ビデオジョッキーはつらい、きつい?参入者が多く、常に学び続ける必要がある

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、つらい・きつい仕事

ラジオ番組などの音声だけの司会をディスクジョッキーと呼ぶのに対して、映像を使用する番組の司会のことを、ビデオジョッキーと呼びます。また、クラブやライブにおいて、音楽と映像を組み合わせたり、リアルタイムで映像作品を編集し、映し出すことができる人もビデオジョッキーと呼ぶことがあります。

この記事では、後者についてみていきます。時代のニーズで生まれたビデオジョッキーですが、つらいと思う瞬間はどんなときなのでしょうか。

ビデオジョッキーがつらい・きついと思った瞬間

参入者が多い

今は、特別なアプリケーションを使用しなくても、スマートフォンで映像を撮影しそのまま流すことができます。

そのため、新しいビデオジョッキーが気軽にどんどん参入してくる業界です。ビデオジョッキーとして、自分も常に技術を磨き続けなければ、生き残っていくことはできません。

要望に答えなくてないけない

ビデオジョッキーは、みんなが楽しいを思うものを提供し続けなければなりません。自分が好きな映像だけを作ればいいのではなく、常にお客さんが喜んでくれるような映像を作成する必要があります。しかし、作品を実際に使用してみると、観客が満足していないこともあります。自分の好き勝手に作れないうえに、必ずしも要望に沿ったものが作れるわけではないところが、つらい仕事といえるでしょう。

つらさ・きつさの解決方法

ビデオジョッキーは、今、観客が何を求めているかを把握し、お客さんが楽しめるような映像を作成するために、努力し続けることが大切です。そして、常に新しい映像を届けられるよう最新の技術も取り入れ、ビデオジョッキーとしてスキルアップしていく必要があります。

自分では傑作だと思って作った作品が、観客に受け入れられないこともあります。その際には、何がよくなかったかを分析することが大切です。深く悩みすぎないで、次に生かすにはどうすればいいかを考えるようにしましょう。

働く前と後の印象の違い

ビデオジョッキーは、映像を作ることが得意であればすぐにできると思われがちです。しかし、音楽にあった映像を提供しなければいけないので、音楽についても学ぶことも大切です。

また、映像作成には、センスを必要とします。普段から映像関連だけでなく、さまざまな芸術作品に触れ自分を磨いておくことで、作成する映像に生かすことができます。

さらに、クラブなどではその場の雰囲気に合わせて、即興で映像を演出することもあります。急なことにも臨機応変に対応できることが重要です。

耐えられないときは、転職の検討を

今の仕事に耐えられないときは、転職サイトに登録してみましょう。新しい仕事を探すことで、気持ちが楽になるかもしれません。

転職サイトのなかでもおすすめなのは、リクナビNEXT。約9万件の求人情報が掲載されています。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTに登録する(無料)

テレビ・映画・映像・舞台の仕事に関するその他の職種