看護師の年収は?昇給が難しい職種であり、給与をいきなりアップさせるのは難しい

看護師の年収は?昇給が難しい職種であり、給与をいきなりアップさせるのは難しい

JobStep編集部
公開, 更新 , 看護師

看護師とは、病院・学校・介護施設・保育施設・企業などで、人々の健康維持のため、医師の診察補助や患者のケアが主な仕事になります。

看護師は、年収が高く、安定している仕事で、人のためになることができることから、非常に人気の高い仕事です。実際リクルートが運営するとらばーゆ調べによると、看護師を目指したきっかけに「実際に看護師さん仕事を見て、憧れたから」「リストラもなく、再就職もしやすく、自立できるから」「一生モノの資格だから」という声があがりました。

そんな女性に人気の看護師ですが、一体年収はどのくらいなのでしょうか?

看護師の年収

平均480~550万円

ボーナス

平均70~80万円

各種手当

5~8万円

看護師の平均月収・年収は?

看護師の平均月給は36万円程度、年収にすると、525万円程度になっています。年齢別に年収をみると、20代で約350万円、30代で480万円程度、40代で550万円程度、50代ではおおよそ650万円といわれています。

国税庁が2017年に実施した、「民間給与実態統計調査結果」によると、日本人の平均年収は432万円。そのため、看護師は日本の平均年収よりも100万円近く、年収が高くなっています。

また看護師には正看護師と准看護師の2つの種類があります。准看護師とは、看護師の指示のもと患者のケアをおこなう医療従事者です。准看護師は国家資格を保持しているわけではないため、給与は正看護師に比べ5万円程度下がる傾向があります。

どの診療科で勤務するかで、年収に大きな差が出てくる

ほかにも、どの診療科で勤務をするかによって、給与額にも差が出てきます。救急科・神経内科・産婦人科・消化器外科・心臓血管外科・精神科などは、患者の命と直結することが多いため、夜勤や時間外労働が増えます。そのため勤務内容はほかの診療科よりもハードになるかもしれませんが、年収は高くなる傾向があります。

基本的に夜勤の相場は、4,000円~1万円程度。どのくらいの時間勤務したかによって金額が変動します。夜勤は、1週間に1回~2回であることが多いため、月に5万円~8万円分、給与が加算されることになります。そのため夜勤手当は看護師にとって大きな収益になります。自分の送りたいライフスタイルと仕事バランスも考えて、勤務する診療科を選びましょう。

看護師給料の地域差

厚労省が出した都道府県別の看護師の平均年収では東京都の670万円に対して、北海道では430万円と200万円以上の開きがあるところもあります。

物価や賃貸料金の違いは、地方と都心を比べると2~3倍程度異なります。そのため結局東京に出てきて看護師として働いても、支出が多くなるので、すぐさまメリットがあるとは限りません。しかし都内の大手病院であれば、昇進や手当、ボーナスがしっかりしている場合が多いです。

看護師のボーナス事情は?

ボーナスの支給月は、年に2回、夏は6月、冬は12月というのが一般的です。勤務先が公立病院・民間施設、あるいは就業規則の違いによって、支給回数・支給日ともに異なる場合があります。

看護師の平均的なボーナスは、年2回の賞与でおよそ70~100万円程度といわれています。ボーナスも准看護師に比べ、正看護師のほう20~30万円ほど多くもらえます。

また基本的に看護師は年功序列の世界であるため、勤続年数が長くなればなるほどボーナス支給額はアップしていきます。2016年の賃金構造基本統計調査によると勤続1~4年目と勤続10年以上の人では、ボーナス額に20万円以上の差があります。

厚生労働省の調査によると、日本人の平均ボーナス額は61万円といわれています。そのため、看護師のボーナスがくは高め。責任や体力が必要となる看護師には、しっかりボーナスが支給されることが多いようです。

看護師の昇級事情は?

