スポーツ選手をやめたい・転職したい。転職するなら体力やメンタルの強さを活かそう

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、いまの仕事から転職するには?

スポーツ選手は、プロになって活躍できれば億単位の高収入を稼ぐことができる夢のある職業でもあります。観客やファンに勇気と感動を与えてくれるスポーツ選手ですが、晴れやかな舞台裏では毎日過酷なトレーニングを積み重ねています。

スポーツ選手は身体が資本ですから、体調を崩したり怪我をしたら試合に出ることすらできません。怪我をした場合でもリハビリをおこない復帰を目指していますが、なかには引退という道を選ぶしかない選手もいます。

選手として現役でいられる期間は限られており、常に怪我や体力との闘いなため転職を考える人も少なくないでしょう。

そこで今回はスポーツ選手が、転職に至ったきっかけやおすすめの転職先などをみていきます。

スポーツ選手をやめたい・転職したいと思ったきっかけ

怪我をしたとき

スポーツ選手が転職を決意するきっかけとして最も多いのが、怪我に悩まされ思うように結果を出すことができないことでしょう。どのスポーツでも怪我のリスクはついてくるため、それにより選手生命が絶たれやむなく転職を考える人も多いようです。

サッカー選手では、世界的に有名なブラジルのロナウド選手が、膝への負担がかかり過ぎてリハビリでは治すことができないため引退という道を選びました。日本では同じくサッカー選手だった城彰二選手が高校生のときに膝の靭帯を切ったことが悪化したことで31歳という若さで引退しています。

年齢からくる体力の衰え

スポーツ選手は競技の種目により引退する平均年齢は異なりますが、20代後半から30代後半までに引退を決めて転職先を探す人が多いようです。長くても大半が40代で引退を余儀なくされます。

どのスポーツにおいても共通していえるのは、年齢を重ねるごとに体力の衰えは隠すことができずコンディションを整えるのも難しくなるということです。

結果を残せず転職を考える

スポーツ選手は常に結果を求められるシビアな世界であるため、スランプや素質や才能があっても試合で思うように実力が発揮できずに転職を考える選手も少なくないでしょう。

さらにプロスポーツの世界では、活躍できない選手は解雇の対象となり引退を余儀なくされるため、やむを得ず転職に至るケースも多くみられます。

スポーツ選手におすすめの転職先

メーカーでの営業

スポーツ選手は上下関係も厳しい世界であるため、礼儀正しさが自然と身に付きます。社交的で人付き合いも苦にしない前向きな性格の人が多いため営業職は向いているといえるでしょう。

具体的にはメーカーでの新規開拓の営業がおすすめで、持ち前の体力、メンタルの強さ、社交性を兼ね備えたスポーツ選手には最適です。

常に結果を求められ競うというスポーツの世界の特徴は、ノルマが課せられる営業職にも当てはまる部分があるので適性もばっちりです。

配送のドライバーや引っ越しスタッフ

引退したといっても一般人とは比較にならないほどの体力や運動神経を持ち合わせているスポーツ選手には、フットワークを活かすことができる個別宅配や引っ越しスタッフの仕事が向いています。

とくに営業職も兼ねたセールスドライバーも相性抜群といえます。

また、配送ドライバーや引っ越しスタッフは特別な資格は必要なく、業務内容も複雑ではないうえ、求人も多いので働き始めやすいです。

自営業

スポーツ選手からの転職はなかなか困難な部分もあるため、現役時代に貯蓄したお金を資金にして自営業を始める道もあります。実際に自営業を始めた人のなかで最も多い業界は飲食業で、カフェ・焼き肉屋・居酒屋などがあります。

有名なスポーツ選手でいうと、元プロ野球選手の金石昭人氏は東麻布にある鉄板焼きのお店を、小林敦司氏は2-3Cafeという飲食店を経営しています。

有名なスポーツ選手であればその名前と話題性で集客できるというメリットがありますが、そのぶんお客さんの期待値も高くなることが多いのでうまく経営していく努力は必要になります。

スポーツ選手をやめる・転職する前に考えておくこと

スポーツ選手で転職を考える人は多くいますが、スポーツだけに打ち込んできた人が転職に踏み出すことは難しい部分もあるでしょう。次の仕事は何をやりたいのか明確にビジョンを立ててから転職先を考えることが大切です。

スポーツの世界では1度現役を引退したら復帰することは困難なため、よく考えて悔いのない道を選びセカンドキャリアを歩んでいきましょう。

スポーツ選手からの転職を考えているなら

スポーツ選手からの転職を検討しているなら、マイナビエージェントに登録しましょう。マイナビエージェントは大手の転職サイトで転職実績も多数あるので、まずは情報収集したい人にもおすすめです。

登録すると、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで紹介してくれるので、あなたにあった転職先が見つかるでしょう。

さらに、書類の添削、面接対策、スケジュール調整など転職活動全般のサポートを無料でおこなってくれます。

マイナビエージェントに登録する(無料)

関連した記事

パン屋をやめたい・転職したい。新しいパン屋の存続率は1年で62%

パン屋は朝早くからパンを仕込む必要があるうえに、生...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?

再開発プランナーをやめたい・転職したい。締め切りが厳しく体力的・精神的にきつい

再開発プランナーは、より快適な街づくりのために企画...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?

運転手をやめたい・転職したい。運転能力を活かせる職種は少ない

荷物や人を運ぶのが仕事の運転手。仕事時間が不規則に...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?