キャリアと仕事のステップアップを応援 JOBSTEP[ジョブステップ]

ビジネスの場における「お取り計らい」の意味・使い方・注意点

JOBSTEP 編集部
公開, 更新 , ビジネス用語

「お取り計らい」はビジネスの場ではよく使われる言葉です。しかし、日常生活ではほとんど耳にすることがないので、意味をきちんと理解していないという人は少なくないでしょう。

「お取り計らい」は目上の人に対して使うことが多くある言葉なので、誤った使い方で相手に失礼なことにならないよう注意が必要です。

今回はビジネスの場における「お取り計らい」の言葉の意味や使い方、注意点などを紹介します。

「お取り計らい」の言葉の意味

「お取り計らい」とは「取り計らう」という動詞に「お」が付くことで敬語として使用できる言葉です。

そして、「取り計らう」とは物事を上手く処理するという意味。つまり「お取り計らい」も、物事を上手く処理するといった意味を持ちます。

「お取り計らい」の使い方

目上の人に何かを頼むとき

「お取り計らい」という言葉は、上司や取引先など、目上の人に何かを頼むときに使用します。

例えば、「お取り計らい頂きますよう、お願い申し上げます」といった使い方が基本です。

「お願い申し上げます」の一言で終わるよりも相手に丁寧な印象を与えることができます。

目上の人に感謝をするとき

「お取り計らい」の言葉は、目上の相手に感謝をするときに用いられます。

その場合は「お取り計らいいただき、ありがとうございます」といったように使用されます。

「お取り計らい」は口語・文語、どちらでも使用可

「お取り計らい」という言葉は、メールや手紙で頻繁に使うイメージがありますが、口語でも多用される言葉です。

ただし声に出して言おうとすると、噛みやすいワードなため、慣れないうちは「お気遣い」や「ご配慮」など、言いやすい類語で代替するといいでしょう。

自分を主語にして使いたい場合

相手ではなく自分を主語にする場合、「お取り計らい」はどのように使えばよいのでしょうか。

何度も書きますが、「お取り計らい」は目上の方に対して使う敬語です。

そのため、自分を主語にしてそのまま使うことはできません。

もし使う場合は、先頭の「お」を取り、「取り計らわせていただきます」といったように使うのが一般的です。

「お取り計らい」を使った例文

「お取り計らい」を使って感謝を示す場合には、「お取り計らいいただきありがとうございました」、または「お取り計らいくださりありがとうございました」などが例として挙げられます。

「いただき」と「くださり」は尊敬語か謙譲語かの違いなので、どちらを使っても失礼にはなりません。

依頼の際に使う場合には、より丁寧な印象を与えるためにも以下のような言葉を合わせて使うのが良いでしょう。

  • 恐れ入りますが
  • 恐縮ではございますが
  • お手数おかけしますが

「お取り計らい」を使用するときの注意点

相手を気遣うことではない

「お取り計らい」の言葉の意味を、相手を気遣うことだと勘違いしている人がいます。

これは明らかな間違いであり、そのまま覚えていると適切でない場面で使用して恥をかいてしまうかもしれません。

目上の人に使うべき言葉

「お取り計らい」は丁寧な言葉であり、目上の方に対して使うのが適切です。そのため、同期の社員や後輩に使用するのは避けましょう。

良い印象を持たれないこともある

「お取り計らい」という言葉自体は目上の人に対して使用する敬語で間違いありませんが、「取り計らう」という言葉自体に良い印象を持たない人もいます。

そのため、場合によっては「お取り計らい」ではなく、「お気遣い」や「お忙しいところお手数をおかけして」などに言いかえてもいいでしょう。

「お取り計らい」の類語

「お取り計らい」の代表的な類語としては、「お気遣い・お心遣い・ご配慮」などが挙げられます。

例えば、「お気遣い」の場合、「お気遣いいただきありがとうございます」といった使い方が一般的です。

関連した記事

ビジネスの場における「芳しくない」の言葉の意味・使い方・注意点

「芳しくない」はビジネスシーンではよく使われる言葉...

2019年07月29日, ビジネス用語

ビジネスの場における「夜分遅くに」の意味・使い方・注意点

急用が出来て連絡しなければならなくなった場合や、日...

2019年08月19日, ビジネス用語

ビジネスの場における「頂きたく存じます」の意味・使い方・注意点

さまざまなビジネスシーンで「~頂きたく存じます」を...

2019年08月09日, ビジネス用語