パティシエになるには?専門学校から、お店やホテルへの就職を目指すのが一般的な方法

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、なり方・就職の方法

パティシエとは、男性の洋菓子職人のこと。女性の洋菓子職人はパティシエールと呼ばれます。

「失恋ショコラティエ」や「洋菓子店コアンドル」などドラマや映画の影響で人気職業の仲間入りをしたパティシエ。

同じお菓子であっても、創造性と独創性で世界に1つだけのスイーツを生み出せるパティシエのお菓子は、芸術作品レベルと唄われることもあります。

日本のみならず、海外でも大きなコンクールが開催され、技術が競われている人気職業のパティシエですが、どのようにしてなるのでしょうか?

パティシエになるためには?

パティシエになるための方法は、専門学校に通ってから就職をする方法と、いきなり就職を目指す方法の、大きく2つあります。

専門学校から、就職を目指すのが一般的な方法

パティシエを目指す1番一般的な方法は、専門学校で知識・技術を磨き、洋菓子店やホテルなどに就職することです。

専門学校には、実習が多いところ、就職に力を入れているところ、海外での研修プログラムが充実しているところなど、学校によって特徴はさまざま。

有名な専門学校としては、辻調理師専門学校・レコールバンタン・服部栄養専門学校・武蔵野調理師専門学校・日本菓子専門学校などがあげられます。

夜間に授業がおこなわれている専門学校もあるので、自分の性格・目標・ライフスタイルに合わせ学校を決めましょう。

また専門学校に通うことで、洋菓子の製作テクニックはもちろん、栄養面についての知識を深めることもできます。

さらに専門学校生であれば、求人情報を迅速にゲットできたり、直接お店から入社オファーがもらえたりと、就活に関してもメリットがあります。

いきなり就職を目指す方法

もう1つの方法は、ホテルや洋菓子店の面接を受けて採用してもらうやり方です。未経験からのスタートになるため、募集の多くはアルバイト雇用になります。

働きながら、知識と技術を身につけ、正社員を目指していきましょう。責任のある仕事を任させるまでには時間がかかるかもしれません。しかし実際の仕事現場で働くことになるため、専門学校卒業者よりも経験の点ではリードできます。

パティシエの世界は実力主義なので、学歴などが、売上に関係してくることはありません。

パティシエになるために必要な資格は?

パティシエになるために必須になる資格はとくにありません。しかし下記の資格を保持していると就活で有利になるでしょう。

  • 製菓衛生師
  • 菓子製造技能士

このような資格は、一定の技術や知識を持っていることの証明になります。また製菓衛生士の資格は養成施設で1年以上学ぶか、2年以上の実務経験が受験資格として必要になるので、資格取得には注意が必要です。

パティシエとして活躍するために必要な能力

パティシエとして活躍するためには、体力・根性・正確さ・丁寧さに加え、創造性・独創性が求められます。

パティシエは体力や根性がいる職業。重たい食材を運んだり、大量のクリームを混ぜたりするので、想像以上に筋肉が必要です。

また材料は細かく計量されているため、少しのミスで味が変わってしまうことがあります。正確さや丁寧さも求めらます。

さらに新スイーツの研究・開発もおこなわなければなりません。創造性と独創性を駆使した、美的センスも問われます。味はもちろんですが、見た目も重視されるため、美的感覚が優れているということは重要な点なのです。

まずは転職サイトで可能性を

パティシエへの転職を考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録しましょう。リクナビNEXTには、お菓子に関われる仕事への転職実績もあります。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTに登録する(無料)

関連した記事

社会福祉士になるには?国家資格合格後、福祉施設などに就活しよう

社会福祉士とは、さまざまな障害を持つ人たちの相談に...

2019年08月22日, 職業別、なり方・就職の方法

ルポライターになるには?質の良い記事を書くために現場取材力も必要

ルポライターとは、社会的な事件・事案の最前線で、臨...

2019年08月21日, 職業別、なり方・就職の方法

工芸家になるには?卓越した独創的なセンスが必要

美しい器など、綿密な手作業によって作られた作品は不...

2019年08月08日, 職業別、なり方・就職の方法