芸妓になるには?見習いとしての長い修行期間がある

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、なり方・就職の方法

芸姑とは、唄や日本舞踊で宴席を盛りあげ、おもてなしをする人のことです。京都を中心とする花街の置屋に所属し、旅館や料亭などで開かれる宴席で舞踊やおはやしを披露するのが主な仕事となります。日本の伝統芸能として海外からの注目度も高い仕事ですが、芸妓なるためには長い期間に渡る修行が必要です。

ここでは、芸妓のなり方や必要な資格について紹介します。

芸姑になるには?

芸姑になるには、まず舞妓(関東では「半玉」と呼ばれます)として16〜20歳までの間、修業を積むのが一般的です。舞妓は芸妓になる前の未成年(15〜20歳くらいまで)を意味します。

舞妓として15歳頃から置屋で先輩(姉さん)達と共同生活をおこない、稽古が中心の生活になります。修行を通して、芸者の世界にある厳しいマナー・しきたり・季節の決まりごとなど、細かなルールを習得していくのです。舞妓として生活している間は、お座敷に荒れた手はそぐわないとして、水仕事や掃除、洗濯などは禁止となります。

舞妓は修行中の身なので賃金はありませんが、稽古、身だしなみにかかる費用や生活費は全て置屋の負担です。舞妓には芸事に集中して取り組める環境が整っていると言えます。

20歳になると、芸事を続けるか選択をしなければなりません。芸の道で生きていくことを決めたならば、舞妓を卒業して置屋を離れ、芸姑(芸者)として自分で生計を立てることとなります。お客さんからお座敷にお呼びがかかると、料亭や旅館などに出向いて接客して芸を披露することで報酬を得るのです。

修行で身につけた能力によってお座敷に呼ばれるかどうかが決まる、実力主義の世界と言えます。自分のスキルをアップさせるために稽古を続けながら、茶屋や料理屋への挨拶回りをこまめにし、馴染みを作る努力が欠かせません。

芸姑の賃金は?

芸妓になると、お座敷に出たときに客が払う料金の一部を賃金として得ることが可能です。客の払うお金は「お花代」と呼ばれ、2時間ほどのお座敷に5万円前後のお花代が相場と言われています。茶屋や料理屋の取り分は差し引かれますが、数件掛け持っているとそれなりに良い収入が期待できるでしょう。

芸姑に必要な資格とは?

芸妓になるには、修行時代である舞妓としての期間が必要となるのが基本です。舞妓には15〜20歳という年齢制限があるため、20歳を過ぎていると舞妓になる資格は失効です。

ただし、最近では大学・短大の卒業後や、社会経験を積んだ後に芸妓を目指す女性も増えており、舞妓の経験がなくてもお座敷に出る芸妓は少なからず存在しているのが現状です。舞妓を経ずに芸妓として活動する場合、舞妓と同様に置屋へ所属して稽古に励むこととなります。

芸妓には年齢制限がありませんが、結婚と同時に引退するのが一般的となっています。

芸姑として活躍するために必要な能力

芸姑として活躍するためには、かなり高い芸が求められます。芸妓は自分の芸だけで生計を立てなければならないので、修行のうちから芸を磨いておくことが大切です。

また、芸姑として生きていくには、自分で自分を売り込んでいくことが必要。そのため、芸姑として活躍するためには自分をプロデュースするセルフプロデュースする能力も要求されます。置屋との関係を良好に保つために、コミュニケーション能力の高さも欠かせません。

関連した記事

電気工事士になるには?国家資格を取得し、電気工事メーカーなどへの就職を目指そう

電気工事士は電気配線工事をする人のことを指します。...

2019年07月29日, 職業別、なり方・就職の方法

演出家になるには?自ら立ち上げることで経験を積むことができる

「演出家」とは、舞台作品である舞踏やオペラ、演劇や...

2019年07月31日, 職業別、なり方・就職の方法

介護士資格なしでもOK!介護助手・介護補助ってどんな仕事?

介護の仕事をしてみたいけれど、介護士の資格を持って...

2019年07月29日, 職業別、なり方・就職の方法

いま話題の記事