ビジネスの場における「ご承知おきください」の意味・使い方・注意点など

JobStep編集部
公開, 更新 , ビジネス用語

「ご承知おきください」という言葉を聞いても違和感を感じる人は少ないかもしれません。しかし、よく使われているような言葉でも、実は正しくない表現や使い方であることも。

「ご承知おきください」もその1つです。一見丁寧な表現にも聞こえますが、使うのは避けたほうがいい言葉とされています。以下では、「ご承知おきください」の言葉の意味や使い方、注意点などを紹介していきます。

ビジネスパーソンは、敬語表現を相手に合わせて正しい使い方をすることが求められます。知らずに間違えていると恥をかくこともあるかもしれないので、この機会に正しい使い方を確認しておきましょう。

「ご承知おきください」の意味

「承知」は「知っている・聞き入れる・受け入れる」といった意味を持ち、「~(して)おく」は「前もって準備しておく」という意味を持っています。

それに尊敬語の「ご」と丁寧語の「~ください」がついたのが、「ご承知おきください」であり、意味は「知っておいてください・分かっておいてください」です。

例文は以下のとおりです。

  • この日はお休みをいただきますので、ご承知おきください
  • 時間の都合上、いくつかの要点に絞ってお話させていただくことをご承知おきください
  • ご希望に添えないこともありますが、ご承知おきください

敬語表現ではない

「ご承知おきください」は正しい敬語表現ではないので、目上の人や取引先、客に対して使うことはできません。

「~(して)ください」は命令の意味を持つ表現になってしまうので、相手に対して強制している印象を与えてしまいます。

また、「承知」は謙譲語だという考えもあるので、自分以外の人の行為に対して使うのは適していないというのも、正しい敬語ではないと言われる理由の1つです。

目上・取引先で「ご承知おきください」を使う場合

目上の方、取引先で「知っておいてください」ということを丁寧に伝えたい場合、「ご承知おきください」は使わない方がいいです。似た意味の、別の言葉に変えましょう。

似た意味の言葉「含みおき下さい」

言い換えの1つ目は、「含みおき下さい」です。頭の中に含めておいてください、知っておいてください、という意味になります。含みおくという言葉は謙譲の意味はないので、承知くださいということにはなりません。

似た意味の言葉「ご理解頂ければ幸いです」

1番簡単なのはこの言い方でしょう。「ご理解頂ければ幸いです」または「ご理解ください」という表現です。なぜ「ご承知おきください」を言いたいのかというと、相手にとって若干都合の悪いことが起こるため、事前に知っておいてほしいからです。

それにこの「ご理解頂ければ幸いです、ご理解ください。」はうってつけです。たとえば、「明日から2日間お休みをいただきますので、返信は3日後になります。ご理解頂ければ幸いです」となります。

これが逆に、「ご承知おきください」だと、相手に都合の悪いことを言っているのに、さらに謙譲しろと言っているようなものなので、かなり無礼な人間だと思われてしまいます。

似た意味の言葉「何卒よろしくお願いいたします」

「何卒」がついているので、若干命令の意味が強まってしまいますが、許容範囲内でしょう。ただ、使いすぎは禁物です。相手に対して「絶対にしなければいけません」という印象を与えてしまいます。

それを使うまでに自分の境遇を伝え、どうしてもわかってほしいという思いを最後に伝えるために「何卒よろしくお願いいたします」を使いましょう。

関連した記事

ビジネスの場における「伺わせていただきます」の言葉の意味・使い方・注意点

「伺わせていただきます」という言葉を聞いて違和感を...

2019年09月13日, ビジネス用語

ビジネスの場における「了解いたしました」の意味・使い方・注意点

「了解」は普段よく使われる言葉です。「了解」単体で...

2019年08月19日, ビジネス用語

ビジネスの場における「取り急ぎご連絡まで」の意味・使い方・注意点

ビジネスメールでよく「取り急ぎご連絡まで」という言...

2019年08月09日, ビジネス用語