介護ヘルパーはつらい、きつい?仕事の割に給料が合わない

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、つらい・きつい仕事

介護ヘルパーとは、高齢者や障害者の方などの介護を必要とする人たちが、日常生活を滞りなく送れるようにするための支援をする役割の人たちのことです。総務省によると、2018年に総人口に占める高齢者人口の割合は27.7%と、過去最高となりました。

今後高齢者が増えていくなかで欠かせない存在になる介護ヘルパー。しかし全国労働組合総連合がおこなった調査では「こんな仕事、もうやめたい」と思うことがありますか?という質問で、介護労働者のうち約半数が「思う」と答えています。

やめたい理由には「賃金が安いから」44.7%、「仕事が忙しすぎるから」39.6%、「体力が続かない」30.1%などがあげられています。

本来、お年寄りに「ありがとう」と言ってもらえ、老人の温かさや優しさを感じられる魅力的な仕事。とくに介護ヘルパーは資格を保持していなくても介護職に付ける職業でもあり、主婦や社会復帰した女性に人気の仕事でもあります。

そんな魅力溢れる介護ヘルパーの仕事は、どのようなときに「つらい、きつい」と感じるのでしょうか?

介護ヘルパーをつらい、きついと思った瞬間

介護労働者のうち約半数が「やめたい」と思ってしまうのには、無資格である介護ヘルパーだからこその悩みが多くみられました。

仕事の割に給料が合わない

日本人の平均年収は410万円程度といわれています。それに対し、厚生労働省の平成28年賃金構造基本統計調査によると介護ヘルパーの平均年収はおよそ300万円程度。平均年収よりも100万円以上安いことになります。

非正規雇用者でも都市部で1,105円、地方部で1,022円が平均時給になっています。決して高い時給とはいえないでしょう。

このような支払いをおこなっているにも関わらず、介護の仕事は過酷です。入浴・食事の手伝い・排せつ物の片づけ・お散歩・洗濯・掃除など高齢者の体力が無くてできないことは全て手伝ってあげる必要があります。

また何かトラブルや事故が引き起こらないよう、常に状況を把握している必要もあります。全国労働組合総連合がおこなった調査では、「1年間にあなたが関わった利用者に関する事故がありましたか」という質問で、「目の届かない所での転倒・転落した」と答える人は6割にものぼりました。

人員不足と、現場の忙しさからこのような介護事故が引き起こっているとされています。

高齢者とのコミュニケーションに疲れる

「利用者に十分なサービスが提供できていますか?」というアンケートでは、「できている/ほぼできている」34.7%、「あまりできていない」32.2%、「わからない」31.9%と、答えが3つに分かれました。

「十分なサービスができていない理由」では、「人員が少なく、業務が過密になっている」が約8割と答える人が圧倒的に多く、ほかの業務が多忙であるが故に高齢者とのコミュニケーションを十分におこなえていない介護施設は多いよう。

また高齢者の中には認知症などを抱えている人も多く、多忙な中丁寧なコミュニケーションをしなくてはいけない老人に対し、ストレスを感じてしまう人も少なくないようです。

介護福祉士との関係に疲れる

介護福祉士は国家資格を持って介護の仕事をしています。そのため介護ヘルパーよりも多く仕事をしなくてはいけません。とくに医学的判断が必要な傷の処置や、たんの吸引などは無資格の介護ヘルパーはおこなえません。

結果、介護福祉士から「ヘルパーは楽でいいわね」と言われることもあるそう。同じ職場で毎日のように顔を合わせて煮るにも関わらず、人間関係がうまくいかないと「つらい」と感じてしまうこともあるでしょう。

つらさ、きつさの解決方法

介護ヘルパーには、つらいことやきついことがたくさんあります。しかし今の時代に欠かせない職業となってきています。

そのため厚生労働省などが介護労働者の雇用に関して支援ガイドなどを発行しています。実際に厚生労働省と財務省は、2019年10月より勤続10年を超える介護福祉士には月額8万円の賃上げをおこなう意向を発表したり、外国人技能実習生の導入などもおこなっています。

また非正規雇用者やヘルパーなどに補助などはありませんが、今後高齢者人口が増えていくにつれ、給与補助や採用補助などの本格的支援もおこなっていくようになるでしょう。

資格取得を目指そう

介護福祉士との関係に疲れてしまう人は多いです。また資格を保持している方が給与面や国からの補助面では恵まれています。そのため資格取得ができれば、少しは働くことが楽になるはず。

介護福祉士資格試験を受けるには、実務経験3年以上であり、介護職員実務者研修で決められたカリキュラム(450時間)を受けていることが必要です。2018年の試験では合格率80%。試験は筆記と実技の2つになります。

耐えられないときは、転職の検討を

もし今の仕事に耐えられないときは、転職サイトに登録してみましょう。新しい仕事を探すことで、気持ちが楽になるかもしれません。

転職サイトのなかでもおすすめなのは、リクナビNEXT。約9万件の求人情報が掲載されています。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTに登録する(無料)

関連した記事

ビデオジョッキーはつらい、きつい?参入者が多く、常に学び続ける必要がある

ラジオ番組などの音声だけの司会をディスクジョッキー...

2019年07月29日, 職業別、つらい・きつい仕事

税理士はつらい、きつい?ミスができないというプレッシャーが大きい

税理士は、主に相続税や所得税などの税に関する相談や...

2019年07月29日, 職業別、つらい・きつい仕事

エステティシャンはつらい、きつい?想像以上に体力仕事できついと感じる女性も

エステティシャンは、お客さんの肌や身体の悩みを解決...

2019年07月29日, 職業別、つらい・きつい仕事