ビジネスの場における「存じております」の意味・使い方・注意点

JobStep編集部
公開, 更新 , ビジネス用語

「存じております」という言葉は、日常生活ではあまり使う言葉ではありませんが、ビジネスではよく使われる言葉です。

言い慣れていないと、なかなかすぐにパッと出てくる言葉ではありません。しかし、目上の人に対して「知っています」と答えるのは失礼な印象を与えるので、「存じております」は使えるようになっておいた方がいいでしょう。

以下では、「存じております」の意味や使い方についてまとめています。きちんと理解して、正しい敬語が使えるビジネスパーソンを目指しましょう。

「存じております」の意味

「存じております」は「知っている」の謙譲語です。相手に対してへりくだった表現で、目上の人に対して使用します。

目上の人からの問いに対して「知っています」と答えるのは少々乱暴な印象があるので、「存じております」と敬語表現にすることで柔らかい印象に換えることができます。

「存じております」の類語

「存じております」の類語としては「承知しております」があげられます。「承知しております」も「知っている」の謙譲語ですが、「承る」という物事を受け取る意味合いの言葉も含まれています。

そのため、「知っている」だけでなく、あとに何らかの行動を取る意味合いが強い表現だといえます。

「存し上げております」との違い

「存じております」に似た表現として「存じ上げております」という言葉があります。この2つの使い分け方としては、「存じ上げております」の対象が「人」であるのに対して、「存じております」は「物」に対して用いることです。

「存じます」との違い

「存じております」も「存じます」も、「存じる」いう言葉を丁寧にした表現となります。「存じる」の意味は「思う・知る」ですが、それに丁寧語である「ます」をつけたものが「存じます」です。

「存じております」が「知る」という意味合いが強いのに対し、「存じます」は「思う」という意味合いが強い言葉だといえます。

「存じております」の使い方

「存じております」は上司や目上の人に使える

「存じております」は「知っている」の謙譲語のため、上司や目上の人に使っても失礼にあたりません。逆に「知っている」という表現は幼稚で、尊敬の念が薄れますので、「存じております」を上手く使いましょう。

「存じておりますか?」は誤り

「来週、会議があるのを存じておりますか?」というような使い方は間違いです。「存じております」は尊敬語ではなく謙譲語ですので、相手が知っているかを確認する際には使用しません。

このような場合は「知る」の尊敬語である「ご存じ」を使って、「来週、会議があるのをご存じですか?」と尋ねましょう。

関連した記事

ビジネスの場における「失念」の言葉の意味・使い方:注意点は?

ビジネスの場で、会議の時間などをうっかり忘れてしま...

2019年07月29日, ビジネス用語

ビジネスの場における「滅相もない」の意味・使い方・注意点

ビジネスの場でよく使われる「滅相もない」という言葉...

2019年08月29日, ビジネス用語

ビジネスの場における「となります」の言葉の意味・使い方・注意点

「となります」はビジネスの場においてもよく使われる...

2019年09月13日, ビジネス用語