ビジネスの場における「承る」の言葉の意味・使い方・注意点

JobStep編集部
公開, 更新 , ビジネス用語

「承る」を初めてみたとき読めなかったという経験がある人も多いのではないでしょうか。読み方は「うけたまわる」です。1文字に意外にも長い読みがつけられています。

この「承る」はビジネスの場で多く使われますが、何の敬語表現なのかはいまいち分かっていないという人も少なくありません。

そこで今回は、「承る」の意味や使い方、注意点などについて紹介します。正しく読むだけではなく、正しい使い方もできるようにチェックしておきましょう。

「承る」の意味

「承る」は「受ける・聞く」の謙譲語であり、「謹んで受ける・拝聴する」といった意味があります。

目上の人からの依頼に対して、あえてへりくだった言い回しにすることで、相手の立場を重んじる意を込めた表現になります。

「承る」の言葉の成立ち

「承る」に使われている「承」の文字には、「受ける・承知する」の意味があります。

「承る」は動詞である「受く」と動詞の「賜る」が複合してできた言葉であり、目上の人からの命令を「受け」「いただく」ことを表します。

「承る」の同義語

「承る」の同義語としては、「受諾する」や「引き受ける」などが挙げられます。

どれもビジネスの場ではよく使われる言葉ですが、「承る」は謙譲語であるため、客や上司など目上の人からの依頼、命令に対する表現です。

一方、「受諾する」や「引き受ける」は同僚や後輩からの依頼に対する表現なので、注意してください。

「承る」の反対語

「承る」の反対語は、「申す」や「申し上げる」になります。これらは「言う」の謙譲語になり、目上の人に対して意見・具申する場合に使われます。

また、目上の人からの依頼・命令に対して断る場合の謙譲語は「お断りします」となり、「承る」とは反対の意を持つ言葉になります。

「お断りします」を単体で使用すると冷たく聞こえてしまうので、「申し訳ありませんが」など謝罪の意を持つクッション言葉をつけると良いでしょう。

「承る」と「受け賜る」の違い

「承る」と混同しやすい言葉に「受け賜る」があります。

「受け賜る」には、目上の人から「意見などを頂戴する」という意味があり、「もらう」という意味の謙譲語と「与える」という意味の尊敬語から成り立つ敬語になります。

「承る」は「受ける」と「賜る」で成り立っている言葉ですから、間違いやすい表現ですが、「受け賜る」は「賜る」が強調された言葉だと覚えると良いでしょう。

文例に見る「承る」と「受け賜る」の使い分け

  • お客様からのご要望を承りました。

客からの要望に沿えるよう対応するという意になります。

  • お客様からのご意見を受け賜りました。

客から意見を頂戴したという意になります。

「承る」と「受け賜る」は非常に似通った意味を持つ言葉ですが、文例のとおり、要望や意見に対して「承る」は受諾することで行動が伴いますが、「受け賜る」は頂戴はしますが、直接的な行動は伴いません。

ちなみに「受け賜る」はビジネスの場ではあまり使用されなくなっており、結婚式のスピーチなどで使われることが多い言葉です。

「承る」を使った例文

反対の意で使う場合の「承る」

「お客様のご要望につきましては、当社の規定に違反するため、承ることはできません。」

目上の人からの依頼・要望が受け入れられない場合、「お断りします」を使うこともできますが、冷たい印象を与えます。

そこで例文では「承る」を打ち消す表現を使うことで、相手に丁寧な印象を与えています。

相手の要望を聞き出す場合の「承る」

「あいにく〇〇は、不在にしておりますので、よろしければ私がご用件を承ります。」

「承る」は目上の人からの依頼・命令に対して受動的に使われることが多い言葉ですが、例文のように相手からの依頼を引き出す際に使うこともできます。

関連した記事

ビジネスの場における「なので」の意味・使い方・注意点

ビジネスやフォーマルな場において、書き言葉と話し言...

2019年07月29日, ビジネス用語

ビジネスの場における「幸いです」の意味・使い方・注意点

ビジネスの場において、「幸いです」という言葉はよく...

2019年07月29日, ビジネス用語

ビジネスの場における「平素より」の意味・使い方・注意点

ビジネス用語の中には、日常会話ではほとんど使われな...

2019年08月19日, ビジネス用語