看護師は、基本的に基本給がよく、夜勤などの手当も充実しているため、ほか企業と比べ、昇給しにくいという特徴があります。

昇給するために重要なことは、大手病院に就職し、実績を残していくこと。実績とは待遇をはじめ、勉強会への積極的な参加する向上心、ミスなくスムーズに業務がおこえるスキル、目標達成や部下のマネジメントなど経営にも目を向けられる視野の広さなどが評価基準になります。

そして上記でも述べたように、看護師は基本的に年功序列。そのため同じ病院や施設に長く務めるほうが、給与は上がっていきます。

看護師の年収をあげる方法

看護師の平均年収や地域の差を紹介してきましたが、その年収をあげるためにはどうしたらいいのでしょうか?

管理職に昇進する

年収をあげるためには、基本給をあげる必要があります。

先ほど見てきた年代別の収入で、30代からの月収が上がっているのを見ればわかるように経験を重ね、キャリアアップしていくことができれば、昇進に伴って給料もアップしていくのです。

またピークの50代の収入を見てみると、さらに良い給料をもらっていることがわかります。これはただキャリアアップするだけでなく、管理職についている人がいるということです。

夜勤を増やす

看護師はシフト制で仕事をします。夜勤での勤務が多いほうが、夜勤手当が付き、月々の給料が上がっていくのです。

地方勤務の人は東京勤務を考えてみる

先ほど紹介したように、地方と東京では収入に大きな差があります。

より給料の高い場所で働く方がモチベーションが上がるという人もいるでしょう。その場合は、東京の病院へ転職することを選択肢に入れることも可能です。

看護師の需要

現在多くの病院は看護師不足で悩んでいるため、地方や東京の各病院が看護師確保に力を入れている状態です。

中でも特に専門学校や大学の看護学部などを卒業した新卒者は各病院が是非ともほしい人材であり、売り手市場になっているため新卒者は病院の大小などはあるものの同じ仕事をするなら初任給が高い病院や手取りが多い病院への流れてしまう新卒者が多いです。

病院選びの注意点

病院にはよって給与面だけでなく育児休暇や2交代制・3交代制のシフト体制の違いなどがあり、働きだしてから気づくことも多くあります。看護師とは給与面では満足しているけど他の病院と比べ夜勤の回数が多いなど、自分の置かれている環境に不満を覚え転職する方が多い業界です。現在では男性看護師も増えてきていますがやはり中心は女性です。

生活するうえでは収入面は重要となりますが、女性社会に今なお根強く存在する派閥や看護師同士のいじめ問題なども存在するうえドクターとの人間関係に悩むなど精神的ストレスはもちろん、夜勤などでの肉体的ストレスもあります。

転職する際は、口コミや先輩転職者との情報共有などを通じて慎重に病院選びをすることが大切です。もちろん、収入面は病院により異なりますが数字だけでは見えないそれらの重要な事項をいかにキャッチし、自分に合った病院を見つけることができるかがポイントになります。

より給与アップをしたいなら、転職サイトで可能性を

より待遇のいい環境で働きたい場合は、転職をするのも1つの方法です。そこでおすすめの転職サイトが、マイナビ看護師。

マイナビ看護師では、医療機関ごとに担当者がいるため、求人情報をいち早くキャッチアップ。採用状況や、職場体制の把握、欲しい人材についての理解が深いため、転職後のギャップや、内定がもらえないといったことは引き起こりにくいです。

また株式会社マイナビでは、マイナビ看護師以外にも、マイナビDOCTOR・マイナビ薬剤師・マイナビコメディカルといった医療特化の求人サイトを運営しているため、医療業界の転職支援には、豊富な知識・実績はあります。

あなた専用のプロのアドバイザーが、理想の条件だけでなく、特性を見抜いてぴったりの職場を紹介してくれます。履歴書添削や面接対策もおこなってくれるため、はじめて転職をおこなう人も安心して活用できます。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみるのがいいでしょう。

マイナビエージェントに登録する(無料)

関連した記事

看護師がサービス残業を強いられたときの対処法7つ

看護師という職業は、基本的にはシフト勤務ですが、人...

2019年07月29日, 看護師

主婦から看護師になるには?需要が高まっている人気の職業

看護師は、看護学校に通い、看護師デビューをする人が...

2019年07月29日, 看護師

看護師のメイクのポイント。患者にリップやファンデが付かないよう注意が必要

看護師にとって、濃いメイクや個性的なメイクは勤務中...

2019年07月29日, 看護師