キャリアと仕事のステップアップを応援 JOBSTEP[ジョブステップ]

翻訳家になるには?翻訳会社に就職するか、フリーランスを目指すかが主な選択肢

JOBSTEP 編集部
公開, 更新 , 職業別、なり方・就職の方法

翻訳家は、外国語で書かれた文章を日本語に訳す仕事です。

翻訳家の仕事は大きく分けると2種類あります。国際的な企業の契約書や説明書などの書類を翻訳する産業翻訳と、海外の書籍・ドラマ・映画などを翻訳する出版翻訳家です。

産業翻訳と出版翻訳家では、収入面や仕事の内容も大きく異なり専門的な分野の翻訳もあるため幅広い知識が必要です。

今回は、翻訳家になるにはどうしたらよいのかについて紹介します。

翻訳家のなり方

基本的に翻訳家になるには、翻訳会社に就職するか、翻訳会社に登録してフリーランスして仕事をもらうかの2パターンになることが多いです。

それぞれ、詳細なフローをみていきましょう。

翻訳会社に就職するか

翻訳企業に正社員として就職し翻訳活動をおこなうパターンです。受ける仕事の数によって給与が変動したりすることはありません。

安定して収入を得ることができるでしょう。しかし自分の好きなジャンルで仕事ができるとは限りません。ドラマ・映画などの映像翻訳がしたくても、契約書などの産業翻訳を任されることもあります。

翻訳企業として有名なのは、サイマリンガル、株式会社翻訳センター、クリムゾンインタラクティブ・ジャパンなどがあげられます。

とはいえ翻訳家は競争率が高い職種です。求人数も豊富にあるわけではありません。未経験者の場合は、書類で落とされるでしょう。翻訳経験が少ない場合は、まず翻訳をしたことがあるという実績作りを始めることが大切です。

翻訳会社に登録してフリーランスとして働く

翻訳経験が少ない場合、自分のやりたいジャンルで働きたい人は、フリーランスを目指すのもいいでしょう。

翻訳会社にフリーランス登録するにためには、企業が提供する試験である採用試験に合格し、十分な翻訳スキルを持っていることを証明する必要があります。

主な流れとしては、まず履歴書の書類審査があり、書類審査を通過するとトライアルの通知が届きます。それから自宅で試験を解いて翻訳会社へ送付し、合格すれば契約となります。

依頼された仕事をミスなくこなすと継続的に仕事がもらえますが、はじめは仕事の件数も少ないため収入が安定しないことも珍しくはありません。

クラウドソーシングサイトで翻訳の仕事を探す

全くの未経験者の場合は、クラウドソーシングサイトで翻訳の仕事を探すことをおすすめします。クラウドソーシングだけでお金を稼ぐのは難しいですが、未経験者を募集している案件も多いため、実績を作るのにはぴったりでしょう。

クラウドソーシングサイトとして有名なのは、クラウドワークスやランサーズです。どちらも登録は無料になっているので、仕事を探してみてください。

翻訳家に必要な資格

翻訳家になるために必須の資格はありません。しかし翻訳家としての能力の向上に役立つ資格として、翻訳検定というものがあります。翻訳検定はいくつかの団体がおこなっており、自分をアピールする大きな武器にもなります。

JTA公認翻訳専門職資格試験

日本翻訳協会が実施する検定試験で、英語と中国語が対象となります。年に4回試験おこなわれ、在宅でインターネットを使って受験します。

翻訳実務検定TQE

翻訳会社であるサンフレアアカデミーが実施している検定試験で、英語・ロシア語・スペイン語・中国語・韓国語・フランス語・ドイツ語と幅広い国の語学が対象となっています。こちらも試験は年4回おこなわれ、在宅受験です。

JTFほんやく検定

日本翻訳連盟がおこなっている検定試験で、対象となる語学は英語のみです。試験は年2回実施され在宅での受験となります。2級以上になると日本翻訳連盟から仕事の依頼を受けられるようになります。

翻訳家は英語と日本語の正確な読み書きの能力が求められるため、TOEICでは600~900点あれば十分です。

パソコンの知識も重要であり、ITスキルを磨くことは大幅な収入アップにもつながります。

翻訳家として活躍するために必要な能力

翻訳家は英語の能力に加えて、正確な日本語能力やITの知識も持っていると翻訳スピードも大幅に変わります。

また翻訳は、ときには高度な専門知識を必要とすることもあるため、さまざまな分野の知識に精通していると重宝されます。

出版翻訳家であれば海外の文化や作者の真意を理解することも求められますし、産業翻訳がおこなう契約書や説明書の翻訳では、専門的な用語が多いため情報を幅広く把握する必要があります。

さらに、分かりやすい翻訳ができるかは文章の構成や簡潔にまとめる文章力にかかってきます。出版翻訳では、文芸作品や映画なども手掛けるため柔軟な発想力や表現力も必要とされるでしょう。

転職サイトで翻訳に携われる仕事を探してみよう

翻訳の仕事を探しているのであれば、リクナビNEXTがおすすめです。大手企業の求人や、在宅で業務委託してもらえる仕事まで掲載がおこなわれています。

毎週、新着・更新される求人は1,000件を超えるため、常に最新の仕事情報を素早くキャッチアップできるのもリクナビNEXTの魅力です。

求人によって募集要件などは異なりますが、未経験者を募集をしている仕事も掲載されています。登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみてみるのがいいでしょう。

リクナビNEXTに登録する(無料)

翻訳家に関連する記事

翻訳家の仕事とは?どのくらいお給料がもらえるの?

私たちが外国の映画を見るときには日本語の字幕が流れ...

2019年07月29日, 職業別、年収・給与事情

国際の仕事に関するその他の職種