ビジネスの場における「心中お察しします」の意味・使い方・注意点

JobStep編集部
公開, 更新 , ビジネス用語

「心中お察しします」という言葉は、相手に対する気遣いを示す大切な表現です。しかしデリケートな場面で使われる言葉であるため、その使用については注意が必要です。

使う回数が少ない言葉ほど、その意味や使い方を正しく理解していなかったり、なんとなくのニュアンスで使ってしまっていたりすることが多々あります。

今回は「心中お察しします」の意味や使い方、注意点などについて紹介していくのでいざというときのためにしっかりと確認しておきましょう。

「心中お察しします」の意味

この言葉は相手を思いやり、同情の意を示すときに使用する言葉です。ビジネスの場でもよく使われています。

「心中」は相手が思っていること、「察する」は推察するという意味です。そのため「心中お察しします」で「あなたの気持ちがわかります」という意味になります。

相手に不幸な出来事や悲しいことがあったときに、相手の気持ちを推し量っている、相手の気持ちに共感しているということを示す意味で使用される言葉です。

「心中お察しします」の使い方

相手に同情の気持ちを伝えるとき

身近な人が亡くなってしまうなどして相手が落ち込んでいるときに使うことが一般的です。

相手に対して「気持ちはわかっているから、無理に話さなくて大丈夫だよ」という意味を伝えるときに「心中お察しします」という言葉を用います。

要求をおこなうときの決まり文句として

ビジネスの場においては、相手が大変な状況であっても自分の意見・要求を通さなければならない場合が多々あります。そのときにワンクッション置く言葉として使われるのが「心中お察しします」です。

例えば取引先の会社が経営難で支払いが滞ってしまいそうなとき。そのようなときでも相手の言い分を聞いてばかりでは自身の会社をまわすことが出来ません。

「忙しい状況は理解していますが (こちらにも都合がありますので)、期日までの支払いをお願いします」という気持ちを伝えたいとき、「心中お察ししますが、期日までにお支払いのほうお願い申し上げます」と表現をすると、やんわりと要求を通すことができます。

あいづちとして

ビジネスシーンにおいては「心中お察しします」は軽い意味で用いられる場合もあります。例えば相手がちょっとした不満などを持っているとき。「その気持ちわかります」と合いの手を入れるような使い方をします。

相手は愚痴を聞いて欲しいだけですので、細かい状況を把握して欲しいと願っているわけではありません。必要なのはちょっとした同意です。そのような場合にも「心中お察しします」という言葉は使用可能です。

ビジネスシーンで用いるときの注意点

相手の状況を知ること

この言葉を使う上で重要なことは、相手の状況を知ることです。

「心中お察しします」という言葉は相手の気持ちを察しているという意味ですので、適切に相手の状況を把握したうえで使わないと失礼に当たります。

例えば自分が失恋をしたとき。細かい話を知らずに失恋したという事実だけを知って「気持ちがわかります」と言われると、「何が分かるんだ」という気分になります。ビジネスのシーンでもそれは同様です。

決まり文句や合いの手として用いるときはともかく、同情の意味合いを強くしてこの言葉を用いるときには、相手の状況を正確に把握したうえで使いましょう。

相手の性格を把握すること

他人からみたら大変な状況であっても、その人の性格によっては深刻に受け止めていない場合があります。

例えば、ほとんど寝る間もなく働いている人に対して、周囲は「大変そう」と思うでしょう。しかし実際には、その人にとって働くことが生きがいになっており「大変だ」と思っていいないこともあります。

このような場合に「心中お察しします」と使ってしまうと「何が?」と返答されてしまうかもしれません。

その人自身も自分が不幸だ、大変だと感じている場合のみこの言葉を用いるようにしましょう。

雰囲気を把握すること

この言葉を使う上で大切なことは雰囲気を察することです。深い同情を表わす意味でこの言葉を用いたい場合、相手は深刻な悩みや状況を抱えていることでしょう。

深刻に悩んでいる人には、言葉のかけ方1つでも気をつかう必要があります。何も声をかけずにそっとしておいた方がいい場合もありますし、相手ともう少し深く話した後でこの言葉を言うべき場合もあります。

使うときの雰囲気をよく見極めてから、この言葉を使いましょう。

第三者からの噂をあてにしないこと

第三者からの噂をあてにして、この言葉を使うのは危険です。噂には尾ひれがつきもの。話を聞いた人の主観も入ってしまうので、結果として事実とは大幅に異なる噂が広まっている可能性もあります。

そのため誤った噂をもとに同情してしまうと、事実とは異なることに同情することとなり、相手に違和感や不快感を与えてしまいます。

上司に使うとき

「心中お察しします」は便利な言葉ですが、上司に使うときには注意が必要です。この言葉自体は敬語として使えますので、上司などの目上の人に使っても問題ありません。

しかし安易にこの言葉を使ってしまった場合には、「自分の何がわかるんだ」となってしまい、失礼に当たります。目下の人に「気持ちがわかる」と偉そうに言われたと思われてしまうこともあるでしょう。

何か一言付け加える

この言葉を合いの手ではなく深い同情の意で使うとき、何に同情の意を示しているのか一言付け加えるほうが無難です。

例えばただ一言「心中お察しします」というと、場合によっては「本当にわかってるのか」や「適当に流そうとしているだけではないか」という印象を受けてしまう場合があります。

そう思われないようにするためにも、前の話の流れで相手の大変な状況を理解している意を伝えたり、簡潔に自分の似た体験談を交えたりしましょう。そうすることでより相手の気持ちがわかった上でその言葉を使っていることを示すことができます。

ただし身近な人が亡くなった人に対しては長く話さずそっとしておいた方がよい場合もあります。そのような場合は「お悔やみ申し上げます」など他の言葉で代用しましょう。

「心中お察しします」の言い換え表現

「心中お察しします」の言い換え表現には「お気持ちお察しします・胸中お察しします・ご心痛お察しします・ご心労お察しします」などが挙げられます。いずれも相手の不幸や悩み、痛みを思いやる表現です。

「お気持ちお察しします」は「あなたの気持ちが分かります」という意味で、「心中お察しします」と同じように使用できます。また、「胸中お察しします」も「あなたの(胸の内にある)辛さ・悩みが分かります」といった意味なので、同様に言い換えられます。

「ご心痛お察しします」は相手の心の痛みに同情する表現で、「心中」よりもさらに悲しみや辛さが強く、深い苦しみにあることを表します。

「ご心労お察しします」は相手が精神的に苦しんでいる、気に病んでいる際に適した表現です。悩み事が尽きず苦労している人に対して使われます。

関連した記事

ビジネスの場における「ご連絡ありがとうございます」の言葉の意味・使い方・注意点9つ

ビジネスメールや電話などで良く聞かれる「ご連絡あり...

2019年07月29日, ビジネス用語

ビジネスの場における「差し支えなければ」の意味・使い方・注意点

ビジネスの場において、相手に尋ねごとをする際に使用...

2019年08月19日, ビジネス用語

ビジネスの場における「頂きたく存じます」の意味・使い方・注意点

さまざまなビジネスシーンで「~頂きたく存じます」を...

2019年08月09日, ビジネス用語