医師の年齢別年収・給料まとめ:勝ち組になるために

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、年収・給与事情

私たちの生活に欠かすことができない職業といえば医師でしょう。病気をした時、怪我をした時などにお世話になります。今回は医師の年収・給料についてまとめてみました。

医師は高給取りのイメージがとても強いです。しかし、実際にどのくらいもらっているのか知っている方は少ないのではないでしょうか。

今回紹介する給料はあくまで平均なので実際とは異なる部分もあるかもしれませんが、チェックしてみて下さい。

医師の年収・給料の平均

医師の年収そして給料は大学病院で働いた場合と開業した場合とでは変わってくるそうです。勤務医の平均年収は開業医よりも年収はやや低い、1450万円となっています。

しかし、大きな借金をし病院を開業ということをしていないので多額のお金が出ていくということはないようです。安定を求めるのであれば開業医よりも勤務医の方が良いかもしれません。

給料は月125万円ほど、手取り100万円より少し少ないくらいと思っていて良いでしょう。

勤務医の雇用形態についてですが、大学病院や総合病院、医師が何人もいるような大きな病院で働くということが多いようです。また、都内の病院で働くか地方の病院で働くかによって変わってきます。

一見都内の病院の方が給料がよさそうですが、地方で医師を募集しているところは多額の給料で医師を雇っているといった場合もあるようです。

年齢別医師の給料

勤務医の年齢別の給料についてみていきましょう。

20代前半 年収800万円 月給料53万円

20代後半 年収1,000万円 月給料66万円

30代前半 年収1,150万円 月給料72万円

30代後半 年収1,250万円 月給料82万円

40代前半 年収1,500万円 月給料92万円

40代後半 年収1,650万円 月給料104万円

50代前半 年収1,750万円 月給料111万円

50代後半 年収1,700万円 月給料106万円

60代前半 年収1,100万円 月給料75万円

となっています。あくまで平均です。50代が最も年収が高いようです。また医師はボーナスがいいようです。勤務医でないとボーナスはもらえません。

医科別に違う!?

医師といっても病院はたくさんあります。小児科、産婦人科、精神科…それぞれ医科によって給料が異なるようです。

麻酔科医の平均年収は1,000万円~1,800万円、精神系の平均年収は1,200万円、病理医の平均年収は1,450万円、産婦人科医の平均年収は2,000万円~3,000万円、小児科医の平均年収1,000万円~1,800万円となっています。

大学病院などに入っている場合と開業医とで違ってきますが、だいたい1000万円~3000万円くらいとなっています。

研修医の年収・給料

研修医とは、医師になる前の人のことです。多くの医師は研修医としてスタートします。研修医は医師ではなく、分かりやすくいえば見習いのようなものなので、年収・給料は医師と比べると低いです。

研修医の年収は平均300万円ほどのようです。給料は月に20万円ほどでしょうか。研修医の給料は、受け入れてくれる病院によって異なります。昔はかなり安く月5万円以下という驚きのところもあったようです。

しかし、そんな研修医のブラックさを受けて法改正されました。2004年には新・臨床研修制度がスタートしたことにより平均年収が上がったようです。

関連した記事

検察官の年収は?階級があがるにつれて昇給していく

検察官は、最高検察庁、高等検察庁、地方検察庁などに...

2019年07月29日, 職業別、年収・給与事情

大学教授の給料は高い?平均値で比べる大学教授の金銭事情

専門的な知識を持ち、大学などで学生たちに授業をして...

2019年07月29日, 職業別、年収・給与事情

銀行員の給料・キャリア紹介!銀行員は高給取りではない?

銀行員と言えば高収入な職業の代名詞で憧れの職業です...

2019年07月29日, 職業別、年収・給与事情