26歳無職の正社員就職を成功させる方法

JobStep編集部
公開, 更新 , 転職

26歳無職で正社員になるのは難しいと考える人も多いかもしれません。

無職と言っても、置かれている状況は人それぞれ。再就職につまづく人もいれば、これまで働いたことがないニートの人もいるでしょう。

しかし、26歳からの正社員就職は不可能なことでは決してありません。そのためにまず重要なことは、自分自身が置かれた状況を知り、そのために必要な行動をすることです。

そこで今回、26歳という年齢で無職でも正社員として成功させることのできる方法を紹介していきます。

26歳無職の厳しい実態

26歳で正社員を目指す人が置かれた状況は、大きく分けて二つに分類できます。

ひとつは一旦就職したあと退職し、その後は事情があって再就職できなかった人。もう一方は、就職活動の失敗や病気といった理由でこれまで働いた経験がない人、すなわち職歴の有無です。

一般に、中途採用では経験と実績が重視されます。そのため、職歴がない人は職歴がある人に比べると正社員登用のハードルは高いでしょう。

つまり職歴がない人は、不利になってしまうということです。

そして同世代の社会人に目を向けると、26歳という年齢はすでに職歴3年で仕事にも慣れています。店長やリーダーといった責任ある立場を任されていることもめずらしくありません。

これから新しい職場に就職するとなると、同い年の上司や、年下の先輩の下で働くことになるでしょう。

そうした環境で上手くやっていけるか不安に感じて、就職活動が上手くいかない人もいます。また、仮に就職しても3年ほどで退職すれば、その時はもう30歳目前です。もう失敗できないという重圧もかかってしまいます。

26歳無職に有効な3つの就職活動方法

26歳無職の実態は厳しい状況ですが、正社員になるというのは決して不可能なことではありません。

その理由は、今の時代労働人口が減少していて、どの企業も人手が足りないからです。無職でも一から教育してくれるような企業もあり、正社員になれる可能性も大きいです。

そこで、無職の人でも有効な就職活動の方法を紹介します。

1.転職エージェントに登録する

転職エージェントのサポートを利用するのは良い手段です。

一人で求人情報を見ていると、慎重に考え過ぎてなかなか踏ん切りがつかなくなります。焦るあまり、自分の希望を見失い、採用されやすい離職率の高い求人を選んでしまいがちです。

そこでエージェントと相談すれば、客観的な意見をもらえます。また、転職エージェントが紹介してくれる求人の中から、一人では思いつかなかったキャリアが見つかるかもしれません。

他にも転職エージェントを活用するメリットがあります。履歴書や職務経歴書の書き方指導や添削をしてもらえるサービスです。面接のマナーについての相談もできるので、職歴がない人には特に利点が大きいでしょう。

ただし、1つ注意点があります。転職エージェントは複数のサービスを比較したほうが良いということです。担当してくれるエージェントも人間なので上手く相性が合わないということは起こり得ます。

1つのサービスだけを頼りにしていると、壁にぶつかったときに就職活動自体が停滞してしまうリスクがあるのです。

2. 口コミを利用する

友人や知人からの口コミで仕事を見つける手もあります。

口コミで伝わってくる求人にはハローワークや求人サイトに掲載されない情報なので、穴場の企業を見つけることができます。例えば、家族経営的な小さな会社の人員補充や、長い期間を得て手に職をつける職人の仕事など。

26歳無職の人は、周囲に知られるのを恥ずかしく感じて、求職中であることを隠しがちです。しかし、新卒のように平等に機会が与えられない年齢だからこそ、チャンスは自分で作らなければいけません。

業界や会社によっては20代というだけで充分若くて喜ばれる人材です。知り合いへの仕事の相談が、今まで知らなかった仕事に気づくきっかけにもなるかもしれません。

3. 正社員登用制度のある求人に応募する

非正規雇用からスタートして正社員を目指す方法です。

携わりたい業務・業種が明確であるならば、実務経験を積むことができます。その後に、正社員登用の試験に受かれば正社員になることができます。

また、非正規雇用からは採用率も高く、経験を重ねていけば正社員になれる可能性も大きいでしょう。

ただし、会社の正社員登用実績はよく調べおいてください。正社員登用有りの非正規雇用と謳っていてもその実績は、全く正社員になった人がいないということあるので、注意が必要です。

26歳無職から正社員になるには、年齢、職歴、人間関係と就職には厳しい状態です。

しかし、今の時代だからこそ、無職から正社員になる可能性も大きくあります。

今の現状を変えたいという人は、今回紹介した方法を活用してみてください。きっと今までの人生と違った働きからが見つかるはずです。

関連した記事

8月に転職をするメリットとは?夏季休暇を使って転職準備をスムーズに進めよう

厚生労働省の2011年労働力調査によると、8月の転...

2019年07月29日, 転職

48歳の転職を成功させる方法まとめ。条件にこだわりすぎないことが鍵

転職業界には、「35歳転職限界説」といった定説があ...

2019年07月29日, 転職

パイロットに就職するためには・なるには?社会人は自費で免許を取る必要あり

パイロットはいつの時代も男の子の憧れの職業です。ず...

2019年07月29日, 転職