介護士の現場でよくあるいじめ:原因や対処法を紹介!

JobStep編集部
公開, 更新 , 職場の悩み・人間関係

介護士は、身体的・精神的な状況により日常生活が困難な人に対して、身の回りの介護を行う専門職です。

老人ホームなどに代表される入所型介護施設で、入浴介助や食事、排泄、レクリエーションに至るまで、介護者に対して幅広いお世話をすることが求められます。

そのため、ストレスの多い仕事です。ストレスがたまると、そのはけ口としていじめを選んでしまう人も少なからずいます。

これは介護士に限ったことではありませんが、介護士の退職理由の上位にいじめは常に入っているという現状があります。

そうした介護の仕事で起きるいじめに対して、その原因や解決方法についてみていきましょう。

また、職場を変えるというのも一つの手です。かいご畑は、無料登録すれば専任のコーディネーターがついてくれるため、相談に乗ってくれ、よい人間関係の職場を紹介してくれるでしょう。

加えて、転職先を決める前に職場見学もさせてくれるので、じっくり検討してから決めることもできます。本格的に転職を検討していなくても、コーディネーターに相談したり求人情報をチェックするだけでも、転職が選択肢の1つとなり、余裕も生まれてきます。

登録は無料でかんたんにできるので、ぜひ一度チェックしてみてください。

かいご畑に登録する(無料)

介護士のいじめの原因

職場環境

他の仕事の現場と比べて、介護士の現場でのいじめは深刻な場合が多いです。まずは、その原因から考えていきます。

介護の現場では、大体1人の要介護者に対して、3人のチームで対応することが普通です。

そのため、介護士同士の人間関係を密にすることが求められ、その分相手の嫌な所も余計に見えてきます。いい所よりも、そうしても嫌なところに目がいってしまうのは人間の性です。

また、仕事の相手は人によって差はありますが、体に不自由を抱えている高齢者の方です。そのためミスが文字通り命取りになる可能性は大きいでしょう。

介護士は通常のビジネスパーソン、オフィスワーカーにはない種類のストレスを抱えています。

もちろんそのストレスのはけ口を要介護者へ向ける訳もいかないので、それは別の介護士へのいじめという形で表れてしまうのです。しかも介護士は女性が多く、そのいじめが陰湿です。

さらに介護士の現場というのは閉鎖空間であることが多いので、なかなか外部者には分かりません。

大人になってからいじめを受けていることを家族に相談することも勇気がいるでしょうし、介護士同士の関係を取り持ってくれる存在もそうはいないでしょう。

ゆえに、一度始まってしまったいじめはなかなか止められず、それが介護士の離職率の高さに繋がっているといえます。

女性の世界

介護士は女性が働いている割合が多く、女性の世界があります。そのような環境の中で、お局の存在であったり、女性特有の人間関係が見られます。

女性社会では、歴や仕事のできだけではなく、周りとのコミュニケーションなども見られます。また、お局に好まれるかも重要なポイント。

そのため、新しい人が入るたびにいじめが発生するという現象が見られます。

介護士の職場はストレスが多い

介護士は、体力的にも精神的にも負担の大きい仕事です。そのため、常にストレスを抱えている人が多いでしょう。

このようなストレスから、いじめに発展するケースがあります。いい歳した大人なのにと、端から見ると思いますが実際に自分のストレスの吐け口を新人や立場の弱い人に向けていることがあるのです。

介護士はどのようないじめを受けているのか

介護の現場にはいじめが多いと言われています。では実際にどのようないじめを受けている人が多いのか見ていきましょう。

新人いじめ

多いのは新人いじめ、これが圧倒的に多いです。新人を厳しく管理・指導することは必要です。ミスに対して叱ることもあるでしょう。それは介護士に限らずどの仕事でも同じです。

しかし、業務外の時間、場所での暴言や自身の人間性を否定するような発言は、いじめと捉えていいでしょう。

新人の方は、そのようないじめを受けたとき自分が仕事が出来ないのがいけないんだ、と自分を責めてしまいがちです。

仕事上のミスや、説明を受けたにも関わらず、何度も同じことを聞いてしまうことで叱責されるのは仕方のないことです。ただ、それが仲間はずれや、責任転嫁、陰口や無視に繋がっているのであれば、それは完全ないじめです。

