ビューロクラート(官僚)はつらい、きつい?責任と多忙な日々を乗り越える精神力が必要

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、つらい・きつい仕事

ビューロクラートとは、官僚のことです。一般に、国家の政策決定に大きな影響力を持つ公務員のことを指します。国会で決められた法律や予算に基づいて、国の政策に関連したあらゆる仕事を担当します。

ビューロクラートになるには、国家公務員試験を受けて合格する必要があります。難関試験を突破したビューロクラートはどんなときにつらいと感じるのでしょうか。

ビューロクラートがつらい・きついと思った瞬間

仕事が忙しい

ビューロクラートは、国を動かす政策の実務を担当しているため、仕事はとても大変です。国で何か起これば、急な出勤や徹夜は当たり前です。

国会会期中などは、毎日仕事に追われるような状況で、残業も多くきつい仕事といえるでしょう。

責任が重い

ビューロクラートは、国会で決まったことを実際に進めていく仕事ですので、作成した資料等が国の顔となることがあります。

また、ビューロクラートは、一般の市民では考えられないような金額を取り扱うことがあります。国家予算は国を左右する重要なものなので、絶対に間違いは許されません。

出世争い

難関試験を突破し、ビューロクラートになった後は、出世という争いが続きます。出世争いに負けると、他の団体へ出向させられるなど、ビューロクラートとしては、厳しい現実が待っています。

影から支える仕事が多い

ビューロクラートの仕事内容が表に出ることはないため、具体的にどのような仕事をしているか一般の人が知らないことがほとんどです。

そのため、法律を改正してもビューロクラートは自分が頑張りましたとは言えません。常に縁の下の力持ちでいなければならないので、承認欲求を満たすことはできない仕事です。

また、噴出するあらゆる問題に対して、政治家との兼ねあいも考慮したうえで、関係者すべてが納得する解決策を作りあげなければなりません。ビューロクラートは、人との調整も多く、大変きつい仕事です。

つらさ・きつさの解決方法

ビューロクラートは、激務ではありますが、法律や税制の仕組みなど、国の新しい制度を更新していくやりがいのある仕事です。さまざまな業界でステータスの高い方々とやり取りをする機会も多く、キャリアアップにつながるでしょう。

問題がうまく解決できないときは、同期とのつながり、他業界とのつながりなど、自分の持っている色々なネットワークを駆使することが大切です。普段からたくさんの人との関係を作っておくと、いざというときの助けになるでしょう。

ビューロクラートは、大きな責任を持つことが求められますが、自分1人で抱えこむ必要はありません。周りを巻き込んで対応することが大切です。

働く前と後の印象の違い

国家試験さえ通れば、仕事はどうにかなると考えている人がいると思います。

しかし、ビューロクラートは、想像以上に多忙であることは間違いありません。国の政策に関わっているのですから、正確さとスピードも求められます。国を背負っていることを自覚し、高い志を持つことが重要です。

欧米のように、入省する省庁を自分で選択できると考えている人がいるかもしれません。しかし、日本は、そのポストに就くために必要な能力を持っている人が選抜されます。自分の希望が通ることはほとんどないので、注意しましょう。

耐えられないときは、転職の検討を

今の仕事に耐えられないときは、転職サイトに登録してみましょう。新しい仕事を探すことで、気持ちが楽になるかもしれません。

転職サイトのなかでもおすすめなのは、リクナビNEXT。約9万件の求人情報が掲載されています。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTに登録する(無料)

関連した記事

整体師はつらい・きつい?患者さんとのコミュニケーションが難しい

スポーツをしている人は1度は整体師にお世話になった...

2019年07月29日, 職業別、つらい・きつい仕事

通訳はつらい、きつい?駆け出し時代は、営業することも多い

外国人が来日したとき、色々なことを代わりに伝えてあ...

2019年07月29日, 職業別、つらい・きつい仕事

歯科技工士はつらい、きつい?納期があるにも関わらず、完璧なものが求められる

歯科技工士は、歯科医師が頼んだ入れ歯やマウスピース...

2019年07月29日, 職業別、つらい・きつい仕事