ビジネスの場における「よろしくお伝えください」の言葉の意味・使い方・注意点

JobStep編集部
公開, 更新 , ビジネス用語

ビジネスの場に限らず、「よろしくお伝えください」という言葉をたびたび耳にします。しかし、この「よろしくお伝えください」を、〇〇さんに「よろしく」と伝えてくれという意味だと思っている人は多いのではないでしょうか。

聞き慣れている言葉でも、実は勘違いして覚えていたというものは多くあります。今回は、ビジネスの場における「よろしくお伝えください」の意味や使い方について紹介していきます。

「よろしくお伝えください」の意味

「よろしくお伝えください」は、この場にいない人に自分の気持ちや様子を伝えてほしいときに使う言葉です。

この「よろしく」は「よろしいように」ということで、「よろしくお伝えください」は「あなたのよろしいように上手く伝えてください」という意味になります。

「よろしくお伝えください」の使い方

伝える内容

「よろしくお伝えください」の伝える内容は、謝罪やお礼の気持ちです。しかし一般的には社交辞令として使用されていることが多く、いつもお世話になっている人への挨拶のように使われることもあります。

目上の人には使用しない

「よろしくお伝えください」が丁寧な表現であるため、目上の人に使っても問題ないように見えますが、実際には使用しません。

「よろしくお伝えください」は、伝え方を相手に任せるという意味の言葉なので、目上の人に対して任せるといったニュアンスの言葉を使用するのは失礼になります。

ただ、日頃からコニュニケーションを取って距離が近いような間柄であれば、使用しても問題ない場合もあります。

「どうぞ」や「何卒」をつけて使用するとより丁寧

「よろしくお伝えください」に「どうぞ・なにとぞ」をつけ、「どうぞよろしくお伝えください」や「何卒よろしくお伝えくださいますようお願いいたします」といった表現にすることでより丁寧な印象にすることができます。

目上の人に対してどうしても使用したい場合にもこのように表現するといいでしょう。しかし、相手によってはこれでも失礼だと感じることもあるため、注意が必要です。

「よろしくお願いいたします」に対する返答の仕方

「よろしくお伝えください」と言われた際の返答の仕方は、伝える相手が身内か目上の人かで変わります。

    身内の場合

  • 承知いたしました(かしこまりました)。〇〇に申し伝えておきます。

    目上の人の場合

  • 承知いたしました(かしこまりました)。〇〇様にお伝えいたします。

どちらか分からないと迷った際には、「承知いたしました(かしこまりました)」とだけ伝えればいいでしょう。

関連した記事

ビジネスの場における「ご厚誼」の意味・使い方・注意点

ビジネス用語は社会人になったら身につけておくべきも...

2019年09月05日, ビジネス用語

ビジネスの場における「よろしくお願いいたします」の意味・使い方・注意点

ビジネスシーンで頻繁に使われる「よろしくお願いいた...

2019年08月21日, ビジネス用語

ビジネスの場における「心中お察しします」の意味・使い方・注意点

「心中お察しします」という言葉は、相手に対する気遣...

2019年08月21日, ビジネス用語