海事代理士の年収は?行政書士や司法書士などの資格を取得すれば、大幅に年収アップ

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、年収・給与事情

海事代理士とは海に関する法律に基づいて、船舶の申請・登記などの手続きや、船舶免許などの取得・更新の申請代行をするのが仕事です。海の法律家ともいわれています。

一般にはあまり知られていませんが、海の安全を守るために必要な書類を適正に作成する大事な仕事を担っています。

海には国際的な条約が多数存在しており、少しのミスで大きな事故や国際的な問題に発展してしまう可能性もあります。そのため海事代理士になるには、国土交通省が主管する国家資格の取得が必要になります。

そんな海事代理士ですが、年収や給与は一体どのくらいなのでしょうか?

海事代理士の年収

平均500~600万円

ボーナス

平均100~120万円

各種手当

-万円

海事代理士の平均月収

 

海事代理士の平均月収はおよそ22万円くらいです。年収では500万円~600万円程度でしょう。海事代理士の収入の特徴として、平均年収にかなり幅がひらくことがあげられます。

収入に差がつく理由としては、海事代理士は司法書士や行政書士など、ほかの士業と比較すると専業でやっている人が大変多いためです。そのため、得られる給与が兼業の収入の影響を大きく受けることになります。

海事代理士として開業したはじめの頃は年収は500万円程度になることが多いです。そして開業10年ほどのベテランになると、年収1000万以上に大きくアップする人もいるようです。

兼業先の給与が多ければ当然平均月給は高くなりますし、少ない場合や兼業していない場合はもらえる金額も少なくなってしまいます。ただし海事代理士専門で事務所を経営している場合は、入ってくる収入も高めになる場合があります。

海事代理士のボーナス・昇給事情

海事代理士のボーナスは、年間およそ100~120万円くらいの支給金額を見込むことができます。

また昇給に関しては、国家資格を持つ職業ではあるものの、公務員のような働き方ではないので、定期昇給によって給与が上がる場合はほとんどありません。

どちらかといえば、個人事業主のような働き方の場合が多いので、顧客の依頼によって契約する報酬が収入の基本になります。そのため年間売り上げの結果に基づいて次年度の給与や昇給金額決まります。

基本的に毎年人脈コネクションが増えたり、実績が増えることで、年間におよそ6,000~10,000円程度の金額が上がることが一般的です。

海事代理士の年齢で考える年収推移のシミュレーション

海事代理士の年収は、20代 330~380万円、30代 390~450万円、40代 500~600万円程度になります。

年収をあげるには、仕事の量を増やしたり、業務の幅を広げることが非常に大切になります。

海事代理士の仕事は国家資格ではありますが、できる業務が限られているため、海事代理士資格しか保持していないと、非常に限られた環境で仕事を進めていくしか無くなります。

行政書士や司法書士などの資格を取得すれば、海に関する法律以外の他の法律に関する場で活躍することができます。またそれぞれのノウハウを蓄積していけば、いずれは独立することも可能になり、収入をもっと増やせるようになるでしょう。

関連した記事

家庭教師の年収は?アルバイトなどで働く人が多いため、高給取りな仕事とは言い難い

年間出生数は、1975年に200万人を割り込んで以...

2019年07月29日, 職業別、年収・給与事情

美容師の年収は?ボーナスも基本給も、平均よりも低い

厚生労働省の衛生行政報告によると2016年の美容店...

2019年07月29日, 職業別、年収・給与事情

計量士の年収は?国家資格である職業にしては、一般的社員と大きな給与差がない

計量士とは、計量器の検査・計量管理を主な仕事として...

2019年07月29日, 職業別、年収・給与事情