ビジネスの場における「頂きたく存じます」の意味・使い方・注意点

JobStep編集部
公開, 更新 , ビジネス用語

さまざまなビジネスシーンで「~頂きたく存じます」を使った言い回しを耳にすることがあります。「~頂く」は他の言い回しの中でもよく使うので慣れているけれど「~存じます」はあまり慣れないという人は少なくありません。。

ビジネスシーンではあらゆる言葉の敬語表現を知っておく必要があります。「頂きたく存じます」は「存じます」がついていることで二重敬語になってしまっているのではないかと気になる人もいるでしょう。

そこで今回は、「頂きたく存じます」の意味や使い方について紹介します。「頂く」と「いただく」の使い分けについても紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

「頂きたく存じます」の意味

「頂きたく存じます」は、「頂く(いただく)」と「存じます」の2つの言葉が組み合わさってできています。「~してほしい」といった意味を持つ言葉です。

二重敬語ではない

「頂きたく存じます」は、「~もらいたい」の謙譲語「頂きたい」と「思います」の謙譲語「存じます」が組み合わさっている言葉であり、二重敬語ではありません。

二重敬語とは、同じ種類の敬語を重複して使ってしまっていることを指し、よくある例としては「ご覧になられる」があります。「見る」に対して尊敬語の「ご~になる」と、同じく尊敬語の「~れる」が重複している状態が二重敬語です。

したがって、「頂きたく存じます」は「頂きたい」と「存じます」の異なる言葉の敬語表現が合わさっているだけなので、一般的な謙譲語にあたります。

「頂く」と「いただく」の使い分け

漢字で「頂く」と書き表すのは、物質的なことに関して使います。「頂戴する」と漢字で表すように相手に何か物を要求するときに使用します。

また平仮名で「いただく」という場合には、行動的なことに関して使います。

「~してほしい」ときなど、相手に行動的なお願いを要求するとき「~してほしいと思う」ことに対して「~していただきたく存じます」と使用します。

「頂く」の使い方

こちらは普段の日常でもよく使用することの多い「頂く」です。

「コーヒーを頂けますか?」

「チラシを頂いてもよろしいですか?」

といったように「頂戴する」といった意味で使用します。

「いただく」の使い方

ビジネスでは実際に、この平仮名での「いただく」の方が多く使用されています。

「報告をしていただきたく存じます。」

「ご教示いただきたく存じます。」

といったように自分(自社)のために何か多少なりの時間を使って「~してほしいと思います」と使います。

「いただきたく存じます」の言い換え

「~してほしいと思います」という意味の言葉ですが、いつどこででも使用するべきかというとそうでもありません。

例えば、

  • 参加の出欠を◯日までにお知らせいただきたく存じます。
  • ご連絡いただきたく存じます

この2つの例文は少々不自然な部分があるため、表現を変える必要があります。

  • 参加の出欠を◯日までにお知らせいただきたく存じます。

これは、決して間違いではありませんが、なんとなくまわりくどい印象や強引に使ったような印象になってしまうので、「ご連絡いただければ幸いです」と言い換えたほうが綺麗にまとまります。

  • ご連絡いただきたく存じます

こちらも上記同様に、「いただきたく存じます」を「いただければと存じます」に変化させ、「ご連絡(を)いただければと存じます」が自然な表現です。

関連した記事

ビジネスの場における「お手数おかけします」の言葉の意味・使い方・注意点

ビジネスの場において取引先や目上の人などに、時間や...

2019年07月29日, ビジネス用語

ビジネスの場における「さしあたって」の意味・使い方・注意点

「さしあたって」という言葉は日常ではほとんど使いま...

2019年08月23日, ビジネス用語

ビジネスの場における「感謝申し上げます」の意味・使い方・注意点

ビジネスの場において、相手に感謝の意を伝える際に「...

2019年08月09日, ビジネス用語