公務員になるには資格が必要?国家公務員は大学の偏差値も重要になってくる

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、なり方・就職の方法

日本の公務員は2017年時点で約332万人おり、日本人口のおよそ40分の1に相当します。公務員は雇用形態が安定しているという点から人気の職業です。

ただ公務員といっても、その就業形態はいくつかあります。それぞれどのようなステップを踏むことで公務員になることができるかが気になるところです。今回は、公務員に必要な資格について紹介します。

公務員に必要な資格

公務員は大きく国家公務員と地方公務員、そして国際公務員にわけることができます。そして国家公務員は「総合職」「一般職」「専門職・特別職」、国際公務員は「専門職」「一般職」に大別されます。

それぞれ以下のような仕事内容に従事しています。

国家公務員:各省庁、裁判所、国会等の国家機関に所属し、?種は政策の企画・立案、?種は政策実行に携わります。2012年に国家公務員?種は、国家公務員総合試験へ、国家公務員?種は国家公務員一般試験へ名称変更されました。

専門職:行政機関の特定の分野で活躍します。スペシャリストとして高い技能を要します。例)国税専門官、刑務官、入国警備官、食品衛生監視員

特別職:行政機関以外の国家公務員のことです。主に立法機関や司法機関で働く職員のことです。

地方公務員:地域の生活全般に関わる広い範囲の仕事に携わります。例)役所の職員や学校の先生

国際公務員:国連・国連関係機関で働く職員のことです。

公務員になるためには特別な資格は必要ありません。それぞれの公務員試験に合格して内定をもらうことで公務員になることができます。

具体的な試験内容

国家公務員や地方公務員と国際公務員では試験方法が少し異なります。まずは国家公務員や地方公務員の試験方法について紹介します。

国家公務員?種試験は、名称変更と同時に大卒程度試験に院卒者の学歴区分が追加され、また従来の試験区分に法務と教養の区分が追加されました。一般的に1次試験から2次試験であることがほとんどです。特殊な分野になると3次試験まで課せられることもあります。

国家公務員試験内容は、「大学院卒程度」「大学卒程度」「高校卒程度」に分かれていることが多いです。地方公務員では「上級(大卒程度)」「中級(短大卒程度)」「初級(高校卒程度)」と表記されます。

大まかな試験内容は以下の通りです。

  • 1次試験に多く課せられる内容

    大卒程度:基礎能力多肢、専門多肢、専門記述、論文、外国語

    高卒程度:基礎能力多肢、学科多肢、学科記述、作文、実技

  • 2次試験に多く課せられる内容

    大卒程度:人物試験、身体検査、身体測定、体力測定、外国語

    高卒程度:人物試験、身体検査、身体測定、体力検査

  • 3次試験の内容は主に2次試験内容から課せられることが多いです。

地方公務員は、以下の通りです。

  • 1次試験:教養試験・専門試験・論作文が主に出題されます。教養試験の科目数は、文学・数学・物理など20科目以上あります。
  • 2次試験:面接試験

次に国際公務員について紹介します。国際公務員になるためには原則として自分が希望するポストに欠員が出た際に、希望する国際機関へ直接応募をかけます。

しかし、国際公務員は、原則新卒扱いがありません。経験を積むことができるような制度が国連事務局や外務省によって取り組まれています。主に利用される制度は「国連事務局YPP試験」と「外務省JPO派遣制度」の2つです。

勉強するポイント

国家公務員試験は、独学での合格はほぼ不可能といわれています。国家公務員?種を合格するほとんどの人が東京大学、旧帝国大学、早稲田大学、慶応大学の卒業者です。まずは、こちらの大学に入学できるよう学習する必要があります。

国際公務員もかなり狭き門です。まずは英語またはフランス語が堪能でなくてはなりません。留学制度を利用し語学能力を伸ばすこともよいでしょう。そして、国際公務員試験の受験には修士号が必須ですので、自分の希望する分野を深める必要があります。

公務員試験全般を受けるにあたって、大きな関門の1つが「判断推理」です。判断推理を含む一般知能という主要科目は公務員試験の中でも出題数が多いです。そのため、ここで高得点を取ることが公務員試験合格の鍵となります。判断推理問題は堅いイメージで難しそうに感じてしまいます。

しかし実は、問題パターンが決まっているので、解き方を押さえておけば高得点を取ることが可能となります。重要なのは問題にたくさん触れて解き方に慣れておくことです。

英語資格によって公務員試験の得点に加算が付くことがあります。試験実施年度から遡って5年前までに実施した英語試験が対象となります。

対象の英語資格試験は、TOEFLが65点以上、TOEICが600点以上、ELTSが5.5点以上、英検が準1級以上となります。普段から英語に触れて、積極的に英語試験を受けておきましょう。