新人いじめは、もちろんある程度上の立場の人から受けるものなので、その人よりも下の立場にいる回りの人は、そのいじめを見て見ぬふりすることが多くなってしまいます。

止めたり、注意をしたりしたら、もしかしたら自分がいじめられるのではないかという恐怖心があるからです。

確かに日々ストレスにさらされている介護の現場に、仕事の分からない新人が入ってくれば、受けいれる側の立場としてはイライラしてしまう場面もあるかもしれません。

しかしそれが業務遂行を妨害するようなレベルであるならば、許されるものではありません。

希望に満ち溢れて介護の現場に入り、一番にぶつかる壁は仕事そのものよりも、他の介護士との人間関係であることが多いようです。

派閥間のいじめ

また派閥間でのいじめもあります。人数の多い現場ですと、やはり派閥やグループというものは出来てきます。そこまで単純に分けられませんが、例えば有資格者同士でのグループや、同じ学校を卒業したグループなどです。

しかしこの場合は、この派閥間でのいじめは同じ派閥に属する人がいれば相談もしやすいと言えます。愚痴を言ったり相談できる相手がいる、というのは非常に心強いものです。

パワハラ

そして、最近パワハラなどど呼ばれる、責任者または上司から下の者へのいじめもあります。

新人いじめと似たようなものですが、現場の最高責任者から理不尽な罵倒や必要以上の叱責をされるというのがパワハラにあたります。

責任者や上司にいじめをやめるようにと言える介護職員はほとんどいないでしょう。すでに述べたように、見て見ぬふりをするしかなく、さらにいじめがエスカレートしてしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

いじめが悪化していき、相談できる人が周りにいないならLINEトーク占いで相談してみてください。LINEトーク占いでは、通常のLINEトーク画面で、占い師を選択し、相談できるサービスです。

LINEトーク上で相談をするため、誰かに相談しているのを聞かれる心配はありません。根本的な解決にはならないかもしれませんが、悩みを聞いてもらうだけでも心が軽くなるかもしれません。ぜひ、気軽に活用してみてください。

LINEトーク占いをチェックする

介護士のいじめへの対処法9つ

いじめをする方は、自分の行っている行為をいじめであると思っていない場合が多いです。理不尽な罵倒や叱責が指導で片づけられてしまい、それが取り返しのつかない結果につながっていることは、昨今のニュースなどを見ていても分かります。

いじめは早急に対処することが必要です。では、そのいじめへの対処法9つを列記していきます。

1.いじめに関与していない先輩に相談する

対処法の一つ目として、いじめに関与していない先輩に相談するという手があります。

これは、いじめている人よりも立場が先輩であれば、なおよいでしょう。介護士の現場は上下関係がはっきりしているところが多いので、上の立場から注意された場合、多くの人が聞き入れるでしょう。

また、第三者から言われることで、自分はいじめをしているんだと羞恥を感じることにつながります。自身がいじめをおこなっているということをきちんと認識してもらうことは重要です。

2.メンタルヘルス管理の部署へ相談する

メンタルヘルス管理の部署へ相談するのもよいでしょう。

近年、介護士のストレス多寡、いじめが公に叫ばれる中で、介護士の精神的負担を減らそうとメンタルヘルス管理の部署を設けるところが増えてきています。

そのような逃げ場所を提供することは非常に重要と考えられてきています。そのため何かあったとき相談する、愚痴を言う相手を提供する部署が設けられているのです。

いじめられると、孤立していると感じるかもしれません。話を聞いてもらえる相手を見つけることで、解決のためのよいアドバイスも得られるでしょう。

3.録音・録画などで記録を取る

あまりおすすめ出来る対処法ではありませんが、あまりにひどい場合は、最近はスマホで手軽に録音や録画をすることも可能なので、証拠として残しておいた方がいい場合もあります。

いじめの映像が流れ、それが日本全体で物議をかもしたというニュース映像を見たことがある人も多いはずです。

公になることでいじめている側は、いじめを続けづらくなります。SNSにアップするのがよいとは言いませんが、例えば上述の先輩やメンタルヘルス部署の方に相談する際にそれらが役に立つかもしれません。

4.弁護士・社労士へ相談する

弁護士や社労士へ相談する方法もあります。彼らは労働問題に詳しいです。自分が置かれている現状を説明し、それが教育にあたるのか、それともただのいじめ、パワハラであるのか判断の手助けをしてくれるでしょう。

また、よっぽどひどい場合は法的措置を取る手助けやアドバイスをもらえるかもしれません。

施設に相談できる人や機関がいなければ、外部の専門家に相談することも一つの手段です。

5.労働局への相談、労災請求を出す

労働局へ相談したり、労災請求を出すのもよいでしょう。外部の専門家より労働局の方が相談することの方が敷居が低いかもしれません。

働き方の問題として、自分が置かれている環境を説明して、相談するのもいいでしょう。

労働局には専門の相談員がおり、電話や面談を通していじめなどの労働問題に対する相談に乗ってくれます。

また労働局への相談、和解あっせんは、すべて無料なのであまりためらうことなく利用しやすいです。

6.別の介護施設へ転職する

別の介護施設に転職することも選択肢の一つでしょう。

介護施設で働いていると、要介護者の方との関わりを通して自分の母親や父親のような愛情が生まれる介護士さんも多いです。そういう方は、介護士さんに向いていると思いますし、なにより介護士としての仕事が好きといえるでしょう。

