自動車整備士の年収は?決して給与は高くないが、車好きにとっては最高の仕事

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、年収・給与事情

自動車も、近年どんどん技術が発達しています。日産・リーフが発売した電気自動車はここ5年で20万台を突破。

さらに自動ブレーキシステムの向上、車線はみ出しアラートの搭載、先行車との間隔を一定に保持したまま走り続けるレーダークルーズコントロール、車線の中央を走るようにハンドルを操作してくれるレーントレーシングアシストなど、どんどん新規機能が出てきています。

自動車整備士は、車を毎日安全に乗れるようにするのと同時に、事故防止をするために欠かせない存在です。ただし、このようにさまざまな機能が登場している今、自動車の整備にはこれまで以上に柔軟なスキルが求められています。

車好きには憧れの職業である自動車整備士。一体どの程度の年収で、ボーナスはどのくらいなのでしょうか?

自動車整備士の年収

平均400万円

ボーナス

平均50~150万円

各種手当

2万4,000~7万円

自動車整備士の平均月収

自動車整備士の平均月収は、24万円くらいが相場となっているようです。年収にすると、400万円程度になります。

高卒者の初任給は15万円程度、短大卒や専門卒は17万円程度です。経験を積んでいくことで給与は上がっていきますが、大幅にアップすることは少ないです。

国税庁が2017年に実施した、「民間給与実態統計調査結果」によると、日本人の平均年収は432万円。平均と比べても、自動車業界における整備士の給与水準は、一般企業と比べても、高給取りとは言い難い仕事ではあります。

ただし大手車メーカーに勤めることができれば、月収40万、年収580万円なども決して夢ではありません。

しかし自動車整備士の多くは、一般の自動車整備工場で働く場合がほとんどであり、学歴も高卒程度の人が多いため、技術職の中でいえば、やや給与水準が低い傾向にあるかもしれません。

自動車整備士のボーナス事情

自動車整備士のボーナスは、月収24万円程度の場合、おおよそ年間90万円くらい支給額になるでしょう。大手自動車メーカーの整備士の場合、年間2回きちんとボーナス支給がされるため、ボーナスの支給額も年間150万円以上見込めるところもあります。

ところが、地方にある小さな自動車整備工場では、ボーナスそのものを全く支給していないところもありますし、たとえ支給があっても、大手に比べるとかなり少なく、年間50万円も期待できないところもあります。

自動車整備士の昇給事情

自動車整備士の昇給は、年間で3,000~8,000円くらいの金額となっているようです。昇給額があまり高くない理由としては、働く人の中心が、大手よりも中小規模の自動車整備工場で働く場合が多いからです。

大きな自動車メーカーであれば昇給制度が確立しているため評価項目も明確で、年2回の人事評価によって昇給額が決まり、資格取得手当(3級整備士⇒2級整備士など)や役職手当などが加算されるのが一般的です。

一方、自動車整備工場や車検工場では上司の属人的な評価で昇給額が決定されることも多く、昇給額も業績によって左右されますが、上司や社長との距離が比較的近いため形に現れない頑張りが評価され昇給額に反映されることもあります。

会社規模が小さいと、経営するのに精一杯で、働く人に還元する原資が少なくなってしまうことなどがあげられます。

自動車整備士の年齢で考える年収推移のシミュレーション

自動車整備士の年収は、30代で230~330万円、40代で300~390万円、50代で350~460万円でしょう。

年収は昇給や経験年数で少しずつ上がります。

自動車整備士として給与をあげるには、基本給に加えて、資格手当をもらうことが必要になります。国家資格の自動車整備士資格は1~3級までの3種類に分かれているため、最終的に経験を積んで1級を取得すること目指すのがとても大事になります。

国家資格のため簡単な試験ではありませんが、年間2万4,000~7万円程度の給与がアップする可能性があります。また大手メーカーへの就職が有利になるはずです。

自動車整備士の仕事は、給与は決して高いとはいえませんが、毎日好きな車に触れることができ、車好きな人にとっては最高の仕事といえるでしょう。

関連した記事

公務員の出世の現実:年功序列はウソ?誰でも高給取りになれる訳ではない

公務員は長く勤めれば出世していく、そう思われている...

2019年07月29日, 職業別、年収・給与事情

アクチュアリーの年収は?新卒でも800万円と、高額年収が望める専門職

アクチュアリーは、確率・統計などの数理的な手法を活...

2019年07月29日, 職業別、年収・給与事情

国会議員の年収・給料まとめ:国別では圧倒的に世界一!

高給取りの職業といえば国会議員です。今回は国会議員...

2019年07月29日, 職業別、年収・給与事情