資格取得の難易度

各分野の試験倍率の一部を紹介します。

国家公務員?種

合格率5~6%で日本を代表する難関試験の1つです。合格者の約40%が東京大学、大学院生です。その多くの人が、行政分野を選択することが多いため、倍率は100倍以上にも上ります。

国家公務員?種

希望分野によって異なりますが、平成30年度の倍率は4.3倍です。受験者内訳は大学院生7.9%、大学卒者17.9%、大学卒業見込み者72.2%、その他2%になります。

国家公務員(専門職) ※平成28年度実施試験を参考にしています。

人気の分野の倍率は以下の通りです。

皇宮護衛艦:20.5倍 法務省専門職員:5.0倍 財務省専門官:6.7倍 国税専門官:4.6倍

国家公務員(特別職) ※平成28年度実施試験を参考にしています。

裁判所事務官:総合職27.4倍 一般職8.8倍 家庭調査官補:9.8倍 衆議院事務局:総合職85.0倍 一般職34.2倍

地方公務員

どの自治体でも人気の職種では倍率は10~20倍程度にもなります。

国際公務員

国際公務員もかなり狭き門となっており、合格率5%未満といわれています。

資格を取得するためのステップ

自分がなりたい就業形態、分野によってそのステップは異なります。

ステップ1:育成施設へ入学する

一般的に公務員試験を受験する人の多くは、大学卒もしくは大学卒業見込みです。公務員として働きたいと思ったら、自分がどんな分野に興味があるのかを調べ、その分野のある大学へ進学を考えます。特別進学クラスを有するなどの進学校を目指すと良いでしょう。

また、大学在学中に公務員として働きたいと考えるようになった人でも、自分が在籍する学校が公務員試験のどこかの分野に当てはまるのであれば公務員試験の受験資格を得ることが可能ですので確認しましょう。

ただし、国家公務員?種に関しては上記で記した通り高い学歴が必要となることがほとんどです。現在国家公務員?種で働く人の多くが東京大学、その他国立大学(北海道大学、東北大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、九州大学)、早稲田大学、慶応大学の卒業生です。

そのためこれらの大学に入学できることが必要なステップとなります。偏差値は60以上であることが望ましいです。

ステップ2:学校で、公務員試験対策をおこなっていく

大学在学中に受験する分野に相当する知識を深めていきましょう。早めにコツコツ学習をしていくことが合格に繋がります。普段から新聞やニュースを確認し時事問題に触れておくと、筆記試験だけではなく面接試験で自分の意見をしっかりと答えられることにも繋がります。

また、在学中に英語に関する資格試験を受験しておくこともよいでしょう。大学院進学した場合は、自分の研究する論文を発表するなどの活動をすると試験を受ける為の自信がついたり、自己PRに繋がります。

ステップ3:主な採用までの流れ

国家公務員は、採用試験受験後に官庁訪問をおこないます。そこでは、府省庁による面接があります。採用を希望する府省等に関する知識を深めるとともに、試験合格後の採用に向けての自己PRの重要な機会となります。その後、無事に内定の報告を得ると同時に採用となります。

国際公務員は、上記に挙げた方法で応募し、希望する国際機関に継続採用されることで正式採用となります。

地方公務員は、地方公務員試験に合格すると、採用候補者名簿に成績順に名前が掲載され、自治体の各部署や行政委員会から声がかかることで正式採用となります。

資格を取得のためにおすすめの学校

東京大学

日本でトップを争う有名大学です。国家公務員や国際公務員として働く職員の多くの人が卒業生です。偏差値は75以上と高い能力を持つ学生が多く集まっており、自分の学びたい分野を主体的に取り組める環境が整っています。

金沢大学

卒業生の就職先で地方公務員合格者がトップ、国家公務員試験合格者数の群を抜いて多い大学であることから公務員試験に強い大学です。また金沢という住みやすい都市に位置しているため学習環境が良いことも特徴です。

立命館大学

地方公務員試験合格者数が多く、学内で公務員試験対策をおこなっている私立大学です。国家公務員総合職合格者数が西日本で1番多かった時期もあるほど多くの公務員合格者を排出しています。そのため、とくに西日本で公務員を目指す人にはお勧めの大学といえます。

関連した記事

評論家になるには?特定の分野で世の中から認められるほどの発言力が必要

テレビで見かけない日はない評論家たち。政治経済・映...

2019年08月20日, 職業別、なり方・就職の方法

登山家になるには?自分の知名度をあげ、スポンサーを見つけるのが大切

雪山シーズンが近づいてくると、高地にある山で、多く...

2019年07月29日, 職業別、なり方・就職の方法

プラントハンターになるには?植物に対する興味と未知への探究心が必要

プラントハンターとは、文字通り植物を採取することを...

2019年07月29日, 職業別、なり方・就職の方法