こうした築き上げた信頼関係をなくすのは辛いと感じるかもしれません。しかし、今の職場のいじめ、人間関係に耐えられないのであれば、別の施設へ転職するべきです。自分が体を壊してしまっては、元も子もないからです。

無理をして業務や私生活に支障をきたす前に、自分が安心して働ける環境に移った方が賢明な場合もあります。

実際に転職を考えていなくても、選択肢として検討しておくことで、余裕が生まれるかもしれません。

介護士が転職する際は、かいご畑がおすすめです。このサイトに無料登録すれば、専任のコーディネーターが悩み相談に乗ってくれます。もちろん自分の希望に合った求人も紹介してくれます。また、職場を決める前に見学もできるため、人間関係を含めた自分に合う職場を見つけることができるでしょう。

登録は無料でかんたんにできるので、ぜひ一度登録してみてください。

かいご畑に登録する(無料)

7.退職する

思い切って退職することも方法のひとつです。介護の現場でいじめを受け、心身ともにボロボロになり、その仕事自体嫌いになることがあるでしょう。いじめを受けてしまうと、そういう人がほとんどかもしれません。

誰も相談する相手がなく、逃げ場所もないのであれば、逃げることも勇気ある手段です。思い切って退職をしましょう。

続けることにストレスを感じながら働いていると、別の介護の現場でもその記憶がよみがえり、いいパフォーマンスは出来ないでしょう。思い切って、介護の道から外れるのも一つの手です。

8.仕事で結果を出す

仕事で結果を出すのもよいでしょう。介護の現場でいじめられるのは、仕事が出来ない事から端を発するケースが多いです。仕事が出来ないため、その人の言動までも嫌に思ってしまうケースがあります。新人いじめなどはその一例です。

それならば、仕事で結果を出すことに力を入れましょう。また、反対に結果を出している自分に対して嫌味・妬みを持ち、陰湿ないじめをしてくる人もいるかもしれません。

しかしその場合は妬みとしてただ受け流せばいいだけですし、仕事が出来れば職場の仲間もいるはずなので相談するのもよいでしょう。

いじめで受けたストレスをエネルギーに変え、結果を出すことで受けてきたものを返すことで、スッキリするかもしれません。

9.要介護者とよい関係を作る

要介護者とよい関係を作るのもよいでしょう。上で述べた仕事で結果を出すということにもつながりますが、介護の現場には要介護者がいます。その方たちから感謝されることや、よい関係を築くことが介護士としては冥利に尽きる点といえます。

自分の父、母くらいの要介護者の方もいるでしょうから、ときには自身の悩みなどを打ち明けてもよいでしょう。

また、そうやって作り上げたよい関係性が、上司や先輩からのいじめを忘れさせてくれたり、本来の目的である懸命に仕事に取り組むというモチベーションにつながるきっかけになるでしょう。

10.探偵事務所に相談する

介護士の現場では、いじめがあっても第三者に目撃されたり、証言者になってもらうのは難しいでしょう。そのような場合、探偵事務所に調査を依頼するのが良いです。

原一探偵事務所では、いじめなどの嫌がらせの調査を行っています。探偵に調査してもらうことで、自分では集められなかった証拠を得ることができます。

大人のいじめは放置しておくと、悪化し大きなトラブルに発展することがあります。そうならないために、早めの段階から探偵事務所に相談することをおすすめします。

原一探偵事務所では、無料で相談することが可能。電話での無料相談であれば、24時間相談することができます。

原一探偵事務所に無料相談

関連した記事

介護士の人間関係が悪化する理由と対処方法を紹介!

仕事をする上で人間関係は重要なことです。特に介護士...

2019年07月29日, 職場の悩み・人間関係

仕事を休みがちになってしまったときの原因と対処法。早急に根本的な理由を明確にしよう

株式会社アックスコンサルティングの調査によると、連...

2019年07月29日, 職場の悩み・人間関係

新入社員の残業実態とその対処法。残業をするとき、上司に好かれるポイントとは?

新入社員にとっては、はじめての社会人生活。不慣れな...

2019年07月29日, 職場の悩み・人間関係