アナウンサーになるには?キー局の倍率は1,000倍以上になることも・・・

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、なり方・就職の方法

人気職業であるアナウンサーは採用試験が高倍率であることでも知られています。

日刊スポーツの記事によると、日本テレビ放送網・テレビ朝日・TBSテレビ・テレビ東京・フジテレビジョンのいわゆる在京キー局のアナウンサー試験では、毎年各局およそ3,000人が受験をしています。しかしその中から合格できるのは各局2~3人。倍率は約1,000倍にもなります。

そんな中アナウンサーとして内定を勝ち取った学生の多くは、就活が始まる前の早い段階から「アナウンサーになるにはどうすればよいか」を意識して様々な取り組みをしているようです。

そこで今回は、アナウンサーになるにはどうすればよいか、その具体的な方法などを紹介します。

アナウンサーになるには?

アナウンサーの勤務先は大きく分けて「ラジオ局」と「テレビ局」があります。

さらにテレビ局では「地方局」「準キー局(主に大阪)」「キー局(主に東京)」と分けられます。

アナウンサーになるには、これらいずれかの企業の求人募集に応募し選考をパスする必要がありますが、採用難易度は「ラジオ局」<「地方局」<「準キー局」<「キー局」の順で高くなり、キー局ではときに1,000倍以上の採用倍率となることがあるようです。

また芸能プロダクションに所属してフリーのアナウンサーになる方法もありますが、これらは芸能界経験者などが就職するケースも多く、テレビ局・ラジオ局と比べ、一概に難易度が低いというわけではありません。

アナウンサー採用試験について

アナウンサーの採用試験は、通常の職種とは違った選考になります。基本的には、下記のような流れで試験が進んでいくことが多くなります。

書類選考・エントリーシートの提出

1次面接(グループ面接・1対1の面接などさまざま。原稿読み試験があることも)

カメラテスト(カメラの前でフリートークをおこなうなど)

講習会・筆記試験

2次面接

3次面接

最終面接

カメラテストや原稿読みなどは、人生で体験したことがない人も多いでしょう。そのため、アナウンサーを目指す人は、基本的にアナウンサー養成スクールに通うことが多くなります。

ただし、決してスクールに通わないとアナウンサーになれないわけではありません。

アナウンサースクールについて

アナウンサースクールでは、採用試験のための練習をおこないます。発生練習・滑舌対策・写真撮影練習・原稿読み練習・メイクレッスン・自己表現力をアップさせる訓練も実施されます。

有名なアナウンサースクールには、日テレ学院・テレビ朝日アスク・TBSアナウンススクール・東京アナウンスセミナーなどがあげられます。

地方にもアナウンサースクールはあり、レッスン内容・レッスン費が異なるため、どこに所属するかきちんと見極めることが大切です。

ただしキー局のアナウンサースクールが人気になっています。その局に在籍するアナウンサーや元アナウンサーが講師として招かれるため、より実践に近い形式で講義をしてもらえることが魅力でしょう。

ただし生徒が多く、個人レッスンの時間が少ないことがデメリットとしてあげられます。

キー局は基本、夏に大学3年生に向けたセミナーを開きます。そのため3年生時点ではスクールに入学していることが望ましいでしょう。当然、早ければ早いほどアナウンサーの技術レベルを高めて就活にのぞむことができます。

アナウンサーになるために出ておくべき大学とは?

アナウンサーになるために、絶対に出ておかなくてはいけない大学はありません。

しかし倍率が高いキー局・準キー局では国立大・有名私大から優秀な学生が応募してくることがほとんどです。

竹内由恵氏(テレビ朝日)・青木裕子氏(元TBS)は慶應義塾大学の出身。皆藤愛子氏(セント・フォース)・馬場典子氏(元日本テレビ)は早稲田大学出身。

倍率が高い職業のため、ある程度の学歴がないと、書類選考を通過できないことも少なくありません。国立・私立、文系・理系は問いませんが、最低でもMARCH(明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学)は目指すべきでしょう。

さらに竹内由恵氏は2006年のミス慶応、青木裕子氏も2001年のミス慶応、田中みな実氏は2007年青山学院大学の準ミスとなっています。

やはり人前に立って仕事をする職業のため、ある程度のルックスは求められるアナウンサー。人気女子アナはミスコン出場者が多く、アナウンサー希望の女性はミスキャンパスを目指すことが今でも多くなっています。

アナウンサーの中途採用タイミングはいつ?

