キャリアと仕事のステップアップを応援 JOBSTEP[ジョブステップ]

ビジネスの場における「ご連絡ありがとうございます」の言葉の意味・使い方・注意点

JOBSTEP 編集部
公開, 更新 , ビジネス用語

取引先などにメールや電話で「ご連絡ありがとうございます」ということがあります。しかし、状況に合わせてしっかりとした表現を用いたいと考える人も少なくないでしょう。

そこで今回はビジネスの場における「ご連絡ありがとうございます」の、状況に応じた使い方をいくつか紹介していきます。

「ご連絡ありがとうございます」の意味

「ご連絡ありがとうございます」は、相手が連絡をしてきてくれたことに対して感謝をする際に使用します。

「ご連絡」の「ご」は敬語表現の接頭語で、相手の行動と自分が相手に対しておこなう行動のどちらにも使えます。

「ご連絡ありがとうございます」の使い方

目上の人にも使用できる

「ご連絡ありがとうございます」は上で説明した通り敬語表現なので目上の人に対して使うことができます。

メールや電話で使うことがほとんどで、一般的には「△△(会社名)の〇〇(名前)です。ご連絡ありがとうございます。」と名前を名乗った後に使います。

「ご連絡ありがとうございます」の例文

「ご連絡ありがとうございます」を用いた例文は以下の通りです。単体で使うよりも、その時々で言葉を付け加えて使用します。

  • 早速(早々)のご連絡ありがとうございます。
  • お忙しい中、ご連絡ありがとうございます。
  • 早朝にも関わらず、ご連絡ありがとうございます。
  • わざわざご連絡ありがとうございます。

また、「ご連絡ありがとうございます」を「ご連絡いただきまして誠にありがとうございます」と使用することもあります。

相手から電話で連絡をもらっていたけれども出られず掛け直した際には「ご連絡ありがとうございます」というよりも、「先程はご連絡ありがとうございました」とするほうが適しています。

「連絡」と「ご連絡」の違い

連絡という言葉に「ご」を付けるのか付けないのか迷ってしまうことがありますが、「連絡」も「ご連絡」も文章的には間違いではありません。

しかし取引先や目上の人に対してはより丁寧な「ご連絡」を使うのが適しています。また、自分がおこなうことに対しても、相手が目上の人なら「ご連絡」を使うのが良いでしょう。

同僚や部下に対してなら、「ご」をつけずに「連絡ありがとうございます」として使用するほうが自然です。

「ご連絡」を用いた例文

  • ご連絡が遅くなりまして申し訳ございません。
  • 都合がよろしいときにご連絡いただけましたら幸いです。
  • お忙しいところ、ご連絡いただきましてありがとうございます。

関連した記事

ビジネスの場における「取り急ぎ」の言葉の意味・使い方:注意点は?

ビジネスの場においては、取り急ぎという言葉は頻繁に...

2019年07月29日, ビジネス用語

ビジネスの場における「幸甚に存じます」の意味・使い方・注意点

ビジネスの場でよく使われている「幸甚に存じます」と...

2019年08月29日, ビジネス用語

ビジネスの場における「お詫び申し上げます」の意味・使い方・注意点

ビジネスの場において、相手に対する謝罪の際によく使...

2019年08月21日, ビジネス用語