夫婦仲を保つためにも◎結婚前に転職した方が良い理由5つ

JobStep編集部
公開, 更新 , 仕事と家事・育児

結婚をしている人の中には、「結婚をすると転職がしづらい」と声を上げる人もいます。

主な理由は、結婚を伴って生活習慣や責任などが変化してしまったことです。

では、結婚する前に転職をするとどんなメリットがあるのか、いくつかピックアップしてみようと思います。

まず、転職の第一歩として、求人数・転職者数業界1位のリクルートエージェントに無料会員登録しましょう。転職には時間がかかります。まだ転職をするか決めていない方でも情報を早めに集めることが肝心です。

リクルートエージェントに登録する(無料)

1.転職しやすい

結婚前から共働きが確定していれば、より転職しやすいです。

もし結婚した後に転職する場合、子供がいたら転職活動をする時間はほぼ作れません。

転職活動では平日の夜に面接をしたりするのですが、保育園のお迎えがあったり等して、面接に活けなくなるケースもしばしばあるようです。

負担がまだ少ないうちに転職活動を始めれば、周囲を気にせずに、心の余裕を持ちながらできるのではないでしょうか。

2.お金の影響が少ない

結婚する前からお互い働いている共働きであれば、大きなお金が必要になる結婚や出産、育児の前にお金をためやすい傾向にあります。

転職をして給料が多少下がっていたとしても、ダメージが少ないのも利点です。

とくに、パートナーが専業主婦(夫)だった場合は転職がしにくく、収入源もひとつしかありませんので、転職を考えるならば早めに決行した方が良いのではないでしょうか。

後悔の残らない転職をしないよう、計画を立てるようにしましょう。

3.家事育児と両立しやすくなる

家事育児というのは、想像以上に大変なものです。

専業主婦(夫)、もしくは働いていたとして、家事育児を両立しながら転職活動をするとなるとストレスや疲労の原因になってしまうのが目に見えています。

やはり少しでも負担を減らすために、転職は結婚する前に最優先にするべきではないでしょうか。

対策としては、パートナーと相談しながら「どんな職種がいいのか」「役割分担はどうするのか」をしっかり決めていくことが大切です。

4.制度が豊富な会社を選べる

今頃の企業というのは、産休育休制度がしっかりしてきていることを知っていますか?

最近では、一般企業だけでなく、様々な業界で様々な制度が設けられています。

中でも、「育児短時間勤務制度」があれば、ぜひ有効活用してください。

この制度は、子どもが小学校就学に達するまで、正社員のまま「勤務形態の選択」および「勤務時間の短縮」が可能になります。

給与といった金銭面もとても重要ですが、何よりも「制度がしっかりしている企業」を選ぶように心がけてくださいね。

5.夫婦仲を保つことができる

例えば、共働きで子供がいる場合、家事や育児を分担しなければいけないのに、パートナーが転職活動に熱中しすぎていたらどう思いますか?

それが原因で家のことが疎かになってしまっていたら、納得がいかないですよね。

結婚して子供が生まれてから転職をしてしまうと、こういった夫婦間のトラブルや決裂に原因にもなり兼ねないのです。

幸せの家庭を築くためには、「負担が少なく、余裕をもつことができる結婚前の間に転職を考えること」と「パートナーにしっかり相談すること」が大切です。

まとめ

いかがでしたか?

結婚してからの転職がとても大変なことであることがわかったのではないかと思います。

早め早めの、出来れば独身のうちに転職しておく方が時間もありますし、なにより身軽で一番良いと思います。

まずは転職のタイミングも含め、転職のプロに相談してみてはいかがでしょうか。リクルートエージェントであなたの転職の悩みを解決しましょう。

リクルートエージェントに登録する(無料)

関連した記事

旦那が無職になったらすべきこと6つ:冷静に対処しよう

昨今の家庭においては共働きが一般的になってきていま...

2019年07月29日, 仕事と家事・育児

共働き(兼業主婦)と専業主婦、年金でお得になるのはどっち?メリット・デメリットを紹介

結婚すると女性は、仕事を続けるか家庭に入るかを選択...

2019年07月29日, 仕事と家事・育児

働く主婦の本音6つ。専業主婦とは話が合わない!

働く主婦の本音とはいったいどのようなものなのでしょ...

2019年07月29日, 仕事と家事・育児