NHK・キー局・準キー局は、放送局としての規模も大きく、アナウンサーの数も多いです。しかしながら、アナウンサーを新卒で定期採用して自社で教育をおこなうため、中途採用での入社は難しいと言わざるを得ません。

一方、地方局では、アナウンサーに欠員が出た場合に不定期で採用をする場合がありますし、アナウンサーとしてのスキルを持った即戦力を求めています。そのため、中途採用でテレビ局のアナウンサーを目指すなら、地方局を狙うのが現実的と言えます。

同様に、ラジオ局のアナウンサーも規模が大きいほど新卒中心、規模が小さいほど中途採用が中心です。

さらにインターネット放送では、自社でアナウンサーを採用せず、フリーのアナウンサーと契約している場合もあります。

中途採用のアナウンサーはHPなどで募集されますが、放送局の数が多いので現実的ではありません。そこで求人サイトを利用するか、アナウンススクールに通って情報を取得するのが良いでしょう。

アナウンサーになるために必要な資格

ラジオ局、テレビ局のアナウンサーになるには4年制大学卒が応募資格となっている場合がほとんどですが、ほかに特別な資格が必要ということはありません。

しかし上記でも触れたように、倍率が高いキー局・準キー局では国立大・有名私大から優秀な学生が多数応募するため、差別化を図るためにもアピールできる資格があるに越したことはありません。

アピール性が高い資格・スキルは、英検・TOEICや中国語検定などの語学力が証明できる資格や、気象予報士などになるでしょう。

そのほかにも面接のさい話題づくりのために、面接官の気を引くユニークな資格を取得してもアピールポイントの1つになります。

また滑舌や発声の専門的なトレーニングを受けておくと、転職のときに有利になるかもしれません。

アナウンサーになるためのトレーニングは、下記などで受講することが可能です。

  • キー局主催のアナウンススクール
  • 東京アナウンスアカデミー
  • 東京アナウンススクール

アナウンサーに向いている人

アナウンサーになるための資質は様々ですが、当然「向き」「不向き」もあります。次のような特徴のあるひとは「向いている」といえるでしょう。

切り替えが早い人

アナウンサーは情報を伝える仕事ですので自分の感情や体調によって違った印象を与えていてはいけません。特に私生活で嫌なこと、悲しいことがあっても仕事ではそれを感じさせないような切り替えが必要です。

これがスムースにできる人はむいているといえます。

周囲を気にする人

アナウンサーの多くは実名で登録していますし、その声や姿を不特定多数にさらす仕事です。自分が届けた情報がどのように伝わっているか、あるいは自分がどのように思われているかを常に気にすることが成長へとつながります。

自尊心が強い人

アナウンサーとして成長する人は自尊心が強く成長欲求が高いといわれています。高い倍率を潜り抜け、自分の言葉で多くの人に情報を届け続ける仕事ですので、自分を卑下する人よりは、肯定的に見ることができる人が向いているといえるでしょう。

