介護福祉士になるには?福祉系のキャリアの中でも唯一、国家試験での認定が必要な仕事

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、なり方・就職の方法

「介護福祉士」とは、高齢者や障害者など介護を必要とする人たちに対して、日常生活を滞りなく送れるようにするための支援をおこなう人たちのことです。介護福祉士になるには複数の方法がありますが、いずれも国家試験に合格する必要があります。

ここでは介護福祉士のなり方や必要な資格、活躍するために必要な能力について理解を深めましょう。

介護福祉士になるには?

介護福祉士になるためには国家試験を受ける必要があり、受験資格を得る方法として代表的には3つのルートがあります。

福祉系の高校を卒業する

福祉系の高等学校を卒業することで、介護福祉士の国家試験の受験資格を得ることが可能です。実技試験が免除され、筆記試験に合格すると介護福祉士として登録されます。

ただし、特例高等学校の場合は卒業後9か月以上の実務経験が必須。特例高等学校を卒業した人が受験を申し込むとき、実技試験の有無を選択することができ、無しを選択すると介護技術講習を別途受ける必要があります。

養成施設に通う

未経験の人が介護福祉士の受験資格を最短で得るためには、養成施設に通うのがおすすめ。高校や大学卒業後、養成施設として指定されている専門学校に入学し、1〜2年の課程を修了することで、受験資格を得ることが可能です。養成施設の卒業者は国家試験で実技試験が免除され、筆記試験に合格すると介護福祉士の資格を得ることができます。

実務経験を積む

実務経験が3年以上あり、実務者研修を修了している人は、福祉系の学校や養成施設を卒業していなくても受験資格を得られます。この場合、実技試験は免除されるので筆記試験のみです。

試験に合格したら、求人に応募して介護福祉士に

試験に合格して介護福祉士の資格を得たら、まずは希望する就職先を見つけなければなりません。病院・老人ホーム・デイサービスセンターなどの求人募集から応募して、採用試験に合格することで介護福祉士として働くことができます。

介護福祉士に必要な資格

介護福祉士として必要な資格は、介護福祉免許です。公益財団法人社会福祉振興・試験センターがおこなう国家試験に合格することで、この免許を取得できます。試験は筆記と実技があり、試験の合格率は6割を割る程度。

試験は年1回開催され、筆記試験と実技試験は別日におこなわれます。試験会場は筆記試験が全国34か所に対し、実技試験は東京都と大阪府のみ。受験手数料は1万5,300円です。

介護福祉士で活躍するために必要な能力

介護福祉士として必要な能力としては、代表的に以下の2つが挙げられます。

  • 責任感
  • 思いやり

介護福祉士として重要なのは、介護対象者の命を預かっていることを認識できる強い責任感です。常に介護者のことを考えて行動し、過ごしやすい生活を作ってあげる思いやりも忘れてはなりません。

介護福祉士に関連する記事

介護福祉士の年収は?国からの援助も始まり、今後年収は上がっていく可能性が高い

介護福祉士とは、怪我や病気、高齢化により、自分の力...

2019年07月29日, 職業別、なり方・就職の方法

介護福祉士をやめたい・転職したい。忙しい職場環境で人間関係がギスギスしている

2025年には団塊の世代が75歳を迎え、介護需要は...

2019年07月29日, 職業別、なり方・就職の方法

介護福祉士はつらい、きつい?離職率はほかの職種よりも高い16.8%

2013年に実施された厚生労働省の調べによると、介...

2019年07月29日, 職業別、なり方・就職の方法

介護・福祉・心理の仕事に関するその他の職種