キャリアと仕事のステップアップを応援 JOBSTEP[ジョブステップ]

源泉徴収されない!扶養範囲内収入で働くメリット5つ

JOBSTEP 編集部
公開, 更新 , 給与・休暇

主婦がパートをはじめようかなと思ったとき、扶養範囲内で働くべきかどうかを考えなくてはいけません。働いているのに税金を控除されて手元に残るお金が減るという状況について納得がいかないこともありますよね。

特に小さいお子さんを育てながら働こうと思っている方は、あまり長い時間働くことができない場合もありますので、扶養範囲内で働くという選択肢も考えたほうがいいと思います。

1.配偶者控除が受けられる

配偶者控除とは、配偶者がいる納税者の税金の負担を軽減するために作られた制度です。配偶者控除を受けられるのは、配偶者の給料が年間103万円以下のときです。

つまり、主婦のパートを年間103万円以下の給料に抑えておけば、夫の税金は配偶者控除を受けることができ、税額が増えないということです。 納税者の所得金額から所得税は38万円、住民税は33万円が控除されます。

2.将来の年金を受け取ることができる

基本的に年金は、国民年金でも厚生年金でも、働いているうちに社会保険料を納めなければ受け取ることができません。

しかし、専業主婦でも配偶者の扶養に入っていれば、第3号被保険者として年金受給の権利がもらえます。

パートで収入があったとしても、年間の給与収入が103万までの扶養内であれば本人の収入がなくとも、将来年金を受け取ることができます。

専用主婦と違うのは、収入がありながら将来の備えもできるということ。

各家庭の状況にもよりますが、年間収入が103万超えない範囲で働けるのであれば、まったく収入がないよりは将来の備えをしつつ、家計の助けにもなるでしょう。

3.所得税、住民税を納税しなくてすむ。

給料を103万円以内におさえて働くことのメリットは他にもあります。パート収入の場合、収入金額から給与所得控除として65万円の差し引きが認められます。

基礎控除(38万円)と合わせて合計103万円の差し引きになるため、課税の対象となる所得金額がなくなるというわけです。住民税についても同様の考え方になっています。つまり、所得税、住民税の納税は不要になるというわけです。

4.源泉徴収されない

源泉徴収とは、税金を後から納めるのではなく、毎月の給与金額からあらかじめ税金の金額を算出し給与から天引きすることをいいます。

基本的には、勤務先がまとめて徴収をおこない、会社から国へ納税を行う仕組みになっています。しかし、年間の給与が103万円未満であれば、源泉徴収をされずにすみます。

5.働きやすさ

お金の面だけではなく、働き方についてもメリットはあります。

社会への復帰をしたいと考えてはいるけど、「まだまだ家事や育児優先で過ごしたい」「フルタイムで働く勇気がまだ無い」「だけど生活費も不安」といった主婦の思いは家庭の家計を感じれば感じるほど抱くことですよね。

働く時間を短くすることで自ずと扶養範囲内になるというわけです。ワークライフバランスをとりやすい勤務形態ですね。

6.保険料なしで健康保険に入ることができる

扶養内であれば、本来加入すべき健康保険に保険料なしで加入することができます。 先に述べた年金と同様、保険料なしで健康保険の公的サービスを受けることが可能です。

保険証が発行されることで、医療費の自己負担額が3割のみになることはもちろん、万が一大きな手術や入院が必要になり高額な医療費が必要になった時には「限度額適用認定証」を発行してもらえます。

「高額療養費制度」を申請する際にも、加入している健康保険組合に連絡することで、手続きを行ってくれます。

健康保険組合は、配偶者の加入している会社や公的機関・団体の健康保険組合になりますので、健康保険料はその健康保険組合によりますが、別途国民健康保険料を支払い続けるよりも、おおむね節税対策になるでしょう。

関連した記事

年収350万円の収入の人のライフスタイルと年収を増やすための方法まとめ

年収350万円というと、一人暮らしであれば生活に困...

2019年07月29日, 給与・休暇

年収550万円あれば家族が増えても問題なし:気になる生活費の内訳とは?

年収が550万円の人の平均的なライフスタイルは...

2019年07月29日, 給与・休暇

月収15万円で貯金はできる?収入を増やすためにできることまとめ

月収15万円ではどのようなライフスタイルになるので...

2019年07月29日, 給与・休暇