医療事務になりたい・転職したい。資格がなくても募集している求人も多い

医療事務になりたい・転職したい。資格がなくても募集している求人も多い

JobStep編集部
公開, 更新 , 転職

医療事務とは、医療機関で事務や経理などをおこなう仕事です。患者がスムーズに診察を受けられるようにサポートをする受付業務は、来院した患者を診察室に案内したり、診察が終わった患者の会計をおこないます。

通常の事務職も、給与が高いこともあり、人気の職業になっています。そこで今回は、医療事務になる方法を紹介していきます。

医療事務とはどんな仕事か

医療事務は、病院ではたらく、事務スタッフのことを指します。医療に直接関わるわけではありませんが、間接的に人の役に立てる、非常にやりがいのある仕事です。

また正社員以外にも、派遣・パートなどで募集をかけている病院も多くなっています。基本はデスクワークになるため、女性でも無理なく働ける職業と言えるでしょう。

医療事務の主な仕事は、受付窓口業務と、レセプト業務になります。具体的な仕事内容について見ていきましょう。

受付窓口業務

受付窓口では、患者さんに診療申込書を書いてもらったり、保険証や診察券を確認したり、診察日の予約確認を行ったりと業務は多岐に渡ります。

診察が終わった後は、処方箋について簡単な説明をし、診察料を患者さんから徴収するのも受付窓口の仕事です。

入院施設を備えている病院においては、患者が入院する際の書類の受け取りや病室の手配、ベッドにつけるネームプレートを用意する病棟クラークと入院する患者さん、医師、看護師とのつなぎ役をこなします。

入院の手続きを行うものも医療事務の仕事です。

レセプト業務

レセプトは診療報酬明細書のことを指し、レセプト業務は、医療保険制度に基づき患者さんの医療費を計算する仕事を指します。合計診療費内の、患者さんが負担する金額を計算する重要な役割です。

医療費は点数で表され、健康保険の適用額も点数に応じて変わってきます。それらの計算をするために、医療事務が患者のカルテを見ながら、コンピューターにデータを入力し、診療費を算出します。これがれレセプト業務です。

医療費の点数は医科診療・歯科診療・調剤診療の3つに分かれています。医療事務の場合は、医療診療か歯科診療を取り扱うことになるでしょう。

レセプト作成時にはカルテの内容も理解しなければならないため、医療事務の仕事のなかで最も専門的な業務となります。

医療事務へ転職するメリット

医療事務と聞くと、医療という専門分野を扱う仕事を想像し、未経験からの転職は壁が高いように感じます。しかし、実は人気職種の医療事務。なぜ人気なのか、医療事務へ転職するメリットから考えてみましょう。

ニーズが高い

医療機関は全国各地にあるため、どこでも働くことができます。そのため、夫の仕事の都合上、転勤が多いような人でも次の職場を見つけやすいです。

また、実務経験が重視されるため、経験者を優先して採用するところも多いようです。場所が異なっても業務内容は同じなので、一度スキルを身に付けると何度も転職しやすいのもポイントです。

働きながらも資格は取れる

医療事務の資格は国家資格ではなく、民間の資格です。また学校に通う必要がありません。そのため、医療事務の資格を取るための専門学校もありますが、最近は通信教育で医療事務の資格を取得する方が増えています。

医療事務は通信教育なので働きながら勉強することができ、仕事をしている人、主婦でも取りやすい資格となっています。ユーキャンやニチイは聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

医療事務の資格は何歳からでも、仕事をしていても取れるということを知っておきましょう。

さまざまな働き方がある

医療事務はライフスタイルに合わせて働き方を選ぶことができます。

しかし最近は正社員で医療事務を雇うところは少ないようです。パートや派遣などで雇って、働きぶりをみてから正社員へというケースが最も多いです。もちろん働く職場によって変わってきます。

パートとして働く場合は医療事務の資格がなくても働くことが可能です。もちろん資格を持っていた方が採用されやすいでしょう。しかし地域によっては資格を持っていなくても採用され、働いているという人もいます。

医療事務へ転職する場合、自分が正社員なのかパートなのかや、どういったスタイルで転職したいのかを真剣に考える必要があります。

医療事務へ転職するデメリット

女性が多い職場なので、家庭や女性特有の悩みにも理解があるであろう医療事務。ではそんな人気転職先である医療事務のデメリットはなんなのでしょうか。

人間関係で辞める人が多い

医療事務の求人を見てみると、女性が働きやすい職場、子供が居ても働きやすい環境、といったことを書いてあります。そのため子どもが生まれた後も働きやすいかもと思い、医療事務へ転職する女性は多いようです。

