ビジネスの場における「いただけます」の意味・使い方・注意点

JobStep編集部
公開, 更新 , ビジネス用語

「いただけます」はビジネスの場ではよく使用される言葉です。「お越しいただけますか」などと使用されます。

しかしこの言葉は似た表現も多く、使い方を間違えやすいため注意が必要です。今回は「いただけます」の意味や使い方について紹介していきます。

「いただきます」との違いについてもまとめているので、ぜひチェックしてみてください。

「いただけます」の意味

「いただけます」とは、「もらう」の謙譲語「いただく」に可能を意味する「〜ける・〜れる」、丁寧な表現である「~ます」がついたものになります。

「〇〇いただけますか」などのように使用し、「できたら〇〇してほしい」といった意味を表します。相手にへりくだりながら何かを依頼する際に使用される丁寧な表現です。

漢字の「頂けます」との違い

「いただけます」を漢字にすると「頂けます」となります。読み方は同じですが、ひらがなか漢字かによって使い方が微妙に異なります。

「もらう」という動詞の謙譲語として使う場合は漢字の「頂く」を使用しますが、補助動詞として使用する場合はひらがなの「いただく」を使うのが一般的です。

名詞の後につく場合は「頂く」、動詞の後につく場合は「いただく」と覚えておきましょう。

「いただきます」との違い

「いただけます」と一文字違いの言葉で「いただきます」があります。2つの違いを厳密にいうと、「いただけます」は可能の意味合いを持つのに対し、「いただきます」はより断定的な表現であることです。

「いただきます」との使い分け方

どちらも敬語であるため上司や目上の人に使っても失礼にはあたりません。ただ、何かを依頼する際は、「可能であるならお願いしたい」という意味合いがある「いただけますか」を使う方が適切です。

また、「いただきます」を用いてお願いする場合は「いただきますか」という表現ではなく、「いただきますようお願いいたします」という表現となります。

「いただけます」の使い方

「いただけます」は「~いただけますか」と相手に丁寧に依頼する際に使用するのがほとんどです。例えば、「メールをご確認いただけますか」は「もし可能であればメールを確認してもらえますか」を丁寧に表現しています。

同じ文で「いただきます」を使って「メールをご確認していただきますようお願いいたします」とすると、意味は「メールを確認してもらえますか」となります。

また、「いただけます」は依頼以外にも、「サービスをご利用いただけます」といった説明の文で使われることもあります。これは「サービスを利用することができます」という意味を丁寧に表現したものです。

この文にも「いただきます」を使ってみると、「サービスをご利用していただきます」となり、利用することが強制のような意味になってしまうので不適切な表現です。

「いただけます」をより丁寧に表現する

「いただけます」を「いただけますか」と使用するのも十分丁寧ではありますが、さらに丁寧な印象を与える表現があります。それは「~いただければと存じます」と「~いただけると幸いです」などです。

「~いただければと存じます」は「してもらえればと思っています」、「~いただけると幸いです」は「してもらえると嬉しいです」という意味になります。

その他の「いただけます」と似ている表現

「くださいます」

「いただけます」に似た言葉としては、「くださいます」が挙げられます。2つの違いは、「いただけます」が「いただく」の謙譲語であるのに対し「くださいます」は「くださる」の尊敬語であるという部分です。

大きな違いではありませんが、「くださいます」は可能という意味合いが込められていないので、「いただけます」よりも「いただきます」と同じように使用されるということに注意してください。

「いただけますでしょうか」

「いただけます」の疑問形を「いただけますでしょうか」と表現している人がいますが、正しい形は「いただけますか」です。

「いただけますでしょうか」では、「いただけます」という謙譲語と「でしょうか」という丁寧語が2つ存在しているため二重敬語となり、日本語の使い方としては正しくありません。

関連した記事

ビジネスの場における「ひいては」の言葉の意味・使い方・注意点

「ひいては」という言葉は、普段生活している中ではほ...

2019年07月29日, ビジネス用語

ビジネスの場における「マッチ ポンプ」の言葉の意味:気になる使い方や注意すべきこと

マッチポンプという言葉はあまり馴染みのない言葉かも...

2019年07月29日, ビジネス用語

ビジネスの場における「ございますでしょうか」の意味・使い方・注意点

「ございますでしょうか」を正しい敬語として、ビジネ...

2019年08月23日, ビジネス用語