エレベーターのビジネスマナー。操作盤の近くが下座になる

JobStep編集部
公開, 更新 , ビジネスマナー

ビジネスの場において、エレベーターを使用する機会は多いです。ゲストをお見送りすることもありますし、一緒にエレベーターで移動をする可能性もあるでしょう。

しかしエレベーターマナーは見逃されがち。しっかり上司から指導を受けたことがある人は、少ないかもしれません。とはいえ、エレベーター対応も大切なビジネスマナーです。

個室のなか、一定時間一緒にいることになるため、より注意を払わなくてはいけないこともあります。エレベーターのビジネスマナーもしっかり身につけておきましょう。

状況によって、エレベーターに乗る順番は変わってくる

エレベーターに乗る順番は、自分→お客さん→上司になります。自分が先に乗って、「開」のボタンを押しながら扉を押さえ、お客さんには後から乗ってもらいましょう。

ただしすでに人が乗っていた場合、エレベーターホール側のボタンを押し、来客者に先に乗ってもらい、自分は最後に乗り込みます。

エレベーターホールでは、どの位置で待つのが正解?

エレベーターを待つときは、エレベーターホールで待つことになります。到着を待つ際には、扉の脇に立つのがマナーです。扉の前に立ってしまうと、エレベーターから降りてくる人の邪魔になってしまうからです。

そのためエレベーターから降りる人をまず優先し、スムーズに乗り降りできるように配慮することが大切になってきます。

待っている間は無言になることがないよう、会話を振ることが大切になります。

エレベーターから降りるときのビジネスマナー

エレベーターから降りる際には、自分が「開」のボタンを押して、お客様に先に降りてもらうようにします。「開」のボタンを押すだけでは、相手に降りる準備が整っていることが伝わりづらいため、もう片方の手でドアが閉まらないように抑えるようにした方が、より丁寧でしょう。

降りてもらうタイミングで、「どうぞ」と声を掛けると、ゲストもスムーズにエレベーターの乗り降りができます。

エレベーター内でのビジネスマナー

エレベーターの操作盤の近くが下座になります。そのため、ゲストを操作盤の近くに案内しないようにしましょう。気持ちよく過ごしてもらうことがマナーの基本なので、その点を忘れないようにすることが大切です。

エレベーターの立ち位置

会議室や応接室には席次があります。同じように、エレベーターにも席次があります。

役職にかかわらず、社外からの来客者が上座となります。操作盤が1箇所の場合、上座は操作ボタンの後ろの壁側です。2番目は上座の隣です。

操作盤が2箇所ある場合は、上座は操作盤から1番遠くの後ろ左の壁側となります。右側の操作ボタンが下座となるので、操作ボタンの立ち位置に注意してください。

おしゃべりや飲食は厳禁

エレベーター内では、基本的にはおしゃべりや飲食は禁止です。エレベーターはさまざまな方が利用しています。先ほどのMTG内容を振り返るようなことはしてはいけません。

ただしエレベーター内が、自分とゲストだけの場合は、当たり障りのない雑談をするのがいいでしょう。企業秘密の内容があるかもしれないので、話す内容には注意が必要です。

ゲストを見送るときのエレベーターマナー

ゲストが帰る際には、基本的にエレベーターホールまで見送るようにすることが大切です。見送る際には、「ありがとうございました」と一言添え、扉が閉まりきるまで頭を下げておきましょう。

上司と一緒にゲストを見送る場合は、自分は少し先回りしてエレベーターのボタンを押しておけるとベストです。

関連した記事

電話の取り次ぎのマナー・注意点。伝え漏れを防ぐためには、何に気をつければいい?

電話対応は社会人になればほとんどの人が経験する、欠...

2019年07月29日, ビジネスマナー

職場での挨拶マナー。会社に溶け込むためにも、正しい挨拶を心がけよう

エン・ジャパン株式会社が2015年におこなった調査...

2019年07月29日, ビジネスマナー

営業ではバーナム効果を使え。有利に商談を進めることが可能になる

バーナム効果とは、誰にでも当てはまるような言葉を、...

2019年07月29日, ビジネスマナー