職歴なしから正社員になるには?自己分析・企業分析をしっかりおこなって就活の臨もう

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、なり方・就職の方法

職歴とは一般的には、正社員もしくは、契約社員で勤務をした経験のことを指します。そのため、アルバイトやインターンシップは職歴に含まれません。厚生労働省によると、現在日本には2,036万人の非正規雇用者がいるといわれています。そして昨年よりも非正規雇用者は13万人も増加しています。

このように職歴がない人は少なくはありません。また株式会社リクルートによると「2017年度の正規社員の中途採用実績は、1社当たり中途採用人数が1.44人と、前年の1.29人から増加している」という調査結果もあります。また2017年度の採用実績比率では、新卒採用は34.7%、経験者の中途採用は38.7%、未経験の中途採用は26.7%になっています。

この調査からもわかるように中途採用に力を入れている企業は多く、未経験の職歴なしの人材であっても、採用される可能性は、決して0%ではないといことです。

職歴がないことにコンプレックスを感じている人も多いかもしれませんが、実際はそこまで気にする必要はないのです。職歴がない場合でも、人物をしっかり見て採用の判断をしてくれることもあります。そこで今回は、職歴なしから正社員になる方法を紹介していきます。

職歴なしから正社員になるには?

株式会社帝国データバンクが2018年7月におこなった人手不足に対する企業の動向調査では、企業の50.9%が正社員不足と答えています。

職歴がないという理由で、正社員になることを諦めてしまう人もいますが、それは勿体無いです。とくに20代であれば職歴なしでも就職は十分に可能でしょう。

ハローワークで相談をしてみよう

ハローワークは、厚生労働省が設置する行政機関。厚生労働省によると、現在ハローワークは544箇所にあり、相談員数は15,702人にものぼります。ハローワークでは主に職業紹介事業をおこなっており、履歴書の書き方サポートや自己分析の手伝い、面接対策などもしてくれます。

フリーターなどの若者、母子家庭の母親、障害者の人などが利用することが多く、全国の求人から職員の人が、仕事の紹介をおこなってくれます。

転職エージェントで、自分に合った仕事を見つけてもらう

転職エージェントとは、転職のプロであるキャリアアドバイザーが相談者とカウンセリングをおこない、「強み」「特性」を聞き出し、最適な求人紹介をおこなってくれるサービスです。転職希望者は、登録から転職まで、すべて無料。

自分に合っている職種やがわからない場合、どう転職活動を進めていくべきなのか悩んでいる場合は、転職エージェントを活用するのがおすすめでしょう。職務経歴書・面接対策をはじめ、就活セミナーを実施しているところもあります。

転職エージェントの中でも1番認知度が高いのは、リクルートエージェント。業界最大手のリクルートが運営している転職サイトで、約37万名の転職支援実績があります。

リクルートエージェントに登録する(無料)

転職サイトで、企業探しをしてみる

転職サイトは、自分で企業検索をおこない、自ら履歴書の送付・面接日程をやりとりができるサービス。キャリアアドバイザーに転職を急かされることなく、自分のペースに合わせて気に入った企業を見つけることができます。ある程度、職種や企業を絞れている人は転職サイトで、企業探しをしてみるのがおすすめです。

転職サイトのなかでもおすすめなのは、リクナビNEXT。リクナビNEXTには、約9万件の求人情報が掲載されています。登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTに登録する(無料)

企業ホームページから、問い合わせをしてみる

もし行きたい企業が決まっているのであれば、企業ホームページから、問い合わせをしてみるのがいいでしょう。企業のホームページには、基本的には採用ページが設けてられており、そこからエントリーすることが可能です。企業ホームページをすることで、その会社への入社希望どが高いことも示すことができます。

また企業としても直接エントリーをしてくれる場合、転職エージェントや転職サイトにお金を支払う必要がないため、採用コストを削減できます。結果、企業が採用を迷ったとき、採用コストがかかっていないという理由で内定をもらえる可能性もあります。

行きたい企業があるのであれば、企業ホームページを確認してみましょう。

職歴のない人が、就職活動をするときに気をつけること

まずは自己分析をしっかりおこないましょう。自分は何が好きで、何が得意で、働くうえで何を重要視するのでしょうか?考えを明確にしておくことで、面接でも発言がしやすくなるでしょう。

自己分析ができたら企業分析もおこないましょう。なぜ会社に応募したのか?入社したら何がしたいのか?採用後、会社で何がしたいのか?この3つは面接で聞かれることがほとんどです。会社のホームページなどを参考に、自分の考えをまとめておきましょう。

そして「なぜ卒業後にすぐ就職しなかったのか」という質問にも答えられるようにしておきましょう。職歴がない理由は採用担当者も気になるところです。このような問いに対する、前向きで明確な理由を見つけておくのが重要です。

職歴のない人におすすめの職種

基本的には自分に行きたい業界を目指すのが1番です。なんとなく選んだ会社で正社員になれたとしても、仕事が続かなければ、自分の職歴に傷が付くだけになってしまいます。そのためいろいろな業界・企業を調べ、自分に合った会社を見つける努力をしましょう。

またどうしても行きたい企業がない場合、飲食業界・配送業界・美容業界がおすすめです。この3つの業界は、人手不足が深刻なうえ、未経験でも求人募集をおこなっていることが多いためです。未経験で職歴がない場合でも、比較的内定がもらいやすいといえるでしょう。

関連した記事

臨床検査技師になるには?臨床検査技師国家試験に合格することが必要

臨床検査技師は、病気の早期発見に尽力する最新医療の...

2019年07月29日, 職業別、なり方・就職の方法

戦場カメラマンになるには?まずは報道カメラマンになる道が主流

渡部陽一さんで一躍有名になった戦場カメラマン。 ...

2019年07月29日, 職業別、なり方・就職の方法

映画監督になるには?なるためのルートや必要な能力について

映画監督とは、映画の制作についてすべてを決定する権...

2019年07月30日, 職業別、なり方・就職の方法