司書教諭になるには?「司書教諭」と「教員免許」両方の資格が必要

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、なり方・就職の方法

司書教諭とは、学校図書館の運営・活用を担当する教員です。図書館教育に関するスペシャリストといえるでしょう。

主に学校図書の選定・管理、子どもへの読書指導などをおこなうことなど、学校図書館に関すること全般が仕事になります。

2003年から文部科学省により、12学級以上の学校には司書教諭を必ず置くことが義務付けられたため、生徒にとっても身近な存在になりました。

そして司書教諭になるには、図書に関する専門知識や子供の教育に関することまで、幅広い知識が必須です。

司書教諭のなり方

司書教諭は、学校図書館の運営とともに、教員としての業務もこなさなければなりません。司書教諭になるには、まず教員・司書の両単位が取得できる大学や短大で学ぶことが必須です。

両資格が取れる大学は、国士舘大学・成蹊大学・東海大学・和光大学・別府大学・聖徳大学・四天王寺大学・関東学院大学・國學院大學・大東文化大学などがあげられます。

大学や短大では、小学校・中学校・高等学校・特別養護学校の教員になるために教育実習などで教員としての知識を身につけながら、司書としての専門知識を習得します。

資格取得後は、教員採用試験を受けなくてはいけない

しかし教員免許と司書教諭の資格を取得したからといって、卒業後すぐに司書教諭になるわけではありません。

司書教諭は一般的に、教員としての業務の兼務が必要です。そのため、小学校・中学校・高等学校の教員として採用されなければなりません。

教員として採用されたあと、司書教諭を任命されてはじめて司書教諭として働くことが可能になります。

公立学校の職員は公務員になるため、公務員試験を受験することになります。一方私立学校の場合は、その学校独自の採用試験を受け、合格しなければなりません。

複数の学校で司書教諭を受け持つこともある

また自治体によっては教員との兼任ではなく、複数学校の司書教諭を同時に任せられる司書教諭を採用する場合も。

なかには学校事務員が学校図書館の業務を兼任する場合もありますが、その場合は「学校司書」と呼ばれ、司書教諭と区別しています。

司書教諭に必要な資格

司書教諭になるには、「司書教諭」と「教員免許」両方の資格が必要です。

小学校・中学校・高等学校・特別支援学校、いずれかの教員免許を取得した上で、学校図書館司書教諭講習を受講。そこでようやく、司書教諭の資格を取得することができます。

司書教諭は「資格」なので免許状はなく、司書教諭講習修了証書が文部科学省から交付され、更新制度はありません。

また学校図書館司書教諭講習は、大学に2年以上在学し、62単位以上を修得している人も受講することができますが、教員免許がないと司書教諭として働くことはできないので注意が必要です。

司書教諭として活躍するために必要な能力

司書教諭になるには、必要な能力として、書籍に対する知的好奇心があることはもちろん、生徒に適切に情報を伝えることができることが必要になります。

そして、司書教諭は教員としての側面もっています。ときには、生徒の気持ちに寄り添いながらも厳しく指導する場面も。そのためにも指導力やコミュニケーション力、統率力は欠かせません。

また、生徒が楽しく親しめるようなアイデアを生みだすために、本のあらゆる分野に精通していてトレンドに敏感であることは必須です。そしてなにより、自分自身が本を楽しめることが最も必要な能力です。

関連した記事

看護助手になるには資格が必要?必須ではないが、民間資格の取得が望ましい

看護助手とは、病院や診療所で看護師のサポートをする...

2019年07月29日, 職業別、なり方・就職の方法

秘書になるには資格が必要?秘書技能検定試験が有利な資格

秘書は企業の重役や政治家、大学教授など、組織の上位...

2019年07月29日, 職業別、なり方・就職の方法

アクチュアリーになるには?合格率10%の試験を突破しなくてはいけない

アクチュアリーとは、保険数理士とも呼ばれる仕事。各...

2019年07月29日, 職業別、なり方・就職の方法

いま話題の記事