イラストレーターをやめたい・転職したい。転職するなら創造力を活かして働こう

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、いまの仕事から転職するには?

イラストレーターは絵を描くことが主な仕事です。

さまざまな絵を描くイラストレーターは、書籍・ポスター・雑誌といった雑誌などの印刷物のほかに、Web やゲームのイラストを担当することもあります。

仕事として絵を描くイラストレーターはクライアントの意向に沿った作品を作る必要があり、自分が描きたいものだけを描くといった画家のような自由さはありません。そのため、もっと柔軟な働き方を求めて転職を考える人もいるでしょう。

今回は、イラストレーターをやめたいと思ったきっかけやおすすめの転職先についてみていきます。

イラストレーターをやめる・転職するきっかけ

イラストレーターの仕事は激務です。1度仕事に取りかかるとなかなかその仕事から離れることができず、集中して取り組まなければなりません。その結果身体を壊してしまい、転職を考えるきっかけとなることも。

また、イラストレーターは毎日あまり人と話さずに仕事をしていることが多いので、自分だけで考えをまとめなければならないことも大変な要素の1つです。

イラストレーターにおすすめの転職先

イラストレーターからの転職には、メーカーなどの商品企画部や広報宣伝部のような仕事がおすすめです。商品企画や広報宣伝には創造力が必要となるので、イラストレーターとしての経験は間違いなく活かせるでしょう。

イラストレーターは、商品の背景にあるさまざまなコンセプトを視覚化し、皆でイメージを共有するためのツールとしてデザインやイラストを活用することができます。

例えば商品企画の際にデッサンでアイデアを提示すればみんなでイメージを共有しやすくなりますし、広報宣伝部であればイラストをWebページなどで公開することも可能です。

商品企画部や広報宣伝部といった部署は、メーカーであればどんな会社でもあるものなので、求人数も多く転職先を見つけやすいという特徴があります。

イラストレーターとして働いた経験は企業でも重宝される経験となるので、その経験を活用して転職活動をおこなうと上手くいくでしょう。

イラストレーターをやめる・転職する前に考えておくこと

イラストレーターは専門性が高い仕事なので、異業種への転職は非常に難易度が高いです。同業種の転職であれば比較的転職は容易ですが、異業種であるとなかなか就職が決まらないということも少なくありません。

そのため、転職活動のときには自分ができることと希望する職種とすり合せることが大切です。また、仕事をやめる前にきちんと転職について調べておくことも大切となります。

イラストレーターからの転職を考えているなら

イラストレーターからの転職を検討しているなら、マイナビエージェントに登録しましょう。マイナビエージェントは大手の転職サイトで転職実績も多数あるので、まずは情報収集したい人にもおすすめです。

登録すると、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで紹介してくれるので、あなたにあった転職先が見つかるでしょう。

さらに、書類の添削、面接対策、スケジュール調整など転職活動全般のサポートを無料でおこなってくれます。

マイナビエージェントに登録する(無料)

関連した記事

弁理士をやめたい・転職したい。将来性に不安を抱えている。

知的財産の権利を得るために必要な特許。権利を得るた...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?

パタンナーをやめたい・転職したい。デザイナーとの人間関係がうまく保てない

パタンナーはデザイナーが作成したデザインをもとに、...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?

エグゼクティブ・プロデューサーをやめたい・転職したい。転職するなら制作や企画力を活かそう

映画や音楽などの製作権を持っているエグゼクティブ・...

2019年07月29日, 職業別、いまの仕事から転職するには?

いま話題の記事