ビジネスの場における「おこがましい」の言葉の意味・使い方・注意点

JobStep編集部
公開, 更新 , ビジネス用語

「おこがましい」とは、「身の程知らず」や「生意気」というような意味合いを持つ言葉です。

目上の人に意見する際などに、「私が言うのもおこがましいですが」といった使い方をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

今回はビジネスの場における「おこがましい」の意味や使い方について紹介します。使う際の注意点も紹介するので参考にしてください。

「おこがましい」の意味

「おこがましい」には、「分不相応である・出すぎている」という意味と、「ばかばかしい」という意味の主に2つがあります。ビジネスの場で使われる「おこがましい」は、前者の意味であることがほとんどです。

基本的に自分に対して使う言葉

「おこがましい」は、「自分がこんなことを言うのは生意気に思われてしまうでしょうが」という意味を含ませた言葉で、自分が相手に対してへりくだるときに使います。

目上の人や取引先に対して要望や意見を述べる際の前置きとして使うことで、謙虚さと相手に対する敬意を示すことが可能です。

「おこがましい」の使い方

身の丈に合っていない場に招待されたとき

仕事上の付き合いなどで、パーティーや食事会に招待されることがあります。周囲は目上の人ばかりで、招待されたことを嬉しく感じつつも少し気後れしてしまうことも。

そのような際には、「本日はこのような場にお招き頂いて、おこがましく感じております」という使い方が可能です。招待されて嬉しい気持ちと、身の丈が合わないと感じる謙虚な気持ちを表します。

目上の人に対して意見するとき

目上の人や自分より知識がある人に対して意見する際に、「私が言うのもおこがましいですが」とワンクッションを挟んでから発言します。

そうすると、相手の気持ちを著しく害することなく意見することができます。「おこがましいですが」を入れるのと入れないのとでは、相手に与える印象が大きく異なるでしょう。

目上の人に対してお願いするとき

意見をいうのと同じように、目上の人にお願いをする際にクッション言葉として使うこともあります。

「おこがましいお願いなのですが」や「おこがましいお願いをして申し訳ありません」と使うことで、へりくだった様子が示せる表現です。

相手を戒めるとき

基本的に自分に対して使う言葉だと紹介しましたが、相手の行動を戒める時に使用する場合もあります。

例えば、目上の人に対する部下の行動が目に余った時、「先ほどの君の態度はあまりにもおこがましい」などと使うことができます。

生意気な態度に対する不満を示す表現ではありますが、相手に失礼な言葉でもあるので、ビジネスの場で使うことはほとんどありません。

使いすぎは嫌味に聞こえてしまうのでNG

謙遜の気持ちを表し、とても丁寧に聞こえる「おこがましい」ですが、多用しすぎると嫌味に聞こえてしまう可能性があります。

そのため、1回の会話の中で何度も使うのは避けて、ここぞというときに使うよう心掛けましょう。

「おこがましい」の類語

「おこがましい」にも似たような使い方をする類語がいくつかあります。状況に応じて使い分けることで、より適切な言葉遣いができるようになります。

「差し出がましい」との違い

「おこがましい」は目上の人に対して使う言葉ですが、「差し出がましい」は部下に対しても使うことができる言葉です。

「出しゃばり」や「必要以上のお節介」という意味があり、自分だけでなく相手の行動に対しても使うことができます。

「厚かましい」との違い

おこがましいは「身の程をわきまえていないさま」を表すのに対し、厚かましいは「遠慮がないさま」を表します。

目上の人にお願いをするときは「厚かましい」、意見するときは「おこがましい」というような使い分けをすると良いでしょう。

「図々しい」との違い

図々しいとは、「相手の迷惑を顧みず、自分勝手な行動をする」という意味があります。

「おこがましい」に似た使い方をする言葉ではありますが、「図々しい」というのは言葉自体のイメージが良くないので、「おこがましい」を使うほうが無難です。

関連した記事

ビジネスでの「ちなみに」の意味や正しい使い方

「ちなみに」という言葉を日常会話で使う人は多くいま...

2019年09月12日, ビジネス用語

ビジネスの場における「存じております」の意味・使い方・注意点

「存じております」という言葉は、日常生活ではあまり...

2019年08月29日, ビジネス用語

ビジネスの場における「なのです」の言葉の意味・使い方・注意点

ビジネスの場で「~なのです」という表現を使うことが...

2019年08月23日, ビジネス用語