エグゼクティブ・プロデューサーをやめたい・転職したい。転職するなら制作や企画力を活かそう

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、いまの仕事から転職するには?

映画や音楽などの製作権を持っているエグゼクティブ・プロデューサー。監督やプロデューサーと呼ばれる人たちよりも上位にあたるエグゼクティブ・プロデューサーは、現場を総合的に指揮したり金銭的な管理をすることが仕事です。

音楽業界でいえば朝妻一郎氏や上原徹氏が有名で、音楽のエグゼクティブ・プロデューサーは、楽曲の最終チェックをおこなっています。

会社の代表者や社長、権利所有者や理事・役員待遇の人がエグゼクティブ・プロデューサーを任されることがほとんどです。そのため、エグゼクティブ・プロデューサーをやめたいと思うのは、仕事が嫌になったからというよりも、作品制作に直接関わりたいと思ったときが多いでしょう。

今回は、エグゼクティブ・プロデューサーの転職事情についてみていきます。

エグゼクティブ・プロデューサーをやめたい・転職したいと思ったきっかけ

エグゼクティブ・プロデューサーから転職しようと思ったきっかけは、実際の現場の仕事ができなくなってしまったからというのが多いです。

エグゼクティブ・プロデューサーとなると、現場を総合的に指揮するのが仕事になるので、実質的な仕事は若い人に任せるだけとなりがちです。結果として、現場で自分の思うように仕事をすることができなくなってしまいます。

それがきっかけとなってエグゼクティブ・プロデューサーからの転職を考えるようになります。

エグゼクティブ・プロデューサーにおすすめの転職先

テレビや音楽のエグゼクティブプロデューサーには、マスコミ関係の仕事がおすすめです。マスコミ関係の仕事であれば、エグゼクティブ・プロデューサーとして働いていた期間に得た知識や経験を活かすことができます。

マスコミ関係の仕事の中でも、大規模なテレビ局の番組制作がエグゼクティブ・プロデューサーにはおすすめです。エグゼグティブプロデューサーとしてこれまで大規模な映画制作・音楽制作に携わってきたので、その経験が活かせるうえ、今まで築いた人脈があるので比較的容易に職を探すことが可能です。

また、仕事にもすぐ馴染むことができるので、年齢を重ねている場合でも安心して転職できるのがテレビ局の仕事です。

エグゼクティブ・プロデューサーがテレビ局の仕事に転職すれば、さまざまな現場で若手の仕事を指導しながら一緒に作品を作ることができます。テレビ局の仕事の場合は、大きなチームで動くことが多いので、自分の思うような作品を手がけることができ、満足度も高いでしょう。

エグゼクティブ・プロデューサーをやめる・転職する前に考えておくこと

エグゼクティブ・プロデューサーから他の仕事に転職する前に考えておきたいことは、転職する前よりも収入が低くなる可能性が高いということです。エグゼクティブ・プロデューサーは現場の総責任となるので、平均より高い収入を得ています。

同じ業界の中ではエグゼクティブ・プロデューサーよりも地位の高い仕事は珍しく、転職するときに同等の仕事に就けるとはかぎりません。また、他の業界へ転職するとなると、新人同様の扱いとなることがほとんどでしょう。

そのため、エグゼクティブ・プロデューサーよりも給与面ではめぐまれない職に就く可能性が高いということを、視野に入れておくことが重要です。

エグゼクティブ・プロデューサーからの転職を考えているなら

エグゼクティブ・プロデューサーからの転職を検討しているなら、マイナビエージェントに登録しましょう。マイナビエージェントは大手の転職サイトで転職実績も多数あるので、まずは情報収集したい人にもおすすめです。

登録すると、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで紹介してくれるので、あなたにあった転職先が見つかるでしょう。

さらに、書類の添削、面接対策、スケジュール調整など転職活動全般のサポートを無料でおこなってくれます。

マイナビエージェントに登録する(無料)

関連した記事

寿司職人をやめたい・転職したい。職人としての経験を活かそう

真っ白な割烹着に身を包み、鮮やかな包丁さばきを見せ...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?

海事代理士をやめたい・転職したい。転職するなら細かな事務作業の経験を活かそう

海事代理士とは海事に関する法律に基づいて申請や登記...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?

運転代行をやめたい・転職したい。転職するならコミュニケーション力を活かそう

お酒を飲んだときに、運転手の代わりに車を運転する運...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?

いま話題の記事