美容と関われる仕事5選。綺麗になって自分に自信を持ちたい女性のサポートができる

JobStep編集部
公開, 更新 , 仕事・業界について知る

マルハニチロ株式会社は2016年におこなった美容に関する調査では、美容に対し「非常に関心がある」が23.0%、「やや関心がある」が53.6%となり、合計すると76.6%となりました。およそ8割の女性が美容に関心があることになります。

その理由として「自信を持ちたいから」が59.6%と最も多く、「パートナー(配偶者や恋人)にキレイにみられたいから」28.6%、「周囲の視線が気になるから」27.2%、「キレイなママでいたいから」26.4%といった順で回答があがっています。また20代の回答には「写真映りが良くなりたいから」28.0%にものぼっています。

このように、女性は美しくなって自信を持ちたいという想いを抱いている人が多くいるのです。そのような女性のサポートをしたいと思う人も大勢いるでしょう。しかし美容に関わる仕事はたくさんあります。今回は、美容と関われる仕事を紹介していきます。

美容師

美容師は、主に美容室に勤務をし、お客さんの要望に合わせて、髪のカット・パーマ・カラーなどを施していく仕事です。勤務先によっては、ネイルや着付け、メイクアップをおこなうこともあるかもしれません。

美容師になるには、国家資格である美容師免許が必要です。 美容師免許を取得するためには、専門の教育機関で2~3年勉強したのち、国家試験に合格する必要があります。

ヘアカットでお客さんを綺麗にしてあげたいと考える人におすすめ

ヘアカットでお客さんを綺麗にしてあげることができる職業は美容師くらいしかいません。そのためヘアケア領域の美容に携わりたいと考えている人は、美容師免許を取得しておくことをおすすめします。

美容師は基本給に加え、指名料でお給料が決まるため、実力次第で給与もアップしますし、独立することも可能になるかもしれません。

また美容師は自分のメイク・ファッションに気を使っている人が多いです。服装などの規定も少ないため、自分もおしゃれしながら働きたいと感じている人には、美容師が向いているでしょう。

ビューティアドバイザー(BA)

ビューティアドバイザーは、百貨店や専門店やドラッグストアなどで、自社ブランドのコスメを使用してお客さんにメイクをしたり、悩みや疑問を聞いて、さまざまな化粧品の提案・販売をすることが仕事です。接客以外にも、商品の検品や陳列や店内の在庫の管理などもあります。

また店頭清掃やブラシやパフの手入れもおこないます。新商品販売の時期などには、サンプルやリーフレットなどの配布をすることもあります。

基本的に、百貨店や化粧品専門店やコスメセレクトショップやドラッグストアや大型スーパーなどさまざまな場所に配属されますが、ノルマなどはない所が多いです。

人と関わることが好きな人におすすめ

またビューティアドバイザーになるには、資格は必要ありません。入社後に大体2週間前後の研修があるので、美容についての知識がなくても大丈夫です。国内メーカーの大手と言われる化粧品メーカーの初任給は、地域によって異なりますが、16万円~18万円くらいが相場です。60代になっても現役で働いているビューティアドバイザーはたくさんいます。

アロマセラピスト

アロマセラピストとは、レモンやラベンダー、ひのきなどのエッセンシャルオイルを使い、香りで心と身体をリラックスさせたり、ストレス解消やさまざまな身体の不調を改善に導く、アロマテラピー施術者のことです。

アロマセラピストの民間資格はいろいろありますが、国家資格はありません。アロマセラピストの求人広告には、ほとんど応募資格に未経験者歓迎や経験者優遇となっています。そのため未経験でも、アロマトリートメントサロン・エステティックサロン・マッサージサロン・ホテルのスパなどに、アロマてラピストとして就職可能です。

美容技術を駆使して、お客さんの心身をサポートしたい人におすすめ

働きながら、そのサロンの知識や施術方法を学ぶことで、アロマセラピストとしての腕を磨く事ができます。平均月収が15~16万円ですが、腕を上げて、顧客がたくさん付けば、アロマセラピストとして独立開業する事ができます。独立しているテラピストの平均年収は300~400万円です。

ネイリスト

ネイリストは爪を綺麗に整え、デザインをしていくことが仕事です。カラーリングのほかに、割れてしまった爪の補習など爪のトラブルの相談にものります。付け爪を使用して、短い爪を綺麗に仕上げたりもします。

今では多くの女性がネイルアートを楽しんでいる時代です。ネイリストは、ネイルサロンで働くほかに、美容室や結婚式場などでも働けます。美容室などはどこにでもあるので、就職しやすいです。

美容の中でも、ネイルアートに興味がある人におすすめ

ネイリストは、自宅をショップなどにするのにも、わずかなスペースで店を開く事ができます。独立しやすい職業なので、独立して自宅を一部サロンにしている人も多くいます。また再就職しやすい職業で、パートやアルバイトでも仕事ができるので女性には人気の職業となっています。

平均年収は250万円です。ネイルサロンをオープンして、固定客を確実につかむことが出来るようになれば年収は上がります。

アイリスト

アイリストは、まつげエクステやまつげパーマなどの施術をおこなう、まつ毛ケアのプロフェッショナルです。

もともとは無資格でも働ける職業でしたが、2008年3月7日に厚生労働省から「まつ毛エクステンションによる危害防止の徹底について」が通達され、美容師免許が必須となっています。

美容師免許を取るには「美容師国家試験」を受けなければならず、さらにこれを受けるためには美容師の養成機関に2年以上通わなければいけません。

印象が1番変わる目元ケアに携わりたい人におすすめ

女性にとって目元は、顔の印象を変える非常に大切なパーツです。施術で大きく印象が変わるため、お客さんから感謝されることや、リピートされることが多い仕事になります。

また基本的に会話をしながら施術をおこなうサービスとは異なり、音楽を流した静かな空間のなかでケアを進めていきます。お客さんには目をつぶってもらうため、寝てしまう人も少なくありません。

そのためコミュニケーションを取るのが苦手だけど、美容には興味があるといった人には、とてもおすすめの仕事といえます。

まずは転職サイトで可能性を

美容と関わる仕事への転職を考えてる人は、まず転職サイトに登録してみましょう。

転職サイトのなかでもおすすめなのは、マイナビエージェント。マイナビエージェントの強みは、企業とのコネクションが強いこと。そのため非公開求人の情報や、企業が求めている人材の情報をいち早くキャッチアップしてくれます。

またあなた専用のプロのアドバイザーが、理想の条件だけでなく、特性を見抜いてぴったりの職場を紹介してくれます。履歴書添削や面接対策もおこなってくれるため、はじめて転職をおこなう人も安心して活用できます。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみてみるのがいいでしょう。

マイナビエージェントに登録する(無料)

関連した記事

水に関わる仕事5選。人々の生活に欠かすことができないインフラ関係の仕事が多い

人の生活の中に「水」は欠かすことのできないものです...

2019年07月29日, 仕事・業界について知る

ものづくりと関わる仕事12選。斬新な企画力、好きなことを突き詰めるメンタルの強さも必要

近年、金融や保険、情報通信、サービスなどの第三次産...

2019年07月29日, 仕事・業界について知る

休日出勤が多い業界・仕事5選。人員不足や打ち合せの日程調整で休みを取れないケースも

30年前のバブル時代には「24時間戦えますか?」が...

2019年07月29日, 仕事・業界について知る