(用紙指定あり)
  • 登録免許税(収入印紙)9,000円

視能訓練士の多くは、綜合病院の眼科や眼科医院で働いています。また、リハビリの場で活躍する視能訓練士もいます。学校で求人があったり、ハローワークに通うなどして希望の就職先を見つけていきましょう。

資格を取得のためにおすすめの学校

大阪医療福祉専門学校

少人数制での実技指導や実習前に実施試験を繰り返すことにより確かな実践力を身に付けることを特徴としています。施設見学や検査機器メーカーの先生に直接解説してもらうこともあり機器の特徴を確実に理解できるようなフォローがされ、国家資格の合格率や就職率が高いこともおすすめポイントです。

東方文化学院大学 視覚機能学専攻

充実した実習施設を持つ4年制大学です。多くの眼疾患を取り扱うため高い眼の知識が身に付きます。先進的診断機器を備えている大学病院眼科をはじめとする総合病院眼科・眼科病院で実習が出来る為経験豊かな眼科医・視能訓練士から指導を受けることが出来ます。

関連した記事

フラワーデザイナーになるには?資格を持っていると活躍できる場が広がる

フラワーデザイナーとは、場所やお客様の要望に合わせ...

2019年08月19日, 職業別、なり方・就職の方法

ゲームクリエイターになるには?ハードワークに負けない情熱が必要

ゲームクリエイターとは、ゲームの製作にたずさわる人...

2019年08月08日, 職業別、なり方・就職の方法

弁護士になるには?司法試験の合格には多大な労力と時間が必要

弁護士とは、事件の当事者などから依頼を受けて、法律...

2019年08月02日, 職業別、なり方・就職の方法