しかし実際に医療事務の職場は、女性が働きやすい環境とはいえないかもしれません。女性だらけの職場なので色々とトラブルになることもあります。

女性の多い職場だといろいろと分かり合える環境だと思われるかもしれません。もちろん、お互い様だから、とお互い思い合って気持ちよく働ける職場もあります。

しかし子供の行事や熱で休む度に陰口を言われたり、ということもあるようです。医療事務の職場は、職場によって雰囲気がまったく異なります。

女性だらけの職場だからこそ、大変なことがあるということを頭の片隅に入れておきましょう。

パート・派遣だと給料が低い

医療事務は、勤務場所や時間などを比較的自由に決めやすい一方、仕事の内容の割に給料がそこまで高くありません。パートだと、時給が約850円~1,000円ほどで、派遣社員でも1,500円くらいだとか。

それなりの給料を求めるならば、正社員として立場や役職を上げることが必要になります。病院により異なりますが、主任で17万、部長クラスで約30万円程もらえるようです。

待遇も、正社員だと法律に則り、付与される場合がほとんどですが、パートや派遣だと勤務先によって保証されない場合があるので、希望する医療機関・病院の待遇、給与をよく見たうえで求人に応募しましょう。

正社員だと残業があることも

正社員になると収入が安定する一方で、規模が大きい病院では、仕事も多くなります。そのため、残業を求められることもしばしばあるようです。

一方、小さなクリニックなどでは、常勤スタッフが2名体制というケースが稀ではありません。そのため、仕事量は大きな病院程でないにしろ、何があっても休めない、という大きなプレッシャーがのしかかります。

パートや派遣と異なり、働く時間に融通がききづらくなるという点はデメリットとしてあげられるでしょう。

医療事務におすすめな人

様々な年、性別の人とふれあう医療事務。優しく人当たりがいいことはもちろんですが、具大的にどんな人に向いているのでしょうか。医療事務におすすめな人を紹介します。

正確に仕事をこなせる

患者さんのカルテを扱ったり、合計の診療費から患者さんが負担する金額を計算し、徴収したりと、正確かつスピーディに仕事をこなせる人が求められます。

また、近年では、電子カルテなど病院のIT化も進んでいます。パソコン操作や、Excel、Wordなどのオフィスは使えた方が採用されやすくなります。

特に、会計や経理、財務といった一般事務の経験者は優遇されやすいでしょう。

臨機応変に動ける

事務といっても、患者さん、医者、看護師と多くの人に関わるのが医療事務。緊急事態やとっさの判断を迫られる場面も少なくありません。

また、仕事はチームプレーです。自分の仕事だけでなく、周りの状況から仕事の優先順位を判断できることが求められます。

医療事務へ転職をしたいなら、まずは職探しを

医療事務に転職する時にぜひ利用して欲しいのが転職エージェント。内定をもらえるまで、キャリアアドバイザーがしっかりサポートをしてくれます。

業界最大手の転職エージェントであるリクルートエージェントは、実績と知名度的安心感で転職成功実績No.1。取り扱い非公開求人は業界最大級の約10万件を誇っています。

リクルートエージェントに登録する(無料)マイナビエージェントは、徹底的なヒアリングで転職者の強みを引き出すしてくれるのがメリット。

理想の条件だけでなく、特性を見抜いてぴったりの職場も紹介してくれます。履歴書添削・面接対策などのサポートも充実しているため、はじめて転職をおこなう人でも安心でしょう。

複数サイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることができます。両転職サイトとも、登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみてみるのがいいでしょう。

マイナビエージェントに登録する(無料)

関連した記事

転職活動における内定を辞退するときの注意点・マナー。誠意をもってなるべく早く伝えるべき

転職サイトdodaによると、現在2人に1人は転職を...

2019年07月29日, 転職

46歳の転職を成功させる方法まとめ

一般的に46歳というと職場ではある程度重要な役割を...

2019年07月29日, 転職

リスクも考えて!夜の仕事を始めようか悩んだときにチェックすべきこと4つ

夜の仕事は時給や報酬が高くて、魅力的な仕事だと思う...

2019年07月29日, 転職