児童文学作家の年収は?ヒットすれば多額の印税収入が入る

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、年収・給与事情

児童文学作家は、児童向けの絵本や童話を創作する職業のことを指します。児童文学作家だけで生活を成り立たせることができる人はほとんどおらず、たいていの場合、デザイン会社やキャラクター制作会社、出版社などに社員として勤務しています。

勤めた会社で経験と実績を積み、独立して働く人もいますが、多くの人が絵本作家としてだけではなく、挿し絵やイラストなどを描く仕事も並行して行っています。絵本が出版された際に支払われる印税は、発行部数に応じて決定されるため、決して多い額ではありません。ただし、超ロングセラーの本を作ることができれば、かなりの額の収入も期待できます。

今回は児童文学作家の年収や給与、ボーナスなどの事情について解説していきます。

児童文学作家の平均月給

 

児童文学作家に限らず作家と呼ばれる職業の収入に関しては、一般企業のサラリーマンのような安定した平均月収を得ることが大変難しいという特徴があります。本を出版しないと収入が全くないため、児童文学作家の多くは、他の仕事との兼業によって生計を立てている場合がほとんどです。

絵本など著作が発売されることになると、印税収入を得ることができます。絵本の場合は印税は価格の10%が基本であり、絵本の初版は1,000~2,000部程度です。そのため、1,000円の絵本が1,000部出版されると10万円程度印税収入として得ることができます。

しかし、毎月新しく出版することはほとんど不可能といえるので、児童文学作家としてだけで収入を得続けることは非常に困難だといえるでしょう。ただ、著作がヒットした場合は収入は飛躍的に上がります。ヒット作を何本か出した児童文学作家は、平均月収が数十万円以上になることもあるようです。

児童文学作家のボーナス・昇給事情

児童文学作家の多くは、ボーナスのような業績給を支給されることはほとんどありません。給与と同様、著作した書籍の内容によって収入が決まる職業ですので、個人事業主のような立場で仕事をする場合が多いと考えられます。

また、平均月収やボーナスと同様に、児童文学作家の多くは昇給といった給与体系で働くことがほぼありません。したがって昇給するというよりは、著作した作品の数と販売実績による評価によってもらえる金額が上がるという考え方になります。

もちろん、もしもどこかの出版社に専属で雇用された場合は、一般企業のサラリーマンと同じ扱いになりますので、企業の雇用形態に従って給与をもらうようになります。

児童文学作家として生計を立てるには

児童文学作家として生計を立てるにはヒット作を多く出し、有名な作家を目指すしかありません。作家の世界では、とにかく出版される作品数をどれだけ増やせるかと、ヒット作を出してどれくらい販売部数を大きく伸ばせるのかに全てがかかっているといえます。

絵本や童話はヒットすると増版が繰り返され、何年にも渡って印税収入を得ることが可能です。また、世界で翻訳されてベストセラーとなる可能性もあるため、夢のある職業だといえるでしょう。

関連した記事

カウンセラーの年収は?同職業でも、職種や職場により年収に大きな差が生まれる

カウンセラーは、専門的な知識や技術を持ち、悩みや問...

2019年07月29日, 職業別、年収・給与事情

タレントの年収は?一般の会社員のように、着実に給与が増えていくことは稀

日々、テレビやネットなどで活躍するタレント。華やか...

2019年07月29日, 職業別、年収・給与事情

憧れのCAのお仕事!意外と低い客室乗務員の年収・給料まとめ

世界中を飛び回る客室乗務員はいつだって女の子の憧れ...

2019年07月29日, 職業別、年収・給与事情