ビジネスの場における「おざなり」の言葉の意味・使い方・注意点など

JobStep編集部
公開, 更新 , ビジネス用語

ビジネスの場において、適当な仕事っぷりを指して「おざなりな仕事」ということがあります。「おざなり」の意味はなんとなく理解しているという人が多いでしょう。

しかし、その由来やよく似た言葉である「なおざり」との違いまできちんと理解している人は少ないかもしれません。

似ているからといって、使い方や使う場面まで同じとは限りません。恥をかかないためにも、以下で紹介している「おざなり」の意味や「なおざり」との違いをぜひ確認してください。

「おざなり」の意味と由来

「おざなり」という言葉の意味は、物事をいいかげんにすませること、またその場しのぎで物事をこなすことです。

「雑・いいかげん・適当・おろそか」などといった言葉が同義語と知っておくと、意味もわかりやすいでしょう。

おざなりの由来

「おざなり」という言葉は、「御座なり」と書きます。使い始めは江戸時代までさかのぼって、もともと当時の宴会の席で、相手をおだてることを「御座なり」といいました。

これは全ての客をおだてるわけではなく、大金を使ってくれる客だけです。つまりその場その場(座)なりに、仕事をかえるということ。

臨機応変で良い意味になりそうですが、そこから次第に「その場限りの仕事をする」といった意味に変化しました。

「なおざり」との違い

「おざなり」に似た言葉に「なおざり」があります。両者の意味は少し異なっているので、それについてきちんと確認しておきましょう。

「なおざり」という言葉は、実は「おざなり」よりも日本語としては歴史が深いようです。「尚」と「去り」が合わさり、「何もしないまま」という意味合いが込められています。

つまり、「おざなり」と「なおざり」の違いは行動しているかしていないかです。

「おざなり」は行動はともなっていますがそれがいい加減・雑であること、「なおざり」は何もせず手を付けないままにしておくことということになります。

覚え方

「おざなり」の「お」は丁寧語の御。「ざなり」は、「座なり」。座は宴会の座です。

飲み会の席で、上司の話や他の人が話すつまらない話を「適当に」「いい加減に」聞き流している様子を思い浮かべて覚えるのがおすすめです。

「なおざり」も覚えるならば、「尚去る」から変遷してきた言葉と分かると覚えやすいです。「おざなり」は座にいますが、「なおざり」は去ってしまっています。

つまり、何もしないで放置しておくこと。こう考えると、2つの違いも分かりやすいでしょう。

「おざなり」と「なおざり」の使い方

  • 頼まれた仕事をおざなりにした
  • 頼まれた仕事をなおざりにした

この例文では、上の文は頼まれた仕事を適当にやったという意味ですが、下の文は頼まれた仕事をやらずに放置したという意味になります。

  • 会社は社員の意見をおざなりにしている
  • 会社は社員の意見をなおざりにしている

この例文は、上の文が会社が社員の意見を適当にきいている・いいかげんに対応しているという意味になりますが、下の文は会社が社員の意見を聞き入れていない・無視しているという意味になっています。

このように、両者の微妙な違いを理解しておくことで、それぞれを正しく使いこなすことができるようになります。

関連した記事

ビジネスの場における「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」の言葉の意味・使い方・注意点

ビジネスの上では、相手と上手くコミュニケーションを...

2019年09月13日, ビジネス用語

ビジネスの場における「平素より」の意味・使い方・注意点

ビジネス用語の中には、日常会話ではほとんど使われな...

2019年08月19日, ビジネス用語

ビジネスの場における「承る」の言葉の意味・使い方・注意点

「承る」を初めてみたとき読めなかったという経験があ...

2019年08月09日, ビジネス用語