ビジネスの場における「ありますでしょうか」の意味・使い方・注意点

JobStep編集部
公開, 更新 , ビジネス用語

ビジネスの様々なシーンにおいて「ありますでしょうか」が使われることはよくあります。しかし「ありますでしょうか」は正しい表現ではありません。

敬語を使う際に気をつけなければならないことの1つが、敬語が重なってしまう二重敬語。これは多くの人がうっかり使ってしまっているので、聞き慣れた言葉でも注意が必要です。

今回は「ありますでしょうか」の意味や正しい表現についてなど紹介していきます。恥ずかしい思いをしないように、きちんと確認しておきましょう。

「ありますでしょうか」は間違った表現

「ありますでしょうか」は「ある」の丁寧語「あります」に、丁寧語「でしょう」を重ねて疑問形にした二重敬語です。

1つの言葉に対して丁寧語は1つで十分なので、「ありますでしょうか」の二重敬語は間違った表現となります。

「ありますでしょうか」でも意味は通じますが、ビジネスの場ではふさわしくありません。正しい敬語表現を理解して使用するようにしましょう。

「ありますでしょうか」の言い換え

「ありますでしょうか」の類語としては「ありますか・おありですか・ございますか」があげられます。

「ありますか」という表現は正しい敬語ですが、そのニュアンスから上司や目上の人に使うことに抵抗を感じる人もいるかもしれません。そのため目上の人には「おありですか・ございますか」を使うとよいでしょう。

とくに多く使われるのは「ございますか」です。「おありですか」はそれよりさらに丁寧な表現になります。

「あるでしょうか」も使える

「ある」を敬語の疑問形にすると、「ありますか」または「あるでしょうか」になります。

そのため、「あるでしょうか」も文法的には正しい敬語表現です。しかし「ある」の敬語は「あります・ございます・おありになる」なので、「あるでしょうか」よりも「ありますか・ございますか・おありですか」のほうが適切な表現です。

「~ますでしょうか」は使わない

「ありますでしょうか」に限らず、「~ますでしょうか」がつくものは二重敬語なので使用しないようにしましょう。例えば以下のような言葉は言い換えが必要です。

  • ございますでしょうか
  • 「ございますか・ありますか・おありですか」などに言い換えできます。

  • いただけますでしょうか
  • 「いただけますか」などに言い換えできます。

  • いらっしゃいますでしょうか
  • 「いらっしゃいますか」などに言い換えできます。

関連した記事

ビジネスの場における「ご確認ください」の言葉の意味・使い方・注意点

ビジネスの場では、確認したり確認してもらうことは非...

2019年08月23日, ビジネス用語

ビジネスの場における「ご容赦ください」の意味・使い方・注意点

ビジネスの場で、自らの過失などに対して謝罪の言葉と...

2019年08月21日, ビジネス用語

ビジネスの場における「感謝申し上げます」の意味・使い方・注意点

ビジネスの場において、相手に感謝の意を伝える際に「...

2019年08月09日, ビジネス用語