ビジネスの場における「勝手ながら」の意味・使い方・注意点

JobStep編集部
公開, 更新 , ビジネス用語

自分の判断で何かをおこなったり決めた際に、「勝手ながら」とつけて相手に伝えることがあります。

このような言葉をクッション言葉といいますが、使うことが多いにも関わらず本来の意味や使い方を理解していない人も少なくありません。

とくに「勝手ながら」は使う状況を考えると、間違った使い方をした場合相手に悪い印象を与えかねません。

そこで今回は、ビジネスの場における「勝手ながら」の意味や使い方、注意点を紹介します。

「勝手ながら」の意味

「勝手ながら」は、相手に確認する前に自分の判断でおこなったことや決めたことを、あとから報告する際によく使用されます。また、相手に何かをお願いするにあたって、自分の都合を優先する際にも使用します。

ビジネスの世界では、相手に対しての心遣いを示す言葉のことを「クッション言葉」と呼びますが「勝手ながら」もその1つです。

「勝手ながら」は上司や目上の人に使える?

「勝手ながら」自体はとくに敬語表現ではありませんが、これらクッション言葉は目上の人に使うことができます。

「勝手ながら」は相手にへりくだる表現なので、失礼にあたることはなく丁寧な印象を与えます。

「勝手ながら」にはコミュニケーションを円滑にする効果も

ビジネスの場で相手に何かを依頼するさいに「勝手ながら」を使うと命令調になることがないため、コミュニケーションを円滑に図ることができます。

ただし「勝手ながら」という言葉を多用しすぎると、むしろ誠意が感じられなくなるので、使用する頻度には気をつけましょう。

「勝手ながら」の使い方

「勝手ながら」を使用する場合は、「勝手ながら」の前後に配置する文章を敬語表現にする必要があります。また、「勝手ながら」の前に「誠に」を置くことで、さらに丁寧な表現にすることができます。

「勝手ながら」を使う際の注意点

「勝手ながら」は便利な表現ですが、あまり多用しすぎないよう注意しましょう。基本的に、1つの文章において本当に必要な1ヶ所だけに使うのが適切な使い方です。

具体的には、誰かに何かを依頼する場合、最初か最後の部分に「勝手ながら」を挿入します。

「勝手ながら」の言い換え

「勝手ながら」を言い換える際に使用できるのは、以下のような言葉が挙げられます。

  • 恐れ入りますが
  • 恐縮ですが
  • お手数おかけしますが
  • ご面倒おかけしますが
  • 申し訳ございませんが
  • 勝手ではございますが

お願いをする際の「勝手ながら」の言い換え

相手にお願いをする際に使う「勝手ながら」の言い換えには「恐れ入りますが・恐縮ですが・お手数おかけしますが・ご面倒おかけしますが」などがあります。

これらは、依頼をすることで相手に面倒をかけてしまい申し訳ないという気持ちを表しています。

おこなったことを報告する際の「勝手ながら」の言い換え

相手に相談する前に、自らの判断で決定・行動したことに関する報告をおこなう際には「申し訳ございませんが・勝手ではございますが」と言い換えることができます。

このような場合には、自分の判断でおこなった経緯や理由などについてもきちんと述べると相手からの理解も得やすく丁寧な印象になります。

関連した記事

ビジネスの場における「ご連絡ありがとうございます」の言葉の意味・使い方・注意点9つ

ビジネスメールや電話などで良く聞かれる「ご連絡あり...

2019年07月29日, ビジネス用語

ビジネスの場における「何卒」の意味・使い方・注意点

「何卒」という言葉は、ビジネスでよく使っている方は...

2019年07月29日, ビジネス用語

ビジネスの場における「承る」の言葉の意味・使い方・注意点

「承る」を初めてみたとき読めなかったという経験があ...

2019年08月09日, ビジネス用語