警備員になるには?危険が伴う可能性があるため、厳しい研修を受ける必要がある

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、なり方・就職の方法

警備員は、さまざまな場所を守る大切な仕事です。店舗や駐車場、会社などで見かけることが多いでしょう。事故の発生警戒・緊急事態対処・不審者への対応・避難誘導・負傷者や急病人に対する応急手当・事件や事故の現場保存などが主な仕事になります。

ただし警察官ではないため、職務質問や現行犯以外での逮捕、取り調べなどの権限は一切ありません。2016年には、警備業者は9,400社、警備員数は常勤と非常勤合算で54万人いるといわれています。

その場所の治安を守る大切な仕事ですが、ときには危険を伴います。そのため、しっかりとした訓練を受けておく必要もあります。警察官の護身術を学ばせる講義をしている警備業者は多いようです。そんな警備員ですが、どうしたらなれるのでしょうか?

警備員になるためには

警備員には必要な資格はありません。そのため、警備会社の採用試験に受かり、研修を受ければ、警備員として勤務することは可能です。

警備員の採用には、新卒での募集と、中途での募集があります。新卒の場合、経験をなるべく多く積んでほしいので、学歴よりも若さが重視されます。そのため、大卒者よりも、高卒者が優遇されます。また現場の裏方を経験させることで、管理職へと育てたいという考えがあります。

中途採用もたびたびおこなわれています。慢性的な人不足の影響で、採用難易度は高くなく、未経験者であっても比較的合格しやすいようです。共通しているのは、どちらも勤務する前に厳しい研修があるということです。

ただし勤務する現場によって、勤務内容や給与面に違いがあります。警備員になりたいとひとくくりに考えるのではなく、どんな場所で警備したいのかを考えましょう。

合格後は、研修をしっかり受けなくてはいけない

警備は、ときに危険を伴います。犯罪者やテロリスト、不審者等と対峙する可能性があるからです。警察官が到着するまでの間、警備員は依頼人や依頼された場所を守る必要があります。しっかりと対応を知っていないと身に危険が迫ることもあります。したがって研修は細かくしっかりとおこなわれます。

研修がしっかりとおこなわれるため、未経験者を募集している警備会社も少なくありません。

実際に、道路舗装現場において、警備員がローラーに激突され死亡したケースや海に隣接する原子力発電施設にて敷地内を車両にて巡回中、車両ごと海に転落し警備員が死亡した事故なども引き起こっています。

中途で警備員に転職するのは可能?

新卒採用を強化している警備業者は多いですが、中途採用をしている警備業者も多くあります。正社員雇用だけではなく、契約社員・アルバイトで社員を募集している企業も多いです。

警察庁が2018年におこなった実態調査では、工事現場・交通誘導・イベントなどでの雑踏警備など、およそ90%以上の業者が人手不足と感じていると回答しています。

とくに2018年は、東京オリンピックに向けて建設ラッシュが進んでいるため、都内を中心に警備員の人材確保を積極的におこなわれています。

そのため、無資格・未経験で警備員を目指すのは難しいことではないでしょう。

ただし身元保証人が2名程度必要になるケースが多いです。警備員は信頼関係が非常に大切になってくる職業のため、身元保証人の提示を求められることが多くなっています。

アルバイトなどの非正規雇用での契約であれば、身元保証人を用意する必要はありません。

警備員になるために必要な資格

上記でも触れたように、警備員に必要な資格は特にありません。しかし、施設警備検定・空港保安警備検定・交通誘導警備検定・貴重品運搬検定などは、持っておくと重宝されるでしょう。

現場には一定の割合で有資格者を配置しなければならないという決まりがあるので、所持していると採用されやすくなります。

そのほかに、柔道や護身術を身につけておくことをおすすめます。護身術は自分の身を守るのに役立ちます。通常は警戒棒を配布され緊急時には使用するのですが、護身術を修得しておくとさらに安全性が高まります。

警備員として、活躍するために必要な能力

警備員として活躍するために必要なのは責任感です。その場所は自分が守っているという責任感は、警備をするうえでもっとも大切です。

さらに、施設利用者やお客さんとコミュニケーションを取る機会が多いため、コミュニケーション能力も必要です。

自分が配属されている現場に起きたことは、すべて管理するんだという使命感が仕事へのやる気を維持させます。自分を含む周囲に危険が伴うこともあるので、まじめに研修を受け、緊急時に柔軟に対応できるという資質も必要になります。

緊急事態や不測の事態の際に問われるのは機転の利いた対応です。どんな状況でも正しい判断を下す判断力も大切です。

警備会社を選ぶときのポイントとは?

警備の仕事は主に、施設警備・交通誘導・雑踏警備・輸送警備・身辺警護・機械警備に分けられます。

車や人を誘導する交通誘導はアルバイトでよく見られる求人です。深夜勤務があったり、日給支払いがあったりするのがメリットでしょう。

祭りやイベント会場の警備をする雑踏警備は、短期間のみ働きたい人におすすめの仕事。花火大会など大きなイベント時には、時給も高く拘束時間短い、優良求人が出ることもあります。

警備員のアルバイトを探しているのであれば、約90万件の仕事が掲載されているアルバイトEXで職探しをすることをおすすめします。

アルバイトEXに登録する(無料)正社員勤務できる警備会社を探している場合は、施設警備をおすすめします。ほかの警備仕事よりも、モニター質など室内で働ける可能性が高く、肉体的ストレスがかかりにくいためです。

また大手企業の警備員として雇ってもらうことができれば、福利厚生も充実しています。

警備員への転職を考えているなら転職エージェントがおすすめ。転職エージェントは、内定をもらえるまでキャリアアドバイザーが無料で、しっかりサポートをおこなってくれるサービスです。

業界最大手の転職エージェントであるリクルートエージェントは、実績と知名度的安心感で転職成功実績No.1。取り扱い非公開求人は業界最大級の約10万件を誇っています。

リクルートエージェントに登録する(無料)マイナビエージェントは、徹底的なヒアリングで転職者の強みを引き出すしてくれるのがメリット。

理想の条件だけでなく、特性を見抜いてぴったりの職場も紹介してくれます。履歴書添削・面接対策などのサポートも充実しているため、はじめて転職をおこなう人でも安心でしょう。

複数サイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることができます。両転職サイトとも、登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみてみるのがいいでしょう。

マイナビエージェントに登録する(無料)

関連した記事

講談師になるには?弟子入りと厳しい修行がプロになる条件

講談師とは、高座におかれた釈台(しゃくだい)と呼ば...

2019年08月08日, 職業別、なり方・就職の方法

コンシェルジュになるには?常に冷静に対応できるよう、幅広い知識が求められる

コンシェルジュとは、もともとフランス語で「管理人」...

2019年08月06日, 職業別、なり方・就職の方法

介護士になるために必要な9の適性と資質:コミュニケーション能力が必須!

65歳以上の高齢者は増加の一途を辿り、2007年に...

2019年07月29日, 職業別、なり方・就職の方法