宇宙飛行士の年収・給料まとめ:年齢別の収入や手当を紹介!

JobStep編集部
公開, 更新 , 職業別、年収・給与事情

宇宙飛行士は、多くの人が憧れる人気の職業です。目指すまではいかずとも、宇宙空間を感じてみたい、地球をこの目で見てみたいと夢みたことのある人は多くいるのではないでしょうか。

今回は、そんな憧れの職業である宇宙飛行士の年収・給料についてまとめてみました。年齢別の給料や手当などについても掲載しています。宇宙飛行士に興味のある方はぜひチェックしてみて下さい。

宇宙飛行士の年収・給料

宇宙飛行士の給料は、JAXA職員給与規程という宇宙飛行士特有の規定に基づいて支払われます。宇宙飛行士というと、年収1,000万円を越えるような高収入をイメージしますが、実際の平均年収は600万円前後です。意外と低いと驚かれる方も多いでしょう。

宇宙飛行士になった人のほとんどが、宇宙飛行士になる前の職業と比べ年収が下がったと言っています。日本人女性初宇宙飛行士の向井千秋さんも元は外科医ですが、宇宙飛行士になって年収が下がったそうです。

宇宙飛行士の年齢別給料

宇宙飛行士の平均月収は、大卒の30歳で平均給料30万円、35歳で36万円です。

しかし、若いうちに宇宙へ行く宇宙飛行士はほとんどいないので、宇宙に飛び立てる年齢になったときには、もう少し給料が上がっています。

実際に宇宙に飛び立った宇宙飛行士の年収も、山崎直子さんが年収800万円、毛利衛さんが年収1,000万円と、平均年収よりも給料が上がっています。

宇宙飛行士の手当ては?

宇宙飛行士には扶養手当、住宅手当、通勤手当、特殊勤務手当などの手当てがあります。特殊勤務手当は宇宙に居る時にのみ発生し、数万円~10万円程度の支給です。

受けられる手当は多く感じますが、命の危険が伴う仕事としては、やはり給料が低いのではという印象を受けるでしょう。

しかし、宇宙飛行士は離職後に稼ぐ人が多いです。本の出版や講演会で収入を手にします。なかには、宇宙飛行士時代よりも辞めた後の方が年収がいいという人もいます。

宇宙飛行士の待遇

待遇としては、独身寮や世帯向け宿舎が用意されていたり、スポーツジムや契約保養施設が使えたり、各種社会保険もあります。

宇宙飛行士候補になれば海外で暮らし、日々訓練です。宇宙飛行士候補になったとはいえ、すぐに宇宙へ行けるのではなく、長いと10年も待たされる可能性もあります。

また、命の危険が大きい仕事であることは言うまでもありません。元々外科医やパイロットなど、高収入で名誉のあった人々が、それを捨てて厳しい訓練を受け続けます。

最初の約1年半で基礎訓練1600時間のカリュキュラムをこなし、訓練中に使用されるのは全て英語です。

そのあとアドバンスト訓練という上級の訓練が始まります。1年半から2年の間で実際に宇宙で行う事を想定した訓練を行います。サバイバル訓練で冬山で吹雪のなかで実施されるのでとても過酷です。

それ以降は飛行を任命される日を待って、先の見えない中で長期の訓練に努力をし続けて待機しているのです。

宇宙飛行士になるためには

「JAXA」という宇宙航空研究開発機構が実施する、宇宙飛行士候補者選抜試験の選抜をクリアする必要があります。この選抜試験は開催時期が未定で、めったに行われません。更に倍率は100倍以上と非常に厳しいです。

また、選抜試験も誰でも受けることができるわけではありません。試験を受けるために必要なことと試験内容を紹介します。

宇宙飛行士候補者選抜試験を受験するために必要なこと

日本国籍を有すること、理工学部、工学部、医学部、歯学部、薬学部、農学部などの自然科学科を卒業していること、またこの分野において研究、設計、開発などで3年以上の実務経験があることが求められます。

身体的に身長158cm以上190cm以下(宇宙服を着て船外活動をするのには165cm以上)、体重50kg~95kgという規約があります。

また血圧は上が140mmHg以下。下が90mmHg以下。視力は両目とも矯正視力1.0以上。聴力・色覚が正常でなくてはいけません。

選抜試験の内容

気になる選抜試験の内容ですが、以下のようなテストが行われます。

・書類選考 ・医学検査 ・筆記試験 ・日本語や英語を使った面接 ・泳力のテスト ・長期滞在が可能かどうかのテスト

宇宙飛行士になり宇宙に行ったら、閉鎖的な空間で長期間、仲間と過ごさなければいけません。閉鎖的な生活に耐えられるかどうかもチェックされます。

最後に

晴れて宇宙飛行士候補者試験に合格しても、すぐに宇宙飛行士として宇宙に行けるわけではありません。

念願の宇宙に行けたとしても、お風呂に入れない、家族や友人に会えないといった、閉鎖空間の不自由と強いストレスに耐えなければならず、非常に体を張った職業だといえます。

国際的なチームワークの一員になるために、情緒安定性や適応性、協調性、意思決定能力なども欠かせない条件です。

また、日本の代表として宇宙に飛び立つわけでから、日本を背負う自覚、教養が必要です。実際「日本人の宇宙飛行士としてふさわしい教養等を有すること」という条件が第5回選抜試験では加わっています。

宇宙飛行士に関連する記事

宇宙飛行士になるには?超難関試験に合格し、JAXAへの入社を目指そう

宇宙飛行士は、宇宙船に乗って地球の大気圏の外の「宇...

2019年07月30日, 職業別、年収・給与事情

宇宙飛行士をやめたい・転職したい。転職するなら職歴で能力が高いことを証明できる

宇宙飛行士として活躍しているうちの一人である金井宣...

2019年07月29日, 職業別、年収・給与事情

そのほか職種の仕事に関するその他の職種