ビジネスの場における「感謝申し上げます」の意味・使い方・注意点

JobStep編集部
公開, 更新 , ビジネス用語

ビジネスの場において、相手に感謝の意を伝える際に「感謝申し上げます」という言葉を使うことがよくあります。とくに難しいような印象もなく、使いやすいと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし感謝の言葉を伝える大切な言葉であるからこそ、正しい使い方ができていないと相手に不快な思いをさせてしまうかもしれません。

そこで今回は、ビジネスの場における「感謝申し上げます」の言葉の意味や使い方、注意点などを紹介します。正しい方法で使用すれば、相手に感謝の気持ちがより伝わるはずです。

「感謝申し上げます」の意味と使い方

「感謝申し上げます」の意味

「感謝申し上げます」という言葉は「(相手に対して)感謝しています」という意味があり、「ありがとうございます」と同様に感謝の気持ちを表現しています。

ただし、「感謝」という単語に「申し上げます」という謙譲語が付いているため、上司や取引先などの目上の人に対して使用する言葉であることに注意しましょう。

「感謝申し上げます」の使い方

「感謝申し上げます」という言葉は「ありがとうございます」と比べてよりへりくだった表現ですので、ビジネスの場においては主に客や取引先に対して使用します。

「~をしていただき感謝申し上げます」「~をしていただいたことに感謝申し上げます」といった使い方が基本の使い方となります。

また、感謝の気持ちをより強調して伝えたいときは、「心より感謝申し上げます」「深く感謝申し上げます」といった使い方をすることが多いです。

そして「感謝申し上げます」の後に続けて何かを伝えたい場合、「感謝申し上げますとともに、~」といった言い回しをすると自然です。

「感謝申し上げます」を使った例文

  • 〇〇に関してご支援いただきましたこと、心より感謝申し上げます
  • この度は弊社の〇〇をご快諾していただいたうえ、迅速に対応していただきましたこと、重ねて感謝申し上げます
  • お足元が悪い中、わざわざご足労いただきまして深く感謝申し上げます

「感謝申し上げます」を使うときの注意点

同期や後輩にはあまり使われない

「感謝申し上げます」は敬語表現なので基本的に誰に対しても使用できる表現です。しかし謙譲語は目上の方に使うのが一般的であり、自分より下の立場の相手や親しい間柄の人に使うには適しません。

したがって、同期の社員や後輩に使用する場合には「ありがとう(ございます)」といった表現で問題ないでしょう。いつでも堅い言葉を使えばいいというわけではないので、状況に応じて使い分けることが大切です。

「誠に」と一緒に使わない

感謝の気持ちを強調して伝える際、「誠に感謝申し上げます」と言ってしまいがちですが、「感謝申し上げます」に「誠に」を付けるのは文法的に間違っています。

「誠に」は副詞で、「間違いなくある事態であるさま・本当に・実に」といった意味になります。そして副詞は、おもに動詞・形容詞・形容動詞を修飾する言葉になるので、感謝にかかる言葉としては不適切です。

もし「誠に」を使うのであれば、「誠にありがとうございます」が正しい使い方なので注意してください。

相手が主語の場合は使えない

あくまで自分を主語にして謙るという、謙譲語としての正しい使い方を徹底しましょう。

例えば、相手を主語にして「~様が感謝申し上げておりました」「感謝申し上げて下さい」と命令したりするのは、誤った使い方になります。

文中で多用しない

「感謝申し上げます」の使用は文中で1回に留めておきましょう。複数回使用しても失礼にはあたりませんが、文章が読みにくくなってしまいます。

ビジネスの場において文章を作る機会はたくさんあるので、稚拙な文章にならないように注意することは非常に大切なことです。

基本的には文語の表現

「感謝申し上げます」は、口語よりもメールや手紙で頻繁に使う言葉です。口語で使うとやや違和感がありますので、話しているときに感謝の気持ちを伝える場合は「ありがとうございます」を表現する方が自然でしょう。

関連した記事

ビジネスの場における「ご容赦ください」の意味・使い方・注意点

ビジネスの場で、自らの過失などに対して謝罪の言葉と...

2019年08月21日, ビジネス用語

ビジネスの場における「夜分遅くに」の意味・使い方・注意点

急用が出来て連絡しなければならなくなった場合や、日...

2019年08月19日, ビジネス用語

ビジネスの場における「承る」の言葉の意味・使い方・注意点

「承る」を初めてみたとき読めなかったという経験があ...

2019年08月09日, ビジネス用語