うまく気持ちを切り替えられる人

アナウンサーというのは、原稿の種類によって微妙に表情や声のトーンなどを使い分けているものです。

例えばニュースの原稿を読む場合、明るい話題であれば、表情や声からも明るさが伝わるように読み上げますし、反対に悲しい話題なら、悲しみを表すように原稿を読みます。

また、プライベートで気持ちが落ち込むこともあるでしょう。しかし、そんな場合でも変わらずアナウンサーとしての業務はこなさなければなりません。

視聴者など大勢の人から見られたり聞かれたりする職業ですので、中途半端なごまかしは通用しません。

その時々で、自分の中の気持ちを素早く切り替えることができなければ、アナウンサーとしてやっていくことは、難しいかもしれません。

物怖じしない人

放送中のトラブルや予期せぬ出来事などが発生した場合、アナウンサーは冷静な態度でその場をうまく収めなければなりません。

他の一般的な職業でもトラブルはありますが、アナウンサーは視聴者やリスナーなどがいる手前、大きなプレッシャーの中でトラブルに対処することになります。

そのような場合に物怖じしない人であれば、冷静な気持ちで臨機応変に対応することができるでしょう。

勉強熱心な人

アナウンサーのスキルは、知識や情報が大きなウエイトを占める職業です。一般教養はもちろんのこと、最近の時事問題や専門的な知識でさえも必要とされる場合があります。

アナウンサーはただ用意された原稿を読み上げればよいと思っている方もいるかもしれませんが、実際は取材などがあれば、自ら下調べや原稿の内容などに関わる場合もあります。

スポーツなどの中継解説などの場合は、その時々の状況に合わせたコメントや情報も入れ込まなければなりません。膨大な知識や情報がなければ、とても務まらない職業です。

膨大な知識や情報を身につけるには、やはり日々の勉強しかありません。新しい情報や知らない知識を身につけることが好きな人は、アナウンサーに向いているといえるでしょう。

アナウンサーとして活躍するために必要な能力

人気職種で高倍率であるアナウンサーになるには、ほかのライバルより秀でた能力をアピールしなければなりませんが、そのためには入社後にアナウンサーとして活躍するために必要な能力を知っておく必要があります。

アナウンサーに必要な能力は複数ありますが、主なものをご紹介します。

話す力

アナウンサーは言葉を使って情報を届ける仕事ですので聞き取りやすい声や言葉で話す能力が重要となります。面接試験でチェックする最重点項目といっても過言ではありません。

面接時には現行の読み上げをさせられることが多く、この試験対策のため、アナウンサースクールに通っている人も少なくありません。

伝える力

アナウンサーはニュースなど決められた文章をただ読むだけでなく、視聴者がより理解しやすいように物事を整理して伝えなければなりません。ゆえに物事の本質を理解し自分の言葉で伝える練習が欠かせません。

好印象を与える力

アナウンサーは局や番組の顔となる存在でもあります。声で、あるいはテレビ局の場合は見た目でも好印象を与え続ける必要があるのです。そのため人に好印象を与えることのできる声・笑顔・姿勢や身だしなみなどは常に意識しなければなりません。

まずは転職サイトで可能性を

アナウンサーが活躍する主な場は、テレビ局です。テレビ局は、日本放送協会(NHK)、キー局(日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビ)、準キー局(讀賣テレビ放送、朝日放送、毎日放送、関西テレビ)、各都道府県にある地方局に大別されます。

有名なのは、NHK・キー局・準キー局のアナウンサーですが、地方局まで含めるとアナウンサーの活躍の場は意外と広いです。

またラジオ局も地方局まで含めればとても多いので、特定の局にこだわらなければチャンスは十分にあります。

さらに最近では、BS放送・CS放送・インターネット放送などの発達に伴って、アナウンサーの活躍の場はさらに広がっています。

リクルートエージェントでは、アナウンサーに転職したいと考えているあなたを、転職のプロが全力でサポートしてくれます。転職に関する知識がなくても安心して利用できるのでおすすめです。

リクルートエージェントに登録する(無料)またTV局のアナウンサー以外にも、司会業によってアナウンサーの道を拓いていくことができます。他業界からアナウンサーや司会業へ転職することを考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録して、人前で話をする仕事から始めてみませんか?リクナビNEXTは、異業種からの転職にも多数の実績があります。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTに登録する(無料)

関連した記事

地方公務員になるには資格が必要?学歴不問の試験だが、年齢制限に注意

地方公務員は全国に2,000近くある自治体で、幅広...

2019年07月29日, 職業別、なり方・就職の方法

美術商になるには?鑑定方法や仕入れのノウハウを学ぶ必要がある

オークションなどで美術品を購入し、コレクターなどに...

2019年07月29日, 職業別、なり方・就職の方法

ネットワークエンジニアになるには?学校で知識をつけることで就活に有利

ネットワークエンジニアとは、コンピューターネットワ...

2019年08月02日, 職業別、なり方・就職の方法