エディトリアルデザイナーをやめたい・転職したい。編集力を活かせる仕事がおすすめ

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、いまの仕事から転職するには?

雑誌や書籍など、出版物の紙面や内容を編集するエディトリアルデザイナー。出版業界で仕事をすることにあこがれを持つ人も多く、人気の職業でもあります。

しかし出版業界は昨今厳しい状況であるため、転職したいという人も多くいるというのが現状です。また業界だけでなく、エディトリアルデザイナーという職業そのものにたいして将来性を感じられないという人もいます。

今回は、エディトリアルデザイナーをやめたいと思ったきっかけや、おすすめの転職先についてみていきます。

エディトリアルデザイナーをやめたい・転職したいと思ったきっかけ

エディトリアルデザイナーから転職したいと思う理由のひとつに、業界全体の先行きが不透明というものがあります。

昨今では、雑誌や書籍など、紙媒体の出版物は不況が続いています。代わりに、Web媒体のものが流行するなど、廃れていく業界にやりがいを感じられなくなってしまう人もいます。

また、看板から広告、紙面媒体からロゴにWebなど幅広く総合的なデザインを担当するグラフィックデザイナーに比べ、エディトリアルデザイナーはデザインの範囲が狭く将来性が感じられないと思ったときに転職を考えます。

エディトリアルデザイナーにおすすめの転職先

エディトリアルデザイナーから異業種の転職先に転職を考えるのであれば、おすすめの転職先はウェブデザイナーです。

ウェブデザイナーはWebサイトをデザインする仕事なので、エディトリアルデザイナーが持つ媒体を動かす知識や設計していく技術を活かすことができます。

Webページを作るノウハウと、雑誌や書籍製作する能力は似ているので、スムーズに転職先の仕事をこなすことができるでしょう。

ウェブデザイナーとして今までの経験を生かして働けば、異業種で慣れない仕事に取り組むよりも、ずっと早く第一線で活躍できるようになります。

エディトリアルデザイナーをやめる・転職する前に考えておくこと

エディトリアルデザイナーから転職するときに考えておきたいことは、エディトリアルデザイナーをしての仕事ができる人は一握りであるということです。

エディトリアルデザイナーという仕事は、一般的な仕事として認知されていません。そして、その特殊な職種で働いている人もごくわずか。そのため、なろうと思ってもなかなかなれる仕事ではありません。

その希少性のメリットを十分に考慮したうえで、転職を考えましょう。

エディトリアルデザイナーからの転職を考えているなら

エディトリアルデザイナーからの転職を検討しているなら、マイナビエージェントに登録しましょう。マイナビエージェントは大手の転職サイトで転職実績も多数あるので、まずは情報収集したい人にもおすすめです。

登録すると、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで紹介してくれるので、あなたにあった転職先が見つかるでしょう。

さらに、書類の添削、面接対策、スケジュール調整など転職活動全般のサポートを無料でおこなってくれます。

マイナビエージェントに登録する(無料)

エディトリアルデザイナーに関連する記事

エディトリアルデザイナーになるには?デザイン事務所への就職が最短の道

エディトリアルデザイナーは、本屋で売られている冊子...

2019年08月02日, 職業別、いまの仕事から転職するには?

エディトリアルデザイナーの年収・給与は?働き方によって給与額も異なってくる

エディトリアルデザイナーとは、書籍・雑誌・カタログ...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?

デザイン・広告の仕事に関